心臓・心筋の病気の症状と治療法-知っておき隊

MENU

交感神経の作用で影響する心臓の拍動

交感神経の作用で影響する心臓の拍動

 

心臓が鼓動するのは洞結節があるからです。
洞結節から発する刺激が心筋に達し、拍動の制御をします。
洞結節にトラブルが起きると、拍動が遅くなったり、速くなったり、
間隔が不規則になったりします。これが不整脈という病気です。

 

心臓もまた自律神経で制御されています。
交感神経や副交感神経の作用にトラブルがあると、
同じように拍動が速くなったり遅くなったりします。
また、急にストレスを受けると、交感神経の作用によって、
拍動が速くなるのです。

 

冠状動脈の働き

冠状動脈は心臓そのものに酸素やエネルギーとなる栄養素を与えます。
心臓の拍動が速い場合は、心臓への酸素や栄養補給を多くするために、
冠状動脈の血液量が増加します。
冠状動脈の血行が悪くなったり詰まったりすることで狭心症心筋梗塞になります。


スポンサーリンク

心臓・心筋の病気の症状と治療法-知っておき隊記事一覧

心臓を取り巻いて新鮮な血液を心臓の組織に送る冠状動脈。冠状動脈は心臓の大動脈から枝分かれしています。この冠状動脈が何等かの原因で細くなってくると、虚血といって先の方まで必要な血液を送れない状態となります。これが狭心症です。50歳以降の男性に多い病気です。狭心症は直接、死亡するような病気ではありませんが、心筋梗塞に移行すると、生命に関わります。冠状動脈は、それほど太いものではありませんから、狭くなり...

狭心症は冠状動脈の血管が細くなって血流量が少なくなることで起きるものですが、一方、血管が詰まり、ほとんど血液が送られなくなって心筋が壊死してしまうのが心筋梗塞です。50歳以上の男性に多く死亡率3割と言われる危険な病気です。受診科循環器内科原因心筋梗塞の多くの原因は、冠状動脈の動脈硬化です。動脈硬化の1部分が壊れて、血管に血の塊が付着したりして、血管閉塞の原因となります。また、冠状動脈が収縮して血管...

受診科循環器内科・内科原因心臓病が原因となることが多いのですが、動脈硬化や甲状腺機能亢進症が原因のこともあります。過労やストレスが原因のこともありますが、はっきりした原因がない場合もあります。症状動悸を感じたり、胸が苦しいといった症状がおきますが、自覚症状がない場合もあります。時々、症状が出る状態では検査をしたときに発見されない場合があります。不整脈は心臓の拍動のリズムが乱れるものです。脈拍は通常...

受診科循環器内科・内科心臓の左右の心室は収縮することで流れ込んできた血液を心臓の外へ送りだします。右心室なら全身を巡ってきた血液をガス交換のために肺に送り込み、左心室なら肺から来た新鮮な血液を全身に送り込みます。心室の収縮力が低下すると、このようなポンプとしての役割が果たせなくなって、身体に必要なだけの血液が送りだせなくなるのです。原因右心室の力が低下すると、静脈から入ってきた血液がつかえて静脈系...

受診科循環器内科・内科・心臓外科・心療内科原因心臓神経症は、ストレスなどの精神的なもの以外には、原因となる疾患が認められないのに、胸痛や動悸などの症状がでるものです。症状動悸・息切れ、胸痛、頻脈などがあり、呼吸困難が起きる場合もありますが、自覚症状のみなのです。診察や検査しても原因となる病気はわかりません。治療心理面での治療が中心となり、精神的にバランスが悪い場合は精神安定剤を使います。心内膜や心...

受診科小児科・循環器内科・心臓外科原因先天性心疾患は、先天的に心臓の弁に形態異常があったり、左右の心房や左右の心室を隔てている中隔に穴が開いていたり、心臓内部の血液の流れが異常になっているものです。症状症状がないものから、頻脈、呼吸困難、動悸、息切れ、チアノーゼまで様々な症状があります。治療心不全があれば強心剤や利尿剤を用いますし、疾患によって手術法が異なります。左右の心房の中隔に穴が開く心房中隔...

受診科循環器内科・内科心臓には血液の流れに応じて開閉して、血液の逆流を防ぐ弁が4つあります。それが、僧帽弁、大動脈弁、肺動脈弁、三尖弁で、それぞれの弁は、血液を送り出すときに開いて、送りだしてしまったら、血液が逆流しないように、閉じるようになっています。原因僧帽弁、大動脈弁、肺動脈弁、三尖弁の開閉や、周囲の組織に障害がおきるのが心臓弁膜症です。大部分がリウマチ熱などの原因によるものです。症状故障を...

受診科循環器内科・小児科肺動脈疾患は、先天性心疾患と後天性の肺動脈弁膜症があります。肺動脈狭窄症原因肺動脈狭窄症は、胎児の弁尖の癒着や弁の異形成が原因で、先天性心疾患の6%を占めます。右心室から肺動脈への血行が悪く、右心室がうっ血して肥大していきます。症状動悸、息切れ、胸痛があり、重症例ではチアノーゼが現れ、まれに心筋障害や心不全があります。治療バルーン・カテーテルによる拡大術を行います。肺動脈閉...