乳児・幼児による子供の病気-症状別

MENU

子供によくみられる症状

子供は疲れを知らないと思うほど元気で活動的です。
でも、その子供が顔色が悪く、疲れやすそうだったり、元気なく家でじっとしているうようなことがあると、注意して症状を見てみる必要があります。

 

その症状が急性の状態か慢性的かを注意深く見る

 

急性の状態

急に元気なくなって、一晩眠っても回復せず、熱を伴う場合は問題です。
急性の感染症の可能性があります。

 

慢性的な症状である

子供が具合悪そうな症状が慢性的である場合、精神的なものでは、友達や家族の間で問題を抱えている場合がありますので、話を聞いて解決するようにします。

 

身体的な原因として考えられるのは、年長児では起立性調節障害です。
その場合は顔色の悪さや立ち眩みが目立つようになります。

 

運動不足や睡眠不足など、生活リズムの乱れにも注意する必要があります。
また、慢性感染症の可能性もありますので、あまり気になるようなら病院へ行きましょう。

 

微熱がある

赤ちゃんなどが熱を出すと、微熱でも心配になります。
例えば、38度の熱が出ても、高熱のように思ったりすることがあります。

 

しかし、平熱は、結構、個人差があるので、熱の数値よりも、@機嫌が悪いか、A元気がないか、Bぐったりしていないか、などを見ることが大切です。熱は、1日のうちでも、お腹が空いているとき、食事をした後など、条件によって、かなり違ってきます。

 

そのためにも、同じ条件の元気なときに体温を測っておくことも必要です。
同じ条件で、その体温よりも、高いかどうかで熱があるかどうかを判断したほうが良いでしょう。

 

長く微熱が続く

一時的に微熱があるだけでなく、長期間、微熱が続く場合には様々な病気が疑われます。
たとえば、結核症、寄生虫症、中耳炎や副鼻腔炎、血液疾患、脳障害、バセドウ病、尿路感染症、アレルギー疾患、膠原病などの場合があるので、長期間、微熱が続く場合には、1度、病院で診察を受けましょう。

スポンサーリンク

子供の病気 記事一覧

受診科小児科・眼科結膜炎子供がかかる目の病気でもっとも多いものです。結膜炎には細菌性とウィル性があり、どちらでも、家族から子供に移ることが多いので、家族の衛生管理が大事です。感染性の結膜炎感染性のものでは、細菌性とウィルス性結膜炎があります。細菌性結膜炎では、瞼の裏の結膜が充血して赤くなって目ヤニや涙が出るようになります。ウィルス性の結膜炎ウィルス性の結膜炎としては、流行性角結膜炎(はやり目)のよ...

受診科小児科・耳鼻咽喉科中耳炎子供の耳鼻咽喉の病気の中でも、とてもかかりやすいものです。細菌が喉や鼻から耳管を通って中耳に入ってから発症します。肺炎やインフルエンザあるいはしょう紅熱など、子供がかかりやすい病気の原因となる細菌によるものが多いのです。新生児や乳児は中耳炎をおこしやすい新生児や乳児の場合、耳管が発達していなくて短いので、鼻腔の炎症が感染しやすく、吐いたミルクも簡単に中耳に入るので中耳...

受診科小児科・耳鼻咽喉科鼻炎鼻炎は、風邪などが原因で、鼻の粘膜に炎症がおきて、粘膜が腫れて鼻が詰まったり、くしゃみをしたり、鼻汁がたくさん出ます。乳児などはミルクを飲みにくくなります。鼻炎の対処乳児は鼻をかめないので、ゴム球付きの吸引器で吸い取ります。点鼻薬は乳幼児には使わないほうがいいでしょう。鼻腔異物鼻腔異物は、子供が小さなおもちゃなどや、部屋の中にある小さなものを鼻に入れることがよくあります...

受診科小児科・歯科手足口病手足口病は、生後半年から5歳くらいまでの乳幼児に多い病気です。ウィルスの感染で軽い発熱と共に、手足や口に水泡性の発疹が現れます。流行性があり、飛沫感染するもので、保育園や幼稚園で、夏によく流行します。手足口病の症状手足口病の症状としては、手では手のひらや指の両側の親指に水泡がまばらに出て、足ではかかとやひざに水泡が出てきて、水泡は破れないまま数日で斑点となって、そのまま消...

受診科小児科風邪(感冒や上気道感染症)風邪は、感冒や上気道感染症といい、ウィルスや細菌による鼻やのどの感染症です。子供は風邪をひきやすく、ウィルスの種類が多く順番に感染するため、1年で何回も風邪を引くことになります。それは、病原菌が空気によって運ばれ、ウィルスに対する免疫ができにくいためで、またウィルスに対する免疫もできずらく、免疫ができたとしてもウィルスの寿命が短いためでもあります。インフルエン...

受診科小児科小児気管支喘息子供のぜんそくが増えています。喘息は気管支のアレルギー性の慢性炎症です。症状慢性炎症のために、気管支が刺激に敏感になり、空気が流れにくくなる結果、ゼーゼーという咳をして、息がしにくくなります。ひどくなると、肩で息をして、苦しくて横になれず、顔色が青白くなって汗が出てきます。このような状態になった場合は、すぐ救急医療に行きましょう。治療には環境も必要小児気管支喘息の治療には...

受診科小児科急性胃腸炎急性胃腸炎は、突然、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状がおきるものです。症状や対処急性胃腸炎は、ウィルスによるものが多く、サルモネラ菌やブドウ球菌による食中毒や、赤痢菌などの細菌感染も原因となります。子供は風邪や細菌感染で急性胃腸炎の症状を現しやすいものです。水分を補給し、消化の良い食べ物を与えるようにしながら薬を飲ませます。急性消化不良症急性消化不良症は、激しい下痢や...

