胃腸炎がおきる食中毒の種類と症状・治療法

MENU

食中毒の種類

食中毒

 

食中毒は食品についた細菌や化学物質を間違ってたべたりすることで起きる急性の病気です。
胃腸炎がおきるので、嘔吐や腹痛・下痢などの症状が一般的です。

 

食中毒には多く分けて細菌性食中毒と化学性食中毒の2つがありますが、
食中毒の中で一番多いのは細菌性食中毒で、全体の8割から9割を占めます。
細菌性食中毒には、発生の仕方から「感染型」と「毒素型」に分かれます。
化学性食中毒もフグや、毒のある時期の牡蠣、キノコや山菜など、動植物性の自然毒によるものと、
農薬や鉛など、化学物質によるものに分かれます。

 

細菌性食中毒の感染型

細菌性食中毒の感染型の方は菌が増殖して汚染されたものを食べることで、
腸の中でさらに菌が繁殖して発症します。
病原菌にはサルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌、カンピロバクター菌などがあり、潜伏期間は12時間〜丸1日で高熱と共に発症します。

 

細菌性食中毒の毒素型

毒素型は食品の中で菌が増殖するとともに、毒素がつくられ、その毒素が胃や腸で中毒を起こします。病原菌にはブドウ球菌、ボツリヌス菌などで、12時間以内の潜伏期間で発熱を伴わずに発症します。

 

食中毒の治療と予防

食品に細菌がいても中毒を起こす数までに達していない場合には発症しないのです。
食中毒の治療は医師にかかることですが、応急処置としては、安静にして、水を大量に飲み、
胃の中のものを吐くようにします。そもそも、下痢をするので脱水症状になってしまいますから、
水やぬるま湯などで水分を補給する必要があるのです。

 

また、食中毒を防ぐには、暑い気候のときは生ものには注意して、低温で保存し、
料理には新鮮な材料を使うようにし、料理前には手を洗うようにします。


スポンサーリンク

食中毒の種類と症状 記事一覧

受診科内科原因腸チフスの原因ともなるサルモネラ菌が腸の中で増殖して、発生した毒素が小腸の粘膜に炎症をおこすものです。サルモネラ菌は牛や豚、犬、猫などの人と密接な関係のある動物についています。サルモネラ菌のある食肉を食材にしたり、調理者の保有する菌が入ったりして感染します。症状6時間から48時間の潜伏期間を経て、発熱・嘔吐・腹痛・回数の多い下痢がおきます。重症になると、ショック状態に陥ることがありま...

受診科内科原因ボツリヌス菌に汚染された肉や魚が調理不十分で保存された場合は、菌が増殖したり毒素がつくられて、その食品を食べると発症します。ハムやソーセージ、あるいは筋子やはちみつなどが原因となります。症状早いと数時間、普通は1日以内に発症します。倦怠感があって、嘔吐・腹痛・下痢がおきますが、この食中毒の特徴では、視力障害や発生障害、呼吸困難などの神経や筋肉の障害がおきることです。乳児では呼吸麻痺を...

受診科内科原因テングダケ、ツキヨダケ、ワライダケなどのキノコを食べると、その毒素でおきます。症状胃腸炎やコレラ、あるいは脳炎のような症状を示します。胃腸炎型:食後1時間ほどで、嘔吐、腹痛、下痢がおきます。コレラ型:食後10時間ほどで発症して、激しい嘔吐や下痢があって、ひどい場合はショック状態になって死亡します。脳炎型:食後2時間以内に発汗と共に痙攣、昏睡などひどい神経症状が現れ、ひどい場合は死亡し...