成人病の予防する食事と運動・病気別予防法

MENU

成人病は若いときからの不摂生

成人病は若いときからの不摂生

 

高血圧、動脈硬化からおこる心臓病、脳卒中、あるいは糖尿病や痛風、癌などの中年期以後にみられる病気を成人病といい、日本では成人病が約70%を占めると言われていますが、さらに増える傾向です。

 

成人病が発病するのは、中年期以後というのが大きな特徴ですが、それは発病以前からの生活習慣に原因があり、そのため生活習慣病とも呼ばれています。

 

日本の食生活は欧米化し、車は戦前とは比べ物にならないほど増えました。
そのため、運動不足になる環境ができており、ただでさえ、成人病への道を歩いています。

 

若いときどのような生活をしていたか

中年に至るまで、何をどうたべてきたか、どんな運動をしてきたか、ストレスはどう解消してきたか、肥満はなかったかなどの生活歴によって、発症率も違ってきます。

 

成人病は長い間に負の準備を積み重ね、あるときに形になって襲ってきます。
それまで何の自覚症状もないことが、成人病への備えを怠ることになるのです。
生活の中で、長い間に形成された危険な因子は、生活の中で少しずつ遠ざけていきましょう。

 

成人病を予防する食事と運動

成人病は普段の生活の中で、健康に害があるものを積み重ねていくうちに、徐々に病気が形成されていくものです。だからこそ、日常の生活に十分注意を払い、改善すべきところは改善していくことが、成人病を予防することになるのです。

 

予防の観点からは、日常生活の中で取り組めば、効果が大きいのが食事と運動の2つです。


スポンサーリンク

成人病の予防する食事と運動 記事一覧

高度経済成長を推進するために、昭和30年以降、日本の食生活は著しく改善され、欧米化が進みました。それによっておきた食生活の急激な変化は、負の面も多くもたらしました。その一つが、食事は高カロリー化するのと逆に、運動不足になっておこる肥満です。肥満は高血圧、糖尿病、心臓病などと合併することが多いことがわかっています。また肥満まで行かなくても、動物性食品の摂りすぎによって、脂肪過多になったり、インスタン...

成人病の予防には、食事と並んで運動が大切です。運動をすることで、心臓や肺の機能を高めて、筋力の衰えを防止します。運動は皮下脂肪だけでなく、心臓の周りに脂肪がつくことを防ぎ、身体を動かすことで、血流量が増えると、一時的に血管を膨らませて、余分なコレステロールを排斥します。また、血管を柔軟にして、動脈硬化の予防にもなり、全身の器官の代謝が促進されて、ホルモンのバランスも良くなります。運動をしない生活は...

ガンはどのように発生するのか、ということは、まだ完全には解明されていません。そのため、絶対的な予防法はないですが、発がん性のある物質や、癌につながる生活習慣についてはわかってきています。いつも食している食べ物や、アルコールなどの嗜好品のほか、排ガスや大気汚染なども発がんに関係があるとされていますから、食生活と日常生活の中から危険因子を避けることこそ、自らできる癌予防ということになります。食生活で注...

高血圧を放っておくと、脳や心臓、腎臓といった臓器に障害を与え、動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、腎不全などの病気を引き起こします。高血圧の予防をすることは、他の危険な病気を防ぐことになります。高血圧は、その9割がはっきりとした原因が不明のもので、一次性(本態性)高血圧と呼ばれています。それに対し、原因のはっきりしている高血圧は二次性高血圧と呼ばれています。二次性高血圧より一次性高血圧が治療が難し...

心臓の表面を取り巻き、心臓そのものに酸素と栄養を送るのが冠状動脈ですが、この動脈からの血液が不足したり送られなくなった場合に、狭心症や心筋梗塞がおこります。狭心症や心筋梗塞は突然死をもたらす原因となり、生活の変化と共に増加し、高い死亡率を示します。大きな原因は動脈硬化です。現代病である心臓病は日ごろから予防することが重要です。遺伝的因子によって狭心症になりやすい人もいますが、必ずしも発症するわけで...

脳の動脈が破れたり詰まったりすると、血液の循環に障害がおこり、脳の働きが低下したり停止したりするため、運動機能や言語機能が麻痺したり、呼吸中枢に障害がおこって生命に危機が起きるのが脳卒中です。脳卒中の起こり方脳出血:脳動脈が破れて脳の中に出血するものです脳梗塞:脳の血管が詰まって血液が流れなくなり、脳の組織が死んでしまいますかつては、日本人の死亡原因のトップでしたが、現在は癌、心臓病の次となってい...

動脈は高い圧力に耐えて、酸素や栄養素の含まれる血液を全身に送るため、弾力性に富み、簡単には詰まったり破れたりしないのですが、様々な原因で、もろくなったり内径が狭くなったり、ひどい場合は破れたりすることがあります。動脈硬化になると、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、あるいは脳卒中などの合併症を起こしやすくなります。動脈硬化は体質と加齢で進行しますが、ほかにもその進行を速くする危険因子がたくさんあります。...

糖尿病は代謝異常の一つで、放っておけば様々な合併症を引き起こし、生命の危険さえ招きかねない病気で、糖尿病の原因は、インスリンの不足や、ホルモンの作用不全です。インスリンのホルモンの作用食物は人体の身体の中で糖質に変わりますが、そのほとんどはブドウ糖(血糖)です。この血糖が血液で全身に運ばれて、エネルギーとなって、人間の生命を維持し、活動させたりします。この血糖がエネルギーとして使われるためには、す...

最近では、肝炎ウィルス感染予防および治療の進歩によって、ウィルス肝炎が減る一方、食生活の欧米化で、アルコール摂取量も増えて、アルコール肝障害が増加しつつあります。成人病の肝臓病は、長い間、大量の酒を飲み続けることによっておきるアルコール肝障害が考えられるのです。アルコール肝障害を起こす肝臓の働き肝臓の主な働きの一つに、栄養素を分解して貯蔵したり、有毒物を解毒することです。特に飲んだアルコールの90...

胃や十二指腸の内側を覆っている粘膜の一部にただれや壊死がおき、それが粘膜下層まで達したものを潰瘍といい、腹痛や出血、胸やけなどが代表的な症状です。消化性潰瘍と呼ばれる所以原因は胃から分泌される胃液が、胃や十二指腸の粘膜を消化してしまうことから発症し、消化性潰瘍と呼ばれています。また、胃潰瘍および十二指腸潰瘍は、損傷する部位が違うだけで、症状、原因、治療ともに、あまり差がなく、本質的に同じ病気と考え...

痛風は、たいてい足の親指の付け根の関節に、突然、激しい痛みと炎症をもたらします。これは血液中の尿酸が異常に増えて尿酸塩という結晶となり、関節に沈着して起こるものですが、関節以外でも腎臓の尿細管に沈着すれば、腎臓の機能を低下させて腎不全をおこします。痛風が慢性化すると、蓄積した尿酸の塊である痛風結節というしこりが関節の近くにできます。関節が痛くなったり、しこりができたりしますが、関節の病気ではなく、...

メタボリック症候群は、インスリン抵抗性耐糖機能異常による高中性脂肪血症、肥満、高血圧、食後高血糖といった生活習慣病を複数、発症した状態をさします。メタボリック症候群の人は、運動不足や過食、ストレスなどの都市型生活も関係して、糖尿病、高脂血症、高血圧症からの心筋梗塞などの血管系疾患をおこす危険性が高いのです。メタボリック症候群の判断基準腹囲(へそ回り)男性85cm以上、女性90cm以上中性脂肪150...