胃・十二指腸の病気の症状と治療

MENU

胃と十二指腸の働き

胃と十二指腸の働き

 

胃の働き

胃の働きは、食道から入ってきた食物を柔らかくして小腸に送ることです。
胃に入ってきた食物は、蠕動運動によって、よくかき混ぜられながら、
胃液で柔らかくされ、タンパク質を消化して殺菌的な働きもします。

 

十二指腸の働き

十二指腸は腸の始まりの部分で、20〜30センチの管です。
食物が胃から十二指腸に入ると、胆汁と膵液に含まれる消化酵素によって、
タンパク質はアミノ酸へ、糖質は、ブドウ糖、脂質は脂肪酸などに分解されて、
身体に吸収されやすい形に変化します。

 

このように、胃や十二指腸に障害があると、食べたものも消化されない
吸収されないなどの弊害がおきます。


スポンサーリンク

胃・十二指腸の症状と治療 記事一覧

受診科内科・胃腸科・消化器内科・消化器外科・小児科胃炎は消化器疾患では多くみられるもので、胃の粘膜に炎症をおこすものです。胃炎は原因や症状で急性と慢性の2つに分かれ、急性胃炎は急に症状が現れ、短期間で治癒するのが特徴です。原因には大きく分けて、外因性と内因性の2つがあります。外因性急性胃炎原因食べ物や飲み物、薬品が原因となって発症します。中でも、アルコールや香辛料の過剰摂取によるものです。薬品では...

胃や十二指腸の粘膜にただれや炎症がおこり、組織が欠損する病気です。欠損が粘膜内であれば「びらん」とよび、粘膜より下にできるのは「潰瘍」といいます。消化性潰瘍は胃液が胃そのものや十二指腸の粘膜を消化してしまいます。消化性潰瘍には胃潰瘍と十二指腸潰瘍があり、どちらも潰瘍ができるのは同じですが、その発生の仕方はやや違いがあります。本来は食物だけを消化する胃液が胃や十二指腸の粘膜を消化するのは、胃液の状態...

受診科内科・消化器内科胃けいれんとは病名ではなく、突発的におきる心窩部痛を表現したことばです。原因原因には、急性胃炎、急性胃・十二指腸潰瘍あるいは急性胆嚢炎などが考えられています。症状胃に差し込むような激痛がおこるほか、吐き気、嘔吐、胸やけなども現れます。治療原因となっている病気の治療をします。胃の下部が下がっている胃下垂胃の上部は、正常な位置にあるのに、胃の下部が普通よりも下がっているのが胃下垂...

受診科内科・消化器内科・心療内科原因胃に原因となるような病変がないのに、様々な胃の症状を訴えるものです。精神的な要素が原因になっていると言われています。症状食欲不振、上腹部痛、胃の膨満感や不快感、嘔吐、げっぷ、胸やけなどですが、そういう症状が続いていても、身体の衰弱などの変化はありません。治療心理療法や向精神薬などの薬物療法をします。げっぷを繰り返す状態が原因となる空気嚥下症原因普段は食事をしてい...

受診科内科・消化器内科・消化器外科胃を切除した後に、出現する様々な障害が含まれ、症状の出現時間や程度も様々です。ダンピング症候群原因胃の切除によって、胃の貯留機能が低下し、食物が急速に小腸へと落ちていくためにおきます。食後早期に見られるのは、ホルモンのバランスが崩れることが原因です。食後2時間ほどしてからみられるのは、急激な血糖値の上昇と、その反発としての低血糖が原因です。症状食後10分から数時間...