咳・痰が出る のどの痛みがある病気-症状別

MENU

のどの働き

のどは鼻から取り込んだ空気と口から取り込んだ食物の通り道

 

喉の咽頭とのど頭は、鼻から取り込んだ空気と、口から取り込んだ食物の通り道です。
のどは、体内に入る病原菌の第一関門であるため、侵入しようとする病原菌を撃退するのです。

 

また、飲食物を飲み込んで食道へ送る役割や、声帯を使って発生したりします。


スポンサーリンク

咳・痰・のどの痛みがある症状 記事一覧

受診科耳鼻咽喉科原因ウィルスや細菌感染、汚染された空気によって喉に刺激を受けて発症しますが最も多いのが、風邪の症状で咽頭の粘膜が腫れるケースです。症状咽頭粘膜が炎症を起こして腫れ、咽頭痛(喉の痛み)や、のどの異物感、物を飲み込むときに感じる痛み(嚥下通)などを覚えます。治療うがいやトローチなどで咽頭を清浄します。炎症は消炎酵素剤で抑え、細菌感染による場合は抗生物質の投与が必要です。慢性咽頭炎原因副...

受診科耳鼻咽喉科原因呼吸器の入り口である喉頭に炎症がおきて急性喉頭炎になります。風邪の症状でよく発症する病気ですが、空気中の埃や塵、たばこの煙などで、喉に刺激を受けたり、有毒なガスを吸引してしまうと発症する場合もあります。症状喉頭部分に痛みや異物感を覚えたり、声がかすれたり、咳や痰を伴うこともあります。治療抗炎症剤やトローチ薬などで、喉頭部分の炎症を緩和し、空気の汚れや乾燥を改善します。また、声に...

受診科耳鼻咽喉科原因急性扁桃炎は風邪の症状の一部として現れるほか細菌感染によっても発病します。リンパ組織である扁桃腺が体内に入ってくるウィルスや細菌の侵入を阻んでいるのですが体の抵抗力が弱まっているときは防御できずに炎症を起こします。症状扁桃腺が炎症を起こして咽頭が痛み38〜40度の高熱がでます。抵抗力が弱い子供のほうが発症しやすい病気で習慣になることも珍しくありません。治療抗生物質や沈痛解熱剤、...

受診科耳鼻咽喉科原因声帯にポリープ(腫瘍)が出来る病気で、歌手や教師などいつも声を出す職業を出す人に多くみられます。また、女性よりも男性に多いのが特徴です。症状喉に違和感を覚えて咳払いが多くなり、声がかすれたりします。ポリープが大きくなると呼吸が苦しくなることもあります。治療この声帯ポリープが発病した場合は、喉を酷使せず、楽な発声をするようにするうちに、自然に治癒してしまうことがあります。しかし、...

受診科耳鼻咽喉科・精神科原因吃音は言語を司る器官が未発達な子供にしばしばみられます。通常は発育とともに自然に治りますが、成長してもなかなか治癒しない場合もあります。脳にも言語を発する器官にも特に問題はなく、発音を妨げる何等かのストレスが関わっているものとみられています。女性よりも男性に多いのも特徴的で、原因については不明です。症状言葉をスムーズに発音できず、言葉である音を反復したり、途中で言葉がつ...