感染症・寄生虫の病気と症状と治療法

MENU

感染症を起こす病原菌にはウィルスや細菌・寄生虫などがある

感染症を起こす病原菌にはウィルスや細菌・寄生虫などがある

 

感染症を起こす病原体は、色々あります。
小さいものではウィルスや細菌、原虫、寄生虫などがあります。
また、感染症の中にはインフルエンザを代表するように伝染するものと、
破傷風や膀胱炎のように伝染しないものがあります。

 

人は感染防御機能を持っている

病原体が体に入っても、必ず発病するとは限りません。
通常は人が持っている防御機能によって病原体が亡くなってしまうからです。
防御機能とは、皮膚腺や胃液、免疫グロブリン、菌を食べる食細胞、抗体など免能機能のことです。

 

つまり、感染症の発病するということは、病原体の菌力が人の防御機能よりも強力なことです。

 

感染源と感染経路

感染の元となるのは、病人や保菌者、菌を媒介する昆虫などで、感染源と言われ、
感染源から、直接あるいは間接的に病原体が人に侵入する経路を感染経路と言います。

 

経口感染

コレラや赤痢、腸チフスなどのように、水や飲食物への混入、あるいは手指への付着によって口から入って感染します。

 

飛沫感染

インフルエンザや肺炎、結核などに羅漢した病人が咳などをすることによって、
空気中に唾液が飛び、そこに含まれている病原体を健常者が吸うことで感染するものです。

 

接触感染

梅毒や淋病、エイズといった病人との行為によって、病原体がいる皮膚や粘膜、
体液に触れることで感染することです。

 

経皮感染

マラリアや日本脳炎のように、虫に刺されたり動物に噛まれたりすることで、
傷口から病原体が入ってきて感染するのです。

 

母子感染

梅毒やB型肝炎のように、妊娠、出産、育児のさいに母親の病原体が
胎児や新生児、乳児に感染することです。

 

院内感染

採血でB型肝炎が伝染したり、外傷で入院中の児童がはしかにかかったりするもので、
病院内で感染したり、医療行為で感染するものです。

 

日和見感染

健康なら体内や体外から入ってきた病原体では発病しないのに、
抵抗力が落ちているときには、病原体の繁殖を許して感染することがあります。
これが日和見感染といいます。既に病気で抵抗力が落ちている、
薬物によって免疫力の低下、年齢による体力の低下などがあります。


スポンサーリンク

感染症・寄生虫の症状 記事一覧

受診科感染症科・内科HIVというエイズウィルスが免疫機構の中心である白血球のT細胞というリンパ球を破壊してしまうことでおきることです。原因免疫機能が破壊されて、様々な病原菌や微生物が繰り返し感染して色々な病気を引き起こす感染症です。以前は不治の病でしたが、現在は薬物療法により改善しています。患者が血液などや母乳にエイズウィルスを持っている為、感染経路は行為・輸血・母子感染が要因です。現在は処置が徹...

受診科感染症科原因ガーデニングなど土をいじっていて外傷を受けた場合など、汚れた傷口から土の中ににある破傷風菌が入って繁殖して、生産された毒素が末梢神経や脊髄前角細胞を侵すことで発症します。感染した人の半分が死亡する危険な病気ですが伝染はしない感染症です。症状傷そのものが治っても破傷風菌は潜伏しますから、感染症は数日から数か月してから発症します。全身の筋肉が痙攣することが特徴で、最初は首が張り、倦怠...

受診科感染症科原因口から入ったコレラ菌が小腸で繁殖しておきる2類感染症です。ほとんどの場合は海外での生活時に感染します。症状毒性の弱いエルトール型コレラ菌なら、症状も軽くひどい下痢くらいです。毒性の強いコレラ菌なら、数時間から1週間ほどの潜伏期間を経て、突然、嘔吐を伴う激しい下痢がおきます。さらに、米のとぎ汁のような水便が1日数十回も出て脱水症状が出ます。呼吸が速くなり、脈拍は弱くなり、手足も冷た...

