皮膚は身体を守る最初の関門-症状と病気

MENU

皮膚の病気

皮膚の病気

 

皮膚に現れる病変は様々です。
皮膚のみの病気なのか、他の病気の1症状かは皮膚科に見てもらいましょう。

 

班(はん)

皮膚に平らに発生し、皮膚の色が変わります。
赤くなると、血管の拡張であり、茶色や褐色・青色のものはメラノサイトなどの色素や表面からの深さによって違ってきます。
紫色のものは紫斑と言われますが皮膚の血管から出血している場合です。

 

丘疹(きゅうしん)

皮膚から球のように盛り上がります。
炎症や腫瘍のような皮膚病でよく現れる症状です。

 

結節・腫瘍・腫瘤

丘疹が直径1cmの球なのに対し、それより大きなもので直径2cm以上になります。
単なる炎症で、このような大きなものは出来ないので、
腫瘍の可能性があります。

 

角化(かくか)

表皮の角質が厚くなるもので「たこ」や「うおのめ」と言われます。

 

水疱(すいほう)

表皮の中や下に液体が溜まったものをいいます。
表皮の中に溜まるのは「とびひ」や「かぶれ」が多く、
下に溜まるのはやけどの場合が多いです。

 

膿疱(のうほう)

皮膚に膿が溜まったもので、細菌感染の場合が多いです。

 

びらん

表皮がむけて赤くただれたものです。
皮膚を掻いたり、こすったりするとできます。

 

潰瘍(かいよう)

皮膚の欠損が真皮にまで達してしまった状態です。
原因は外傷や、真皮の病変によるものです。

 

鱗屑(りんせつ)

皮膚の角質が白く粉をふいたようになります。
炎症性や腫瘍性の皮膚炎で現れます。

 

痂皮(かひ)

血液成分が皮膚について乾いたもの、いわゆる「かさぶた」です。
真皮内の出血や炎症が皮膚の表面に及ぶと痂皮になります。


スポンサーリンク

皮膚は身体を守る 記事一覧

受診科皮膚科原因皮膚のかぶれで、内因性と外因性の原因があります。内因性としては遺伝的な素因があり、外因としては皮膚に触れるものすべてが原因となります。症状急性と慢性の湿疹・皮膚炎があります。急性の場合は赤い班やかゆみが現れ、小さなツブツブや水ぶくれができます。それから進行すると、化膿して破れかさぶたになります。急性のものが長くなると、皮膚が硬くなり慢性化します。治療副腎皮膚ホルモンなどの軟膏を使用...

受診科皮膚科原因アトピー体質という遺伝性のアレルギー素因をもっている皮膚に発生する皮膚炎ですが、不明点が多いのが現状です。生まれつき過敏な肌質なのに、ハウスダストやダニ、カビ、花粉、ペットの毛、まれに特定の食品に反応しているとも推測されています。アトピー性皮膚炎は、アレルギー性鼻炎や喘息、じんましんを起こしやすいのです。症状身体の広範囲、左右対称に発疹が出ること、慢性的に繰り返すこと、かゆみがある...

受診科皮膚科原因ほとんどの場合が原因不明ですが、一部の薬品が原因となることもあり、中高年の人に発症しやすい病気です。症状主に手足の先に現れて平らに盛り上がる赤紫の発疹で、ほとんどの場合にかゆみがあります。口の中や外陰部に現れることもありますが、口の中に出た場合には、粘膜の部分が白くなります。治療副腎皮質ホルモン剤などの薬物療法を使用します。完治するまで数年かかる場合もあります。遺伝の場合もある毛孔...

受診科皮膚科原因感染症や薬剤の影響で真皮から皮下組織にかけての血管に炎症がおきるものです。症状若い女性の足に手の指先位の大きさの赤みのあるしこりがたくさんできて押すと痛みがあります。通常は放置しておいても数週間で完治します。治療足を休めることが必要で、消炎鎮痛剤などを使用します。ウィルスなどの感染かアレルギーによる多形滲出性紅斑原因手足の皮膚に紅斑が現れるもので、かゆみがあることもあります。原因は...

受診科皮膚科原因掌蹠膿疱症の明確な原因はわかっていませんが、虫歯や中耳炎、扁桃腺などの感染や、金属アレルギーが原因なこともある症例が全体の1割ほどあります。症状手のひらや足の裏が赤くなって小さな膿疱に変化して、その後、皮膚が硬くなって剥がれてきます。この膿疱は頭や、手足の関節にもできることがありますし、関節炎を合併することもあります。治療完全には治りにくい病気なので根気よく治療を続けます。さらに、...

