小腸・大腸・肛門の病気の症状と治療

MENU

小腸・大腸・肛門の働き

小腸・大腸・肛門の働き

 

小腸の働き

小腸の主な働きは栄養を吸収することです。
身体に入った栄養素のほとんどが小腸で吸収され、
小腸で消化吸収されなかった食物の残りは蠕動運動で大腸に送られます。

 

大腸の働き

大腸の働きは水分や電解質を吸収することと、便を作って排出することです。
結腸を移動するうちに、水分が吸収されて硬くなり、通常の便となります。
大腸の働きは内臓の自律神経によって調節されていますが、
ストレスなどで神経バランスが乱れると、便秘や下痢などの腸の病気が現れます。

 

肛門の働き

便が直腸に降りてくると、肛門の筋肉が無意識に収縮します。
排便は直腸上部に溜まった便の刺激で排便反射が生じます。


スポンサーリンク

小腸・大腸・肛門の症状と治療 記事一覧

受診科内科・消化器内科・消化器外科・心療内科原因胃腸は精神的な影響を受けやすい臓器なので、悩みやトラブルなどの精神的なストレスによって、自律神経系統が乱れ、腸の運動や分泌機能が過敏になって便秘や下痢といった異常をおこします。大腸だけなく胃や小腸にも異常がみられます。症状便秘や下痢のほかに腹部不快感、腹鳴などがおこります。また頭痛、めまい、動悸、肩こり、不眠など自律神経失調症の症状も現れます。便秘や...

受診科内科・消化器内科原因急性腸炎は、腐った食品を食べる、または汚染された食品を食べた時や、抗生物質を服用した場合、下痢などが起きます。これは腸に病変があるわけではなく、一時的な胃腸の不調でもよくみられます。家庭で安静にして休むと完治するものから、医師の診察が必要とするものまで様々です。症状急な下痢のほか、嘔吐、腹痛などがあります。下痢には血液が混じることもあり、細菌性の腸炎では発熱もあります。治...

受診科外科・消化器内科潰瘍性大腸炎は、大腸、特に直腸の粘膜がただれて潰瘍などができるものです。原因はっきりした原因はわかっていませんが、免疫と関係があると考えられています。日本ではあまり多くはありませんが、最近になって潰瘍性大腸炎は徐々に増えています。20歳代での発症が多い病気です。症状炎症の広がりの程度によっても症状にも違いが出てきますが、粘膜や血が混じった便や下痢がおこり、腹痛や発熱が現れます...

受診科内科・消化器内科・外科抗生物質の服用によって腸内細菌に異常がおきる病気で、急性出血性大腸炎と偽膜性大腸炎に分かれ、発症までは1週間ほどです。急性出血性大腸炎原因ペニシリン系の抗生物質が原因となることが多く、黄色ブドウ球菌が出す毒素によっておこります。症状さすような腹痛と下痢や下血がおきます。治療原因となる薬剤の使用を中止します。偽膜性大腸炎原因抗生物質の服用のほか、尿毒症などによっておきます...

受診科内科・消化器内科・外科偽膜性腸炎は胃や腸にジフテリアにかかったときのような偽膜が出来る腸炎です。原因水毒中毒や重い感染症、あるいは抗生物質の服用などが原因でおこります。症状突然、吐き気、嘔吐、腹痛がおこり、続いてひどい下痢や発熱が現れます。放置すると、ショック状態になることもあります。治療抗生物質の服用していれば、それを中止します。輸血や輸液をしてステロイド剤などを投与します。放射線治療を受...

受診科内科・消化器内科・外科・胃腸科原因小腸から大腸へ変わる部分にある盲腸の先端に虫垂の管が出ており、虫垂の先は閉じており、人体では特別な役割はありません。この虫垂に炎症がおこるのが虫垂炎です。この虫垂炎の原因は、虫垂への腸内細菌などの感染で、きっかけは暴飲暴食、過労、便秘などで、発症の年齢は、青年時代に多くみられます。虫垂炎そのものは、深刻な病気ではなく、手術も簡単です。しかし、虫垂が破裂したり...

受診科外科原因腸管癒着症は、腸管の外側が炎症や怪我で損傷して、治癒までに、腸管に癒着がおこり、腸管に通過障害をおこす病気です。癒着は腸管同志だけでなく、腸管と腹膜など、隣接する臓器の間にもおこります。癒着の原因として多いのは開腹手術ですが、開腹手術で多いのは虫垂炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、胆石症などの内臓の病気、帝王切開や子宮筋腫などの婦人科の病気などが多く関与しています。ただし、腸管癒着症での...

受診科消化器内科・外科・胃腸科巨大結腸症は原因によって、先天的と後天性のものに分かれます。先天性巨大結腸症原因先天性巨大結腸症は、腸管の神経細胞の先天的な欠損により、腸が正常に稼働せずに、便の移動ができなくなり、腸が拡張して腸閉塞のような状態になる病気で新生児に発症します。症状嘔吐や腹部膨満感があり、頑固な便秘となります。治療浣腸などの処置を繰り返しますが、生後6か月過ぎてから根治的手術を行います...

受診科外科・肛門科原因腸腸炎は直腸に炎症がおこり、粘膜がただれるものです。食中毒や下痢で起こることが多く、この病気はあまり心配することでもありませんが、症状が長く続く場合は、大腸炎や癌などの可能性があります。症状下血、下痢、粘血便などが現れ、進行すると粘血便の回数が多くなります。その他に、腹痛、発熱、体重減少、貧血などが現れてきます。治療保存的な治療が基本ですが、完治するまではかなりの期間がかかり...

受診科外科・肛門科原因肛門の小さなくぼみに細菌が感染すると肛門周囲炎がおきますが、この炎症がひどくなって、肛門周囲が化膿し、膿が溜まるのが肛門周囲膿瘍です。化膿部分が破れて膿が出ると痔ろうになります。症状最初は痒みと軽い痛みがある程度ですが、炎症が強くなるにつれて痛みが強くなり発熱します。治療薬物療法が有効なのは症状が軽いうちだけです。一般的には排膿手術が必要です。膿の出口にできるトンネル痔ろう(...