病院で受ける検査の目的と判明する病気

MENU

生体検査と検体検査

生体検査と検体検査

 

一般外来の際、まず問診から始まり、患者の身体を触る触診や心臓の音を聴く聴診などが行われます。このような診察だけでは、診断の確定が困難な場合には、医師が検査の実施を決定します。

 

検査はスクリーニングから始まり、尿検査、血液検査、心電図などの簡単な検査を組み合わせて行うもので、病変部の確定のために実施されます。スクリーニングの検査が終了して、治療に入る場合もあれば、さらに精密検査になる場合があります。

 

検査の種類

検査の種類は、生体検査と検体検査があります。

 

生体検査

受診者の身体を調べる検査で、医師、看護婦、臨床検査技師によって行われます。

 

生理学的検査

血圧、脈拍、心電図、脳波、肺活量検査などで、受診者の体の生理的反応を調べます。

 

負荷機能検査

受診者に一定の負荷を与え、その反応から病気の状態を調べます。

 

内視鏡検査

内視鏡を用いて、気管支、食道、胃、大腸などの状態を調べ、疾患部を診断します。

 

画像診断

X線、超音波などを利用して疾患を調べます。

 

検体検査

検体とは、患者から採取した材料のことをいい、受診者の尿、血液、便、身体の組織のことです。

 

尿・便検査

尿や便の性質や成分を分析します。

 

血液一般検査

赤血球、白血球、血小板などを調べます。

 

血液化学検査

血液を血球成分(赤血球、白血球、血小板)と血清に分離し、血清中の酵素やたんぱく質、糖、コレステロールなどを調べます。

 

免疫・血清学検査

血清中の種々の抗体腫瘍マーカーなどを検査します。

 

病理学検査

肉眼あるいは顕微鏡によって、臓器や、その一部の組織、細胞の状態を観察する検査です。

 

培養検査

血液・尿・便などの材料中の細胞を検査します。

 

正常値と異常値のとらえ方

医師は検査データを見て、正常か異常を判断します。
検査の正常値は不特定多数の健康な人の測定値から、上限と下限の部分を除いた残りの95%の値です。

 

検査の結果、異常値と判断されれば、医師の指示に従う必要があり、納得いくまで医師に説明を求めてください。


スポンサーリンク

検査の目的と判明する病気 記事一覧

血圧測定心臓が血液を押し出すときに血管にかかる圧力が血圧です。高年齢の人ほど、心臓病、脳出血などの成人病の予防のために行われます。血圧の正常値は、最低血圧が140mmHg以下、最低血圧が90mmHg以下です。判明する病気本態性高血圧症、低血圧症測定は運動や食事のあとを避け、なるべく安静にした状態で行います。性別や年齢、季節によっても結果は変わるため、10mmHg程度の差であれば問題ありません。心電...

胸部単純X線撮影検査肺、心臓、縦隔などの器官について病気の有無を調べます。検査はレントゲン検査室で行われ、胸部単純X線診断装置のフィルム部分に胸部を押し当てて、息を止めた状態で、背後からか、もしくは、側面からX線を照射します。判明する病気肺炎、肺がん、胸膜炎、縦隔腫瘍ネックレスなどの金属製のものははずし、金具のついた洋服も脱いで検査します。異常な影が認められた場合は、可能性の考えられる病気にあわせ...

上部消化管X線造影検査食道、胃、十二指腸などの臓器異常を検査します。検査はバリウムを飲み、上部消化管をX線で造影して、色々な角度から撮影します。判明する病気食道炎、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍検査前日の夜9時移行は絶食とし水やお茶も控えます。妊娠中は検査できないので、必ず医師に申し出る必要があります。X線撮影をするときは、息をしっかりと止めます。検査後は白いバリウム便が出ます。下部...