受診科皮膚科・形成外科母斑とは、皮膚の一部に現れた色や形の異常で、いわゆるアザです。生まれつきアザがある場合もありますが、成長する段階で発生するアザもあります。色素性母斑(黒アザ/ほくろ)色素細胞が増殖したもので良性のものですが、生まれつき巨大な黒アザがある場合は皮膚がんを生じる場合があります。色素性母斑の中でも幼児の頃から現れ始めて、大きさが直径1cm以下のものは、ほくろと呼ばれており、年齢と共...

受診科皮膚科原因白皮症は皮膚や毛が白くなるものですが、遺伝性疾患で、先天的にメラニン色素合成能力に異常があることが原因です。症状皮膚や毛髪、眉毛が白くなり、目の虹彩がピンク色になるものです。皮膚だけ白くなる症状と、髪の毛や眉毛と両方、白くなる場合があります。治療特に治療法というのはないのですが、日光皮膚炎や皮膚がんの予防のために、日焼け止めやサングラスの使用が必要となります。列序性母斑に痒みがあれ...

受診科皮膚科・外科・形成外科原因脂肪腫は皮膚に脂肪が入った柔らかいコブができるものです。腫瘍としては良性のものですが、原因としてはわかっていません。症状身体のどこにでもコブができ、放置すると大きくなりソフトボール位になります。治療おおきくなって生活に支障が出た場合は切除します。良性の腫瘍で女性によく発生するガングリオン(結節腫)原因ガングリオンは、手首や他の関節にもよく現れ、硬い袋状のコブで女性に...

受診科皮膚科・小児科原因汗疹は汗の管の出口がつまって、表皮や真皮の中に汗が溜まって小さな水疱ができます。皮膚の浅いところに出来れば水晶性汗疹、深いところにできれば紅色汗疹になります。症状水晶性汗疹は水疱が出来るだけで痒みなどはありませんが、紅色汗疹は水疱ではなく赤くブツブツができる汗疹(あせも)で痒みがあります。治療高温多湿を避けてエアコンなどで汗をかかないようにします。病院で診察するほどの病気で...

受診科皮膚科原因頭部白癬は、カビの一種である皮膚糸状菌が頭髪や頭皮についておきる疾患です。発症は10歳以下の男児に最も多く、タオルなど、皮膚に直接に触れるもので他人に感染します。症状頭髪の部分に円形の紅斑が、ひとつ又は複数、現れる場合があります。円形の紅斑の部分からは皮膚がフケとなって剥がれ落ち痒みがあり、感染した部分から脱毛することがあります。治療抗真菌薬であるグリセオフルビンを内服すれば数か月...

受診科皮膚科原因帯状疱疹は、身体の抵抗力が低下して、知覚神経節に滞留していた水痘や帯状疱疹ウィルスが、皮膚に潜んでいたり、皮膚が感染するものです。症状顔、胸、腹、上下肢(左右どちらか))などの知覚神経の領域に、虫刺されに似た紅斑のある水疱が帯のように長く現れます。激痛を伴うこともあり、中高年では神経痛の後遺症に長期にわたって悩むことになります。治療放置しても水疱が破れてカサブタができ、数週間で完治...

受診科皮膚科原因尋常性疣贅は、ウィルスの一種が皮膚に感染して、イボができるものです。症状直径1センチ以下のイボが手や足の甲にや指などに出来ますが、顔や首に出来る場合もあります。魚の目と間違えやすく、同じ場所に複数集まってできることもあります。治療ハト麦からできたヨクイニンを長期内服します。最近では液体窒素凍結療法やレーザーを使う療法が一般的になっています。ウィルスの一種が感染することで出来るイボ青...

受診科皮膚科・形成外科原因やけどは熱による障害で、重い症状では生命に関わります。特に成人では、全身の皮膚の2割以上、子供では1割以上のやけどを負って、治療が遅れると死亡する可能性もあります。症状やけどは、深さと面積で3段階に分けられます。第T度は、表皮のみのもので、表皮には紅斑や浮き腫が現れ、痛みが伴うこともあります。第U度は、真皮まで達したもので、紅斑と水疱が現れて痛みもひどいものです。第V度は...