子供の風邪からくる感染症や扁桃腺の感染症などの喉の症状

MENU

子供にみられる喉の感染症

子供にみられる喉の感染症

受診科

小児科

 

風邪(感冒や上気道感染症)

風邪は、感冒や上気道感染症といい、ウィルスや細菌による鼻やのどの感染症です。
子供は風邪をひきやすく、ウィルスの種類が多く順番に感染するため、1年で何回も風邪を引くことになります。それは、病原菌が空気によって運ばれ、ウィルスに対する免疫ができにくいためで、またウィルスに対する免疫もできずらく、免疫ができたとしてもウィルスの寿命が短いためでもあります。

 

インフルエンザ

インフルエンザウィルスは冬に発生し流行しやすく、反対に夏に流行するウィルスもあります。このため、特に子供は1年中風邪を引きやすいことになります。

 

風邪の合併症が問題

風邪そのものよりも、中耳炎や副鼻腔炎(ちくのう)、肺炎などの合併症が起きるかどうかが問題なのです。風邪を引かないように、日ごろから身体を動かして早寝早起きをして、栄養を取って体力をつけるようにします。

 

扁桃炎

扁桃は外から侵入する病原菌を食い止めるためのリンパ組織です。
扁桃炎は扁桃に細菌が感染して起こり、熱、食欲不振のほか、吐いたり、腹痛を訴えたりすることもあります。

 

症状

扁桃炎は、小さい子ほど喉の痛みを訴えません。
お腹が痛いということはありますが、これはどこかが痛いということを、「お腹が痛い」という表現をすることがあるためです。

 

口の中を覗いてみると、扁桃が赤くはれていたり、表面に白い膿のようなものがついていたりします。また、首のリンパ腺が腫れることもよくあります。

 

A群溶連菌が原因の場合

扁桃炎がA群溶連菌が原因の場合は、後で急性腎炎やリウマチ熱になることがあるので、出来るだけ早く診察を受け、抗菌薬による治療を受ける必要があります。

 

扁桃が大きくなって息がしにくくなったり、いびきが止まったりする場合には手術が必要になることもあります。


スポンサーリンク

関連ページ

子供の結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症の目の症状
乳児や幼児などの子供の目の症状。結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症・逆さまつげ、弱視・斜視、屈折異常、未熟児網膜症などの症状。
子供の中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの耳の症状
乳児や幼児などの子供の耳の症状。中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの症状。
子供の鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎の症状
乳児や幼児などの子供の鼻の症状。鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎などの症状。
子供の手足口病・虫歯の症状
乳児や幼児などの子供の手足口病・虫歯などの症状。
子供の三日はしか・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。風疹(三日はしか)・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病(伝染性紅斑)などの症状。1度発病すると、免疫ができるので一生、発病しません。
子供のウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。ウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱などの症状。
子供のジフテリア・ポリオ・百日咳の症状
乳児や幼児などの三種混合ワクチンを接種すれば発病しない子供の感染の症状。ジフテリア・ポリオ・百日咳などの症状。
脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患・胆道疾患・食堂閉鎖症の症状
乳児や幼児などの子供の難病の症状。脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患胆道疾患・食堂閉鎖症・モルキオ病などの症状。