口腔・歯・あごの病気の症状と治療法

MENU

物を食べるという行為は上下顎・歯・舌の総合的な運動

口腔・歯・あごの病気

 

物を噛むという行為は、咀嚼(物を噛む)、嚥下(物を飲み込む)という工程に分けられます。

 

口の中の食べ物は顎の上下運動でかみ砕かれ、唾液と混ざり合って、消化しやすい状態になります。
この工程が不十分だと、消化器官に負担がかかることになります。
物を食べるという行為は、上下顎、歯、舌の総合的な運動によって行われるといってもよいでしょう。

 

音は口腔を伝って発生

声は、声帯を振動出せた音が口腔を伝って発生させられますが、
微妙な音は唇や舌によって作り出されます。
このため、唇や舌を怪我していると、言語が不明瞭になり、聞き取りづらくなります。

 

歯の役割

歯は、前歯なら物を噛みきり、奥歯なら物をすりつぶし、それぞれの用途に合った形状にします。虫歯の耐えられない痛みは、歯の損傷が象牙質まで達し、歯髄を刺激するためにおこります。

 

舌の役割

舌はおいしい、まずいを感じ取りますが、それ以上に、人体に有害なものかどうかを味覚によって見分けるのです。
味覚に異常があれば、それを受け付けず、身体に入る前に吐き出すことができます。
身体に入る前に、有害なものは未然に防ぐという意味で、味覚の果たす役割はとても重要です。


スポンサーリンク

口腔・歯・あごの病気 記事一覧

受診科耳鼻咽喉科・口腔外科原因咬み合わせが悪かったり、必要以上に強くかみしめて、顎に過度の負担をかけた場合におこる顎関節の機能障害です。症状物を噛んだり、口を大きく開けたりしたときに、両耳の穴の前方にある顎関節部に、関節がこすれるような異常な雑音を伴う痛みがあります。また、人によっては、顎関節部の異常だけでなく、頭痛、めまい、吐き気などの症状が出る場合があります。治療顎に負担がかかる硬い食べ物を避...

受診科耳鼻咽喉科・口腔外科原因口内炎が舌にまで及んだ場合におこるほか、ビタミンB12の欠乏が原因でおこるメラー・ハンター舌炎、鉄分の欠乏が原因でおこるプラマー・ビンソン症候群など、舌に出来た炎症を総括して舌炎といいます。症状舌の表面に赤い発疹ができ、舌が焼けるような感じあります。また、味覚障害を起こす場合もあります。治療口内炎が原因:口の中を清潔にして、抗生物質を投与します。メラーハンター舌炎が原...

受診科歯科原因虫歯は、歯の噛み合わせ部分や、歯と歯の間、歯と歯肉の境目など溜まった歯垢が作り出す酸によって、表面のエナメル質がとかされるために起こるものです。症状虫歯の進行状態によっても違いますが、エナメル質が溶け始めた初期の頃は、痛みはほとんどありませんが、エナメル質が溶けてできた穴が象牙質までいくと、甘いものや冷たいものを口に入れたとたん、しみて激しい痛みがあるものの、すぐに収まります。この頃...

受診科歯科原因歯肉炎は、歯と歯肉の境目である歯肉溝に、歯垢や歯石が溜まり、細菌が歯肉に入り込むためにおこります。症状歯肉が赤く腫れ、触ると激しい痛みがあり、歯そのものには異常はありません。硬いものを噛んだり、歯を磨いたときに出血し、口臭がある場合があります。長い間、放置すると、歯槽膿漏の原因になります。治療原因である歯垢や歯石を除去すれば治ります。歯垢は正しいブラッシングを行えば除去できますが、歯...

受診科歯科・口腔外科原因不正咬合とは、個々の歯の大きさや位置が悪かったり、上下歯列の不整合などにより、正常にものを咀嚼できない状態をいいます。原因は、異伝や生まれつき、顎の骨の発達が悪い、指しゃぶりや、幼児期に間違った咀嚼の問題など様々です。症状不正咬合といっても、様々な原因が関連するためいくつかのタイプがあります。上顎前突:上の歯が極端に前に突出している。叢生(そうせい):歯の生える位置や歯列に...