子供の気管支炎・小児気管支喘息・肺炎・気管支拡張症|気管支の症状

MENU

子供にみられる気管支の感染症

子供にみられる気管支の感染症

受診科

小児科

 

小児気管支喘息

子供のぜんそくが増えています。
喘息は気管支のアレルギー性の慢性炎症です。

 

症状

慢性炎症のために、気管支が刺激に敏感になり、空気が流れにくくなる結果、ゼーゼーという咳をして、息がしにくくなります。ひどくなると、肩で息をして、苦しくて横になれず、顔色が青白くなって汗が出てきます。このような状態になった場合は、すぐ救急医療に行きましょう。

 

治療には環境も必要

小児気管支喘息の治療には家の中ではタバコは控えるなどの環境の整備も必要で、小児喘息の7〜8割は、これで治ると言われています。

 

しかし、喘息発作を繰り返していると、気管支が壊れて治らなくなります。
発作がおきてから、慌てるのではなく、発作を起こさないように予防と治療を続けることが大切です。

 

急性気管支炎

急性気管支炎は、ウィルスによる咽頭炎や喉頭炎などの上気道の感染症に続いておきる気管支の感染症です。

 

症状

急性気管支炎は、乾いた咳で始まり、夜間の咳でゼロゼロとなります。
発熱があり、濃い鼻汁がでるので、咳や痰に有効な薬物で治療します。

 

肺炎

昔は大勢の子供が細菌性肺炎で亡くなりました。
今では、肺炎でも軽いものが多くなりましたが、命にかかわるので油断はできません。

 

症状

肺炎は風がこじれてなることが多く、熱、咳のために夜も眠れなくなり、顔色が青白くなってぐったりします。ひどくなると、息が苦しくなります。

 

原因となる細菌

肺炎はウィルスや細菌が原因となり、乳児ではRSウィルス、幼稚園からはマイコプラズマが原因として有名ですが、軽い場合は通院で治りますが、入院治療が必要なことも多くみられます。

 

気管支拡張症

気管支拡張症には、先天的なものと後天的なものがあります。
どちらも気管支の一部が太く拡張して、元に戻らなくなるものです。
後天的なものとして、気管支喘息を繰り返したり、重い肺炎の場合があります。

 

症状

気管支喘息の症状としては、朝起きたときに、咳と痰が出ますが、乳児の場合は痰を切れないので、ゼロゼロと咳をします。拡張した部分に痰が溜まるようになると、そこに菌が感染して何度も肺炎を起こします。


スポンサーリンク

関連ページ

子供の結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症の目の症状
乳児や幼児などの子供の目の症状。結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症・逆さまつげ、弱視・斜視、屈折異常、未熟児網膜症などの症状。
子供の中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの耳の症状
乳児や幼児などの子供の耳の症状。中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの症状。
子供の鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎の症状
乳児や幼児などの子供の鼻の症状。鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎などの症状。
子供の手足口病・虫歯の症状
乳児や幼児などの子供の手足口病・虫歯などの症状。
子供の風邪からくる感染症や扁桃炎の症状
乳児や幼児などの子供の風邪からくる感染症や扁桃腺の感染症などの喉の症状。
ブドウ球菌感染症・溶連菌・腎炎・尿路感染症・発育不全腎の症状
乳児や幼児などの子供のブドウ球菌感染症・溶連菌・腎炎・尿路感染症・発育不全腎などの感染の症状。
子供のあせも・とびひ・アトピー性皮膚炎・脂漏性湿疹の症状
乳児や幼児などの子供の皮膚の症状。あせも・とびひ・アトピー性皮膚炎・脂漏性湿疹などの症状。
子供の三日はしか・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。風疹(三日はしか)・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病(伝染性紅斑)などの症状。1度発病すると、免疫ができるので一生、発病しません。
子供のウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。ウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱などの症状。
子供のジフテリア・ポリオ・百日咳の症状
乳児や幼児などの三種混合ワクチンを接種すれば発病しない子供の感染の症状。ジフテリア・ポリオ・百日咳などの症状。
破傷風・日本脳炎・寄生虫感染症の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。破傷風・日本脳炎・寄生虫感染症などの症状。
脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患・胆道疾患・食堂閉鎖症の症状
乳児や幼児などの子供の難病の症状。脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患胆道疾患・食堂閉鎖症・モルキオ病などの症状。
愛情遮断症・チック症・統合失調症・躁うつ病の症状
乳児や幼児などの子供の難病の症状。愛情遮断症・チック症・統合失調症・躁うつ病などの症状。