腹部超音波検査(腹部エコー)腹部の臓器に超音波を当てることで、臓器画像をみて、病変部の診断をします。検査は超音波検査室で仰向けになって行われ、腹部に超音波発振器(プローペ)をあて、診断検査のモニター画面に臓器の断層画像を映し出します。判明する病気肝腫瘍、肝硬変、急性胆嚢炎、膵炎、腎水嚢、卵巣嚢腫検査前日の夜9時からは飲食は控えます。便秘をする人はお腹にガスが溜まっているので、下剤を飲む必要がありま...

CTスキャン(コンピュータ断層撮影検査)レントゲン撮影では不可能だった人体の断層画像を撮影することで、体内の臓器の状態を立体的に検査します。検査はX線CT装置が設置された検査室で行われ、ベットに横たわった状態で検査部位にX線を照射し、検出結果をコンピュータで解析します。判明する病気脳出血、くも膜下出血、肺がん、肝がん、リンパ腫などの臓器腫瘍妊娠している可能性のある人は検査ができません。検査時はX線...

胃カメラ(上部内視鏡検査)上部内視鏡検査は口からファイバースコープを挿入して、食道、胃、十二指腸を観察する検査で、特に潰瘍や腫瘍を直接見ることが出来る為、診断に役立ちます。さらに、ファイバースコープを通して、細い鉗子を挿入して病変部を採り、組織の検査を行います、この検査は病変が悪性か良性かを調べるうえで有用です。判明する病気食道静脈瘤、食道潰瘍、食道がん、胃潰瘍、胃がん、胃炎、十二指腸潰瘍検査を受...

眼底検査眼底には静脈や動脈が浮かび上がっていますが、血管の走り方には一定の規則性があります。病気にかかると、その規則性に乱れが生じる為、眼底カメラや眼底鏡で状態を調べることで、目の病気だけでなく、脳卒中などの進行状況を把握できます。判明する病気高血圧、脳腫瘍、くも膜下出血、網膜炎、糖尿病検査前には散瞳薬を点眼し、点眼すると瞳孔が開くので、周囲が眩しく感じられるようになります。検査後、休憩をして、眼...

呼吸機能検査呼吸機能検査は、息を吸って吐き出したときの呼気量を測定し肺活量などを検査します。検査はスパイロメーターという装置を使います。判明する病気肺結核、肺線維症、気管支喘息、肺気腫十分、呼吸しないと、検査結果は正確にはでません。検査時は医師の指示に従い、思いっきり息を吐きだします。脳波検査脳は、人間が感知できない微量な電流を出し続けており、これが脳波で、この脳波を波形として記録するのが脳波検査...

頭部血管造影検査頭部血管造影検査は、頭部の病気を診断する際に行われ、検査は、脳に血管にヨード系造影剤を入れ、連続的にX線撮影を行います。判明する病気脳腫瘍、脳梗塞、脳血栓、くも膜下出血、脳動脈瘤検査前にアレルギーテストをする必要があり、検査当日は、朝から何も食べられません。検査中はカテーテルが血管内に挿入されているため、動くのは危険で、撮影時にはしっかりと息を止めます。検査後は翌朝まで安静が必要で...

尿たんぱく検査腎臓や尿管に異常があると、尿中に多量のたんぱく質が出ることがあり、尿たんぱく検査は、この尿中のタンパクを調べるために行われます。尿たんぱくの検査方法には、陽性なら異常値となる定性検査で、たんぱく質がでているかどうかを調べるもので、出ているたんぱくの量を調べ、1日で100mgを超えたら異常値となる定量検査があります。判明する病気腎炎、ネフローゼ症候群、骨髄腫尿たんぱくの異常は、1回の検...

尿沈渣尿たんぱく検査、尿潜血検査などで、異常があった場合に、診断確定のために行われます。尿沈渣の検査は、尿を試験管にとり、遠心分離器で液体と固形成分に分け、固形成分の状態を調べます。判明する病気赤血球が多い場合:腎炎、腎結石、心不全、白血病、血友病白血球が多い場合:腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎円柱がみられる場合:腎炎、腎盂腎炎、高血圧、心不全上皮細胞がみられる場合:尿路系炎症生理中の女性は赤血球、白血...

