アレルギー・免疫・膠原病の症状と治療法

MENU

アレルギー・免疫・膠原病

アレルギー・免疫・膠原病

 

人は一度、はしかにかかると、もう、はしかにはかかりません。
それは免疫ができるからです。
免疫の中心は白血球ですが、抗体が抗原の働きを失わせたり、細菌を破壊したり、
食べてしまったりと免疫反応は様々です。

 

アレルギー反応

この免疫反応が過剰になる場合があり、それがアレルギーです。
抗原が体内に入ってきて抗体と結びついたときに、身体に反応をおこします。
例えば、花粉症で、花粉が鼻から入ってきてクシャミが起きるものから
抗原と抗体が戦い、ショック死を起こす場合があります。

 

自己免疫反応

免疫機構が正常に反応するためには、識別を正確にしなければいけません。
免疫機構が正しく働いてこそ、自己に不都合な免疫反応を起こさなくなります。
このために、身体には免疫制御機構といわれるメカニズムが存在するのです。

 

何かの原因で、免疫制御機構に障害が起きると、身体は間違って異物と認識して抗体を作ります。

 

膠原病とは

免疫制御機構に異常が起きて自己免疫疾患となり、自分の組織に対して、
抗体がつくられてしまうのが膠原病です。
人間の骨や器官をつなぐ結合組織が膠原繊維(コラーゲン線維)というもので、
この膠原繊維が変質してフィプリノイド変性と呼ばれるものになるのが膠原病なのです。

 

膠原病は様々な組織や臓器に病気を発症させる

代表的な膠原病の病気として、慢性関節リウマチ、強皮症、結節性動脈炎、皮膚筋炎、リウマチ熱の疾患です。膠原病は臓器と関係ないのですが、結合組織の血管が炎症を起こすことで、膠原病は様々な組織や臓器に病気を発症させます。


スポンサーリンク

アレルギー・免疫・膠原病 記事一覧

受診科アレルギー科・内科・小児科人によっては特定の食物が体内に入ると、異物と認定されて、それに対する抗体がつくられます。次にその食物が次に入ってくると、過剰に身体が反応してしまうのです。原因抗原は様々なものがありますが、代表的なものには卵・マヨネーズ・牛乳やバターなどの乳製品や、大豆やそばなどがあります。トマト、きゅうり、りんごなどの野菜や果物の場合もあります。また、ヒスタミンのようなアレルギー誘...

受診科膠原病・リウマチ科・物療内科・アレルギー科・内科・整形外科膠原病の一種で、全身の関節に炎症がおきる病気です。原因体質や免疫異常、環境が、慢性関節リウマチの原因に関わっているということがわかってきました。この病気は女性の発症率が男性の3倍と高く、特に30歳以上の発症が多くなっています。症状関節を動かすと痛むので、普段の動きができなくなり、関節を押すと痛むこともあります。さらに炎症がひどくなると...

受診科膠原病・リウマチ科・物療内科・アレルギー科・内科・皮膚科原因原因がはっきりしないまま、皮膚あるいは内臓がだんだん線維化して硬くなっていきます。今のところ、免疫異常が関係していることがわかっています。症状一番多いのがレイノー現象で、指先が白から紫へ変わっていきます。皮膚が硬化してしまう現象は、指、顔、首、腹部などが腫れてきます。このむくみは、指で押してもへこまないほど硬いのです。症状が進むと、...

受診科膠原病・リウマチ科・物療内科・アレルギー科・内科原因ウィルスや免疫異常で起こると考えられており、筋肉に炎症がおきるのが多発性筋炎で、皮膚に炎症がおきるのが皮膚筋炎です。どちらも膠原病の一種です。症状筋肉の炎症は、骨格筋におこるので、筋肉の痛みや筋力の低下がおき、症状が悪化すると、歩行困難になります。喉や食道の筋肉に炎症がおきると、食物を飲み込みにくくなり、心臓に及ぶと息切れや不整脈が現れてき...

受診科膠原病・リウマチ科・内科原因白血病や先天性免疫不全症、免疫抑制法などを受けている人に、骨髄移植や輸血などをした結果、移植片対宿主病が発病する可能性が大きい病気です。骨髄移植の場合は移植した身体を異物として攻撃したり、輸血の場合は血液のリンパ球が、輸血を受けた身体を異物として破壊して、様々な臓器障害をおこすものです。また、免疫機能がなくなるので、ウィルスや細菌による感染症を併発する危険もありま...

受診科膠原病・リウマチ科・内科・小児科病原体や異物が体内に侵入して抗原となれば、身体には抗体ができて、抗原を攻撃して、病気にならないようにするのが免疫反応ですが、ある原因が発生して、抗体がうまく働かないと免疫反応がうまく行われません。これが免疫不全症候群といわれる病気です。免疫不全症候群は、原発性免疫不全症候群と、続発性免疫不全症候群の2つに分けられ、原発性免疫不全症候群は稀ですが、続発性免疫不全...