子供のジフテリア・ポリオ・百日咳|三種混合ワクチンを接種すれば発病しない感染の症状

MENU

子供にみられる感染の病気

子供の病気:ジフテリア・ポリオ・百日咳

受診科

小児科

 

ジフテリア

ジフテリアは、ジフテリア菌による感染症で、よく幼児がかかる伝染病の一つです。
伝染力が強く、命にかかわることが多いのですが、予防接種の普及で大事に至ることは少なくなりました。1週間の潜伏期間を経て発病します。

 

症状

ジフテリアは、感染部位で症状が異なるのが特徴です。

 

喉なら高熱と共に扁桃やリンパ節が腫れて、ゼロゼロという咳がでて、呼吸が苦しくなり、心臓の筋肉に影響が出ると死亡することもありますし、鼻だと鼻がつまり、へんとうから耳まで炎症が広がります。肺炎や血圧低下や心不全などの合併症を起こすこともあります。

 

ジフテリアの治療は、抗血清や抗生物質を使用します。
神経麻痺などの後遺症が残ることがありますが、三種混合ワクチンを接種すればかかりません。

 

ポリオ(急性灰白髄炎)

ポリオはポリオウイルスの感染で、脊髄神経の灰白質という部分が病変をおこす伝染病で、1〜2週間の潜伏期を経て、発病します。

 

症状

ポリオの症状は、まず、数日は発熱や頭痛など、風邪を引いたような症状があって、急に手や足がマヒします。ただ、麻痺までおくるのは少なく、たいては、風邪のような症状だけで治りますが、麻痺がひどくなり、死亡する場合もあります。

 

かつては、幼児によくおきる病気でしたが、予防接種が行われるようになってからは、あまり発病しなくなりましたが、海外では、まだよく見られるので、家族での海外赴任などでは注意が必要です。

 

百日咳

百日咳は、飛沫で感染するもので、予防接種で発症は減っています。2週間以内の潜伏期を経て、発病します。

 

症状

百日咳が発病すると、まず、咳が出てきます。
咳は、細かく息を吐くことを続けて、最後に苦しそうに息を吸い込みます。
咳は夜間にひどくなり、数分おきに、粘る痰をだしたり、嘔吐したりします。

 

乳児は母親から百日咳の免疫はもらわないので、生後すぐ発病することがあります。
赤ちゃんの場合は、咳をせずに呼吸をとめてしまうことがあり命にかかわります。

 

治療としては、抗生物質を使用しますが、三種混合ワクチンを接種すれば、発病しません。


スポンサーリンク

関連ページ

子供の結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症の目の症状
乳児や幼児などの子供の目の症状。結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症・逆さまつげ、弱視・斜視、屈折異常、未熟児網膜症などの症状。
子供の中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの耳の症状
乳児や幼児などの子供の耳の症状。中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの症状。
子供の鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎の症状
乳児や幼児などの子供の鼻の症状。鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎などの症状。
子供の手足口病・虫歯の症状
乳児や幼児などの子供の手足口病・虫歯などの症状。
子供の風邪からくる感染症や扁桃炎の症状
乳児や幼児などの子供の風邪からくる感染症や扁桃腺の感染症などの喉の症状。
子供の三日はしか・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。風疹(三日はしか)・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病(伝染性紅斑)などの症状。1度発病すると、免疫ができるので一生、発病しません。
子供のウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。ウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱などの症状。
脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患・胆道疾患・食堂閉鎖症の症状
乳児や幼児などの子供の難病の症状。脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患胆道疾患・食堂閉鎖症・モルキオ病などの症状。