便潜血反応検査便潜血反応検査は、便の中に血液が混じっているかどうかを調べ、消化管の出血の有無を判定で人間ドックでも必ず行われます。便潜血反応検査は試験紙を使い、色の変化がなければ陰性で正常で、青色に変化すれば、陽性で病気の可能性があります。判明する病気食道がん、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、大腸がん、潰瘍性大腸炎、白血病便潜血反応検査は食事の影響を受けることもあり、検査前に肉類、魚類、卵黄、海藻、...

赤血球数の検査赤血球は身体の組織細胞に酸素を運び、二酸化炭素を取り除く役目をしています。赤血球の数が減ると、酸素を運ぶ能力が衰えて貧血になったり、命の危険が出てきます。血液検査は自動分析機で行うため、ヘモグロビン、白血球、血小板などと同時に測定され、赤血球の寿命は120日とされています。赤血球の正常値男性:450万〜510万女性:400万〜450万判明する病気貧血、胃潰瘍、白血病、多血症正確な診断...

血液像検査白血球のうち重要なものには、好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球などがあります。病気になると、疾患の種類により、血液の形が変化します。血液像検査では、これらの増減を調べ、診断の参考にします。判明する病気好中球増加:肺炎、心筋梗塞、火傷好酸球増加:寄生虫病、喘息リンパ球増加:伝染性単核症、結核、百日咳単球増加:ホジキン病、肺結核血小板数検査、赤沈検査などと組み合わせて診断します。血小板...

出血時間検査出血時間検査は、出血した血液が止まるまでの時間を測定し、血小板などの異常を調べます。一般的にデューク法を用います。耳たぶに小さな傷をつけ少量の血を出し、30秒おきに出血部分に紙をあて、紙に血が完全につかなくなるまで続け、その時間を測ります。出血時間検査の正常値1分〜3分判明する病気血友病、血小板無力症、尿毒症8分以上出血が続くと何等かの疾患があります。プロトロンビン時間検査プロトロンビ...

血清ビリルビン検査ビリルビン検査は肝臓の機能を調べる検査の一つです。ビリルビンとは、血液中の血色素のヘモグロビンから作られる黄色の色素で、ビリルビンが血液の中のに増加すると、身体が黄色くなり黄疸が発生し、これはビリルビン色素が原因です。ビリルビンには、関節ビリルビンと直接ビリルビンの2つがあり、検査ではこの両方の値を測定して、どちらのビリルビンが増加しているのかを確認します。黄疸のほとんどは肝臓疾...

LDH検査LDH(ラクテート・デヒドロゲナーゼで乳酸脱水酵素)は、糖が分離されるときに働く酵素の一つです。肝臓、腎臓、肺などに多く含まれ、肝臓病、心臓病、悪性腫瘍などで、数値が跳ね上がることの多い酵素です。LDHには、5つのアイソザイム(形や性質の異なる酵素群)があり、臓器によって持っているアイソザイムが違ってきます。その臓器に疾患があるかによって、増えるアイソザイムが違ってきます。判明する病気悪...

血清総タンパク検査(TP検査)血清総タンパク検査は、血液中に含まれるタンパクを総称し、血清総タンパクといいます。血清たんぱくは身体の働きによって、常に一定に保たれていますが、肝臓や腎臓に障害が発生すると変動がおきてきます。血清たんぱくの状態を調べることで、疾患の原因を検討します。血清総タンパク検査の正常値6.5〜8.5 g/dl判明する病気高たんぱく血症、肝硬変、低たんぱく血症、栄養不良、ネフロー...

総コレステロール検査(T-Cho検査)総コレステロール検査は、動脈硬化や心臓病などの診断、および病気の進み具合のチェックのために欠かせない検査です。コレストロールは細胞膜の成分として大変重要な脂質で、性ホルモンや胆汁酸、副腎皮質ホルモンを作る材料にもなります。しかし、コレストロールが多すぎると、動脈硬化などを起こしやすくなり、肝機能が悪いと低値になります。総コレステロール検査の正常値130〜220...

