怪我による骨や関節・筋肉の障害と症状・治療法

MENU

骨・関節・筋肉の関係

骨・関節・筋肉の関係

 

怪我で障害が出るのは、骨や関節が多いものです。
骨折や脱臼が一般的ですが、その他にも捻挫やむち打ち損傷などがあります。
もっとも簡単なもので、突き指とかあります。

 

突き指位はそれほど治療しなければならないというわけではありませんが、
骨折は骨折する場所によっては、手術が必要になります。


スポンサーリンク

骨や関節・筋肉の怪我と症状 記事一覧

受診科整形外科・外科骨折は激しい痛み、出血も伴うこともありますが、原因と種類によって、いくつかに分類できます。原因は外傷性のもの、疾患からくるもの、同じ場所に繰り返して力がかかるスポーツなどの疲労性のものです。閉鎖性骨折と開放性骨折骨折の種類としは、閉鎖性骨折と開放性骨折に分かれます。閉鎖性骨折は単純骨折とも言われ、皮膚が開くことなく折れたところが外気に当たることはありません。開放性骨折は、いわゆ...

受診科整形外科・外科関節は肩やひざなど、その場所によって、どの方向に動くかが決まってきます。しかし、強い力で関節が方向や範囲が正常なもの以上に動かされてしまうと、関節が外れて元に戻らなくなるだけで、関節包やじん帯まで損傷してしまいます。外傷性脱臼原因関節に大きな力がかかることでおきるものです。どの関節にもおきるものですが、特に股関節、あごや肩や肘、または指の関節によくおきます。あごや肩は習慣になり...

受診科整形外科・外科原因捻挫は関節に大きな力がかかって、関節が外れかかりますが元に戻るものです。関節に無理がかかるので、関節包やじん帯、腱が損傷を受けます。捻挫は、ほとんどは足首に起きるものですが、膝に起きる場合もあります。膝に起きた場合は、半月板が損傷を受ける場合もあります。症状痛みと腫れが特徴ですが、捻挫した当初は関節をねじった方向へ動かすと激痛が走り、じん帯や腱などの損傷を受けたところを押す...

受診科整形外科・外科原因自動車に乗っているときに、急に追突されると、衝撃で首がムチでしなるように、前後に連続的に激しく動きます。そうすると、首の関節包や椎間板、筋肉、じん帯神経、血管が損傷を受けてしまうことによって、障害がおきるのがむち打ち損傷です。症状衝撃を受けてから数時間後から翌日になってから、うなじのあたりに痛みや熱が出て、頭が重いと感じるようになります。また、肩コリやこわばり、腕のしびれ、...

受診科整形外科・外科原因肉離れは、準備運動が不足したり、疲れたままでスポーツをすると、筋肉が急に収縮したりします。また、収縮のしかたが不自然になって、筋肉繊維や、包む筋肉が切れたり、破れたりしてしまいます。特に腿やふくらはぎなどによくおきます。症状筋肉が切れるような感じと共に、肉離れが起きたところが激しく痛み、筋肉が緩んで力が入らなくなります。また、筋肉が切れたところが陥没したり、膨らんだりします...