腎臓と尿路の病気の症状と治療法

MENU

腎臓と尿路の病気

腎臓と尿路の病気

 

腎臓の働きには、ビタミンDが役立つように活性化したり、血中のカルシウムを維持したりするという重要な働きの他に、体内の水分量の調節と電解質のバランスを保つことがあります。

 

水分量の調節

水分量の調節とは、身体に必要な水分を確保して余分な水分を排出することです。
そのため、腎臓は老廃物だけでなく、余分な水分を尿にして排出します。

 

電解質のバランスを保つ

電解質のバランスを保つために、栄養素や塩分、カリウム、カルシウムなどの物質が多すぎる場合には、尿で排出したり、逆に再吸収したりして、その量を一定になるように調節しているのです。

 

赤血球を生産するためにホルモンの分泌

また、腎臓は血圧の調整や赤血球を生産するためにホルモンを分泌します。
レニンというホルモンを分泌することにより、血圧を下げる作用をする物質を作り、
赤血球が少なくなると、ホルモンを分泌して骨髄に働きかけて増やすようにしています。

 

尿路働き

腎臓、尿管、膀胱、尿道というつながりは、尿が作られて排出するまでを受け持つ器官で、
これが尿路です。


スポンサーリンク

腎臓と尿路の病気 記事一覧

受診科腎臓内科・小児科原因大体は鼻炎や咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎といった上気道の感染が起きてから、1〜2週間ほどしておきてくるのが急性腎炎です。菌は、ほとんどが溶解性連鎖球菌ですが、まれにほかの細菌やウィルスなどの感染もあります。また、上気道の感染の以外にも皮膚感染症やしょう紅熱あるいは虫刺されなどが原因となる場合もあります。このような感染がきっかけとはなりますが、急性腎炎の直接の原因は菌に対する免疫...

受診科腎臓内科・小児科腎臓の糸球体は、ブドウ糖やアミノ酸はろ過しますが、たんぱく質はろ過しないものです。ところが、糸球体に障害が発生すると、ろ過しないはずのたんぱく質はどんどんろ過されて、糸球体からボーマン嚢、さらに尿細管へと流れていきます。このたんぱく質の量が多いために、尿細管では再吸収するのが間に合わなくなります。その結果、たんぱく質は尿へ溶け込んで、そのまま体外へ排出されることになります。健...

受診科腎臓内科・泌尿器科・小児科・産婦人科原因急性腎不全は色々な原因で急速に腎機能が低下するものです。尿の排出量が減ることで、体内の老廃物が排出されなくなり、電解質のバランスが崩れて、生命の維持に重大な障害がおきていきます。発症率こそ低い病気ですが、乏尿性の症状がある場合は、死亡率が高くなります。発症すれば数日で、重症になってしまうので、緊急に透析療法をしないと、生命に危険を及ぼす場合もあります。...

受診科腎臓内科・泌尿器科・小児科原因尿毒症は腎不全の最終段階で、腎機能が極端に低下して、排出されるはずの老廃物が体内に溜まり、様々な全身症状が出現するようになる病気ですが、症状とも言えます。放置すれば生命の危機に瀕します。症状乏尿や無尿、むくみの他に消化器、神経系、心臓系、視力、皮膚、骨などに、様々な症状が全身にわたって現れてきます。症状は1つだけ現れることもありますが、複数現れることもあります。...

受診科腎臓内科・泌尿器科・小児科・血管外科腎性高血圧は片方か両方の腎臓の病気が原因となっておきる高血圧で、その原因となる腎臓の病気の性質で、腎血管性高血圧と腎実質性高血圧の2つに分けられます。腎血管性高血圧原因腎血管性高血圧は、動脈硬化や動脈炎、または生まれつきに腎動脈が狭いか閉塞している腎動脈の病変でおき、若い人が多く発症します。症状頭痛、めまい、肩こりなど高血圧のような症状です。治療降圧剤など...

受診科内科・泌尿器科・小児科原因急性腎盂腎炎は、片方か両方の腎盂や腎実質に細菌が感染する病気です。細菌の感染する道として、血液やリンパ液が一般的ですが、ほとんどは膀胱から尿管へ逆流していく膀胱炎が原因となることが多いのです。女性の尿道は男性より短いので細菌に感染しやすいので、女性に多く発症します。症状膀胱炎の三大症状は、頻尿、排尿痛、残尿感で、もちろん、これらの症状もありますが、加えて、悪寒や高熱...

受診科泌尿器科原因腎結石のはっきりした原因は不明ですが、腎盂や腎杯にカルシウムやリン、尿酸などの結石(石)ができるものです。症状背中や腹に刺すような痛みから鈍痛があり、身体を動かすと更に痛み、血尿が出る場合もあります。尿管に結石が詰まると水腎症になります。治療結石が5ミリ以下と小さい場合は、自然に尿管を通って排出されることが多いので、大量に水を飲むことや点滴で、身体に水分を多量に摂取して、尿の量を...

受診科泌尿器科原因尿意というのは膀胱に尿が溜まったことを、神経が脳に伝えて、脳が排尿の指令を出します。神経因性膀胱は、神経が障害をおこすことで、一連の排尿機能に障害がおきることです。神経が障害を起こす原因は、脳腫瘍、脳血管障害、パーキンソン症候群、多発性硬化症などの、脳疾患や脊髄損傷、糖尿病などです。症状神経のどこに障害があるかで症状も違ってきますが、共通するのは排尿が困難になることです。治療原因...