スポーツによる障害の症状と治療法

MENU

スポーツでおきる筋肉が部分断裂して炎症をおこす症状

スポーツによる障害の症状

 

スポーツなどで同じ筋肉やじん帯に繰り返して力がかかることで起きる障害があります。
一番、身近なのでは骨折や脱臼ですね。
骨や関節、筋肉の障害もありますが、スポーツ独特の障害ということもあるのです。

 

例をあげると、野球肘といわれる上腕骨内科炎、テニス肘といわれる上腕骨外貨炎、オスグッド・シュラッター病などです。

 

それぞれ、野球でボールを投げ続けている、もしくは、テニスでラケットを振ったりしていると、肘の筋肉が部分断裂して炎症をおこすのです。またサッカーやバスケットボールのように膝を激しくしていると、結節部分が腫れたり骨が異常をおこすことが多いのです。


スポンサーリンク

スポーツによる障害の症状 記事一覧

受診科整形外科原因骨の同じ部分に繰り返し長期間にわたって負担をかけると、骨も疲労して損傷してしまいます。特に、走ったり飛んだする動作で、下腿骨に発生することが多いのです。ジャンプしたり、走ることが多い場合は、脛骨、腓骨、第二・第三虫足骨に多いとされています。症状疲労骨折は折れたところが腫れて、運動すると特に痛みがひどくなります。初期症状だと、レントゲンでも、はっきりわからないことが多いのです。治療...

受診科整形外科原因野球肘は、野球でボールを投げることを繰り返していると、肘のあたりの筋肉が部分断裂して炎症をおこして、肘の内側、上腕骨の内顆部に痛みが出て、なげられなくなることがあります。また、成長期の子供では、上腕骨内顆から始まる手関節屈筋、手指の屈筋が酷使され、付着部炎、骨端炎をおこし、同様な症状がおきてきます。症状初期の症状では、投球動作で痛みがあり、放置していると手を握ったり、重いものをぶ...