受診科小児科ブドウ球菌感染症ブドウ球菌感染症は、可能菌であるブドウ球菌が体のいろいろなところに感染するものです。症状ブドウ球菌感染症で、よくおきるのが、とびひや扁桃炎で、重症となるものとしては、肺炎、膿胸、骨髄炎、敗血症、髄膜炎などです。新生児や幼児に重症になる場合が多く、未熟児や免疫力の弱い子供は、特に重症になりやすいのです。最近では、多耐性ブドウ球菌(MRSA)が問題となっています。溶連菌感染...

受診科小児科・皮膚科アトピー性皮膚炎アトピー性皮膚炎は、アレルギー疾患の一種で、増え続けています。はっきりした原因はわかっていませんが、ダニの繁殖などの住環境と栄養価の高い食生活への変化が増加に拍車をかけています。症状アトピー性皮膚炎は、皮膚が乾燥してフケのようなもので覆われます。痒みを伴うので、治りにくく、何年も悩まされ続けます。治療喘息や鼻炎などの合併症を起こすことが多いので、皮膚の清潔とスキ...

受診科小児科未熟児貧血体重2000グラム以下で出生した未熟児は、その後、数週間で多くが貧血となります。これは、身体の成長に造血作用が追いつかないことが原因です。治療未熟児貧血には、最近では赤血球増殖因子(エリスロポエチン)の注射が使われます。だいたい、数か月で貧血は治ってきますが、鉄欠乏性貧血をおこすこともありますので、その際は、鉄剤使用します。先天性再生不良性貧血先天性再生不良性貧血は、生まれつ...

受診科小児科特別な治療は必要ない風疹(三日はしか)風疹は、唾液による飛沫感染で、2〜3週間の潜伏期を経て発症します。3歳〜10歳くらいの小児に多い病気で、年齢が低いほど症状は軽く済みます。症状風疹にかかると、軽い発熱があり、鼻炎や頭痛、目の充血などと共にピンク色の発疹が全身に出てきます。発疹は、まず耳の後ろからで、やがて、顔や首、手足に出てきます。特に治療しなくても、数日で熱は下がり、発疹も消える...

受診科小児科ウィルス性胃腸炎ウィルス性胃腸炎は、ロタウィルスなどのウィルス感染による病気で乳幼児がよくかかります。症状ウィルス性胃腸炎が発症すると、まず嘔吐がおき、1日ほど続きます。そのあとは、水様の便の下痢が数日続きます。お粥などの消化がよい食物を与え、脱水症状にならないように水分や塩分の補給に気を付けてください。しょう紅熱しょう紅熱は、溶連菌が喉に感染して起きる病気で、3歳〜9歳くらいの子供が...

受診科小児科ジフテリアジフテリアは、ジフテリア菌による感染症で、よく幼児がかかる伝染病の一つです。伝染力が強く、命にかかわることが多いのですが、予防接種の普及で大事に至ることは少なくなりました。1週間の潜伏期間を経て発病します。症状ジフテリアは、感染部位で症状が異なるのが特徴です。喉なら高熱と共に扁桃やリンパ節が腫れて、ゼロゼロという咳がでて、呼吸が苦しくなり、心臓の筋肉に影響が出ると死亡すること...

受診科小児科破傷風破傷風は、土の中にいる破傷風菌による感染し、子供が不衛生な場所で泥遊びなどをして、身体に傷を受けた場合、感染し、4日〜20日の潜伏期間を経て発症します。症状破傷風の症状は、まず、口が開けにくくなって、全身の筋肉がけいれんします。悪化すれば、命にも及ぶことが多い病気で、治療には抗血清や抗菌薬が使用されます。三種混合ワクチンを接種すれば、発病しません。日本脳炎日本脳炎は蚊が媒介する日...

受診科小児科肥満子供の肥満は、解消しなければ、そのまま成人病の原因となることがあります。肥満の子供は、動脈硬化や高血圧が始まっているとも言われており、大人になってからの成人病のきっかけになるだけでなく、子供の段階で糖尿病、脂肪肝、高脂血症など様々な成人病のきっかけとなる可能性は十分にあります。症状子供の肥満の判定は、標準体重と比較することで出来ます。子供の肥満を判断する指数(肥満度)であり、それが...

受診科小児科ガンは大人だけが発病する病気ではなく、子供にもあります。子供と成人のガンと違うところは肉腫が多いことです。ですから、肉腫も含めて、小児の悪性腫瘍を小児がんといいます。小児がんでは、年齢によって発症しやすいガンがほぼ決まっています。小児がんは、発病すると、進行が早くて死亡することが多い病気です。小児がんの中では、血液のガンである白血病が特に多いのですが、治療の進歩で死亡率は減っています。...

受診科小児科・川崎病・血友病・心疾患胆道疾患・食堂閉鎖症脳性麻痺脳性麻痺は母体からの感染や酸素欠乏などで、胎児のときに障害が発生したり、お産のときに外傷や髄膜炎、未熟児、仮死などが原因で脳が障害されておきます。筋肉の硬さの異常と運動障害がおこるもので、新生児の0.1%くらいに発症すると言われています。症状と治療脳性麻痺の症状としては、首が座らなかったり、四肢の動きが悪かったり、成長によってするハイ...

受診科精神科愛情遮断症(愛情はく奪症候群)子供は、生後半年から6歳くらいまで、もっとも母親の愛情を必要とします。その時期に、母親の死亡や、愛情の欠落によって、愛情が与えられないと、性格的な障害が残ってしまいます。これを愛情遮断症もしくは愛情はく奪症候群と言われています。症状と治療愛情遮断症になると、感情が表に出ない子供になり、精神発達の遅れが出る場合もあります。癇癪(かんしゃく)を起こしたり、周囲...