受診科第1種感染症指定医療機関原因ラッサ熱はアフリカのネズミが持つウィルスが、皮膚の傷や病人の体液を通して、体内に入って感染する国際伝染病です。症状1週間から10日の潜伏期間を経て、最初は悪寒や発熱、嘔吐、筋肉痛があります。数日で高熱となり、のどの痛みや咳、胸痛、腹痛、下痢がおきます。重症となると、喉の潰瘍や肺炎、リンパ節炎、腎不全などを合併して、ショック状態になり、発症した半分位の死亡する病気で...

受診科内科・外科・呼吸器科・感染症科原因猫に引っかかれたり、咬まれたりして、猫が保有する菌が感染する病気です。欧米やオーストラリアなどで、よく見られる病気ですが、日本ではあまり発症例はありません。症状引っかかれた所に発疹ができ、発熱や頭痛があってから、傷の近くのリンパ節が腫れます。手に傷を負ったなら、わきの下のリンパ節が腫れることが多く、しかし、リンパ節の腫れはたいてい2〜3か月で自然に完治します...

受診科内科・感染症科原因敗血症は身体にある連鎖球菌や、ブドウ球菌、大腸菌などの、様々な細菌が血液に入って増殖して、全身をめぐることで、臓器や組織に感染するものです。血液には細菌の増殖を抑える働きがありますが、白血病、膠原病、ガンなどで、感染への抵抗力が落ちている場合に発病してしまうのです。症状寒気と共に汗や高熱が出て、急性で重症になると、血圧が下がり、無尿や意識障害、細菌性ショックをおこして、数日...

受診科内科原因トキソプラズマ症は、動物の便や豚肉や鶏肉に含まれているトキソプラズマの原虫が感染する病気です。症状通常は無症状なのですが、症状が現れる場合は、発熱、発疹、脳脊髄膜炎、リンパ節炎、脈絡網膜炎、肺炎などが起きる場合があります。妊娠している人が発症すると、早産や流産の原因ともなります。治療ピリメタミンとサルファ剤を内服します。アニサキスという線虫を食べた魚介類から感染するアニサキス症原因ア...

受診科内科原因カニを生で食べると、寄生する肺吸虫の幼虫が体内に入って移動し、肺に定着すると、成虫となって肺吸虫症をおこします。原因となる肺吸虫症の種類は多いのですが、日本では貝やアメリカザリガニ、モクズガニなどに寄生するウェステルマン肺吸虫と、サワガニに寄生する宮崎肺吸虫の2種類が原因となっています。症状ウェステルマン肺吸虫症では喀血や血痰がでて、宮崎肺吸虫症では発熱や胸痛、倦怠感があって、自然気...

受診科小児科・内科・消化器内科原因回虫の卵がついている食べ物を食べた時、卵は体内でふ化して腸に寄生して感染します。かつては全国的に多い病気でしたが、現在ではめっきり発病する人は少なくなりました。症状下痢や腹痛が続き、稀に回虫が腸以外の臓器に入ると、その臓器の病気になります。治療ピランテルパモエイトを内服して駆除するのが有効です。ぎょう虫の卵が肛門近くの大腸に寄生する ぎょう虫症原因ぎょう虫の卵が手...

受診科内科・消化器内科原因鮭やマスを生で食べて、条虫の幼虫が体内に入り感染すると、最長で10mほどの成虫になり腸に寄生するのが広節裂頭条虫症です。症状症状がない場合もありますが、通常は嘔吐、下痢、腹痛、貧血がおきます。治療ブラジカンテルまたはカマラを内服します。野菜などについている鉤虫が小腸に寄生する鉤虫症(十二指腸虫症)原因野菜などについている鉤虫の幼虫が体内に入り感染すると、小腸に寄生し、1c...