Ch-E(コリンエステラーゼ)検査Ch-E(コリンエステラーゼ)検査は、コリンエステルという物質をコリンと酢酸に分解する酵素を調べる検査です。Ch-Eには、神経、筋肉に含まれるものと、血清、肝臓、すい臓などに含まれるものに分かれ、検査では、後者のCh-Eを調べ、正常値は測定法によってかなり違います。判明する病気肝硬変、脂肪肝、糖尿病、ネフローゼ症候群Ch-E値の特徴は、個人差が大変大きく、測定値の...

血糖検査血液中のブドウ糖を血糖といいます。血糖は、健康時には正常な濃度を保っているのですが、糖尿病になると、すい臓から出るホルモンのインスリンが不足して、血糖検査では数値が上昇します。血糖検査をすることは、糖尿病診断には不可欠です。確定診断には、糖分75gを含んだ水を飲んだ後、30分、60分、90分、120分に血糖測定するブドウ糖負荷試験(GTT)を行います。血糖検査の正常値空腹時:70〜109 ...

甲状腺ホルモン検査甲状腺ホルモンは、身体のエネルギー代謝を調節しているホルモンで、甲状腺ホルモンの過剰分泌は、バセドウ病の原因となり、橋本病はホルモン分泌が低下したものです。甲状腺ホルモン検査は、血中甲状腺ホルモンの値を調べることで、甲状腺の病気を診断します。甲状腺ホルモン検査の正常値遊離トリヨードサイロニン(FT3):2.5〜4.3 pg/ml遊離サイロキシン(FT4):1.0〜1.8 ng/d...

血液型検査血液型検査は、主に輸血での事故を事前に回避するために行われます。血液型には、様々な型があり、輸血者と非輸血者間で血液型が適合するかどうかを判断するための検査です。血液型判定法には、いくつかの方式がありますが、輸血の場合はABO式、Rh式が用いられます。血液型が合わない場合の疾患輸血、出産時の免疫反応による副作用輸血時は血液型検査の他に、不規則抗体のスクリーニング検査など、色々な検査が行わ...

RAテストRAテストは、慢性関節リウマチをチェックする重要な検査です。検査は、γ-グロブリンという血清たんぱくを吸着させた試薬を受診者の結成に混ぜ、その凝集反応で血清中のリウマトイド因子を調べるものです。検査結果は、陰性、弱陽性、陽性の3つに分けられます。RAテストの正常値陰性判明する病気慢性関節リウマチ、膠原病、自己免疫性肝炎陽性反応が出たら、どこかに免疫異常があるということです。ただし、陰性だ...

HBs抗原・抗体検査HBs抗原・抗体検査は、肝炎ウィルスに感染しているかどうか調べるための検査です。HBs抗原検査で陽性になると、B型肝炎ウィルスに感染しているとみられますが、必ずしも病気ではありません。一方、HBs抗原ではなく、HBs抗体検査結果で陽性と判断された場合には、B型肝炎ウィルスには感染していません。判明する病気急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がんGOT、GPTなどの肝機能検査の結果は正...

腫瘍マーカーとは癌は身体の細胞の一部が異常分裂をおこして次々と増殖する病気で、癌が体内に発生すると、腫瘍マーカーという特殊な物質が現れます。腫瘍マーカーとは、癌細胞によって血液中に出された特殊なたんぱく、酵素、ホルモンのことで、現在、すでに数多くの腫瘍マーカーが発見され、がん診断のためのスクリーニングに用いられていて、癌治療後の経過観察などにも腫瘍マーカーは利用されます。CEACEA(癌胎児性抗原...

アレルギー反応検査身体には異物が体内に侵入してくると、抵抗物質を作って身体を守って、異物を体外に排出しようとする抗体という働きがあり、この仕組みを免疫といい、抵抗物質を抗体といいます。アレルギー反応とは、この抗体が必要以上に抗原に強く反応したり、必要もないのに抗体ができてしまったりすることです。アレルギー反応検査は、アレルギー反応が病気の原因になっているか、その抗原は何かということを調べるために行...