免疫反応が起きる急性・慢性腎炎(糸球体腎炎)の症状と治療法

MENU

上気道の感染が起きる急性腎炎(急性糸球体腎炎)の症状

上気道の感染が起きる急性腎炎(急性糸球体腎炎)の症状

 

受診科

腎臓内科・小児科

 

原因

大体は鼻炎や咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎といった上気道の感染が起きてから、1〜2週間ほどしておきてくるのが急性腎炎です。菌は、ほとんどが溶解性連鎖球菌ですが、まれにほかの細菌やウィルスなどの感染もあります。

 

また、上気道の感染の以外にも皮膚感染症やしょう紅熱あるいは虫刺されなどが原因となる場合もあります。このような感染がきっかけとはなりますが、急性腎炎の直接の原因は菌に対する免疫反応です。

 

菌に感染すると、そのことで抗体がつくられ、免疫反応がおきて、免疫複合体という物質が作られます。それが糸球体に沈着して炎症をおこすのです。
大人より5歳〜15歳までの子供がかかりやすい病気です。

 

症状

感染症の症状の後、1〜2週間してから、血尿や、時には肉眼的血尿があって尿量が著しく減少します。そのため、水分が体内に溜まって顔や足にむくみが現れ、血圧が上昇します。
尿にたんぱくが出ることもありますが、比較的に治りやすい病気です。

 

治療

1〜2か月で自然に治る場合もありますが、治療は安静にすることと、食塩やたんぱく質の制限を中心とする食事療法をして、症状ごとに薬剤療法を施します。

 

原因は不明な慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)

原因

たんぱく尿や血尿が1年以上続くもので、しばしば高血圧を合併し、
腎臓の糸球体に、色々な程度の病変が発生します。

 

急性腎炎が治らずに、慢性腎炎に移行する場合もありますが、
はじめから、慢性腎炎の型で発症してくるのも多く、大部分で原因は不明です。

 

症状

自覚症状がない場合が多い病気で、検診などで偶然に見つかる場合が多いのです。
血尿や蛋白尿などの異常が現れたり、むくみが出たり、高血圧がみられたりします。
重症になった場合には、食欲不振、疲労感、動悸、吐き気などの症状が出ることもあります。

 

治療

早い時期に腎生検という検査で腎炎の型を決定することが大事です。
必要に応じて、副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤などの薬物療法がおこなわれます。
食塩を制限して、血圧を管理する食事療法が基本ですが、なるべく安静にしていることが大事です。


スポンサーリンク

関連ページ

ネフローゼ症候群
糸球体に障害をおこすネフローゼ症候群は、原因のわからない原発性と原因となる病気がわかっている続発性の2つに分けられます。ネフローゼ症候群は大人より子供に多く発症し、特に原発性のものは半数が小学校までの子供におきています。
急性・慢性腎不全
急性腎不全は色々な原因で急速に腎機能が低下するもので、生命の維持に重大な障害がおきていきます。慢性腎炎は、急性腎不全と比べると、数か月から数年〜数十年という長期間で腎機能が低下するもので、回復することはありません。
尿毒症・ループス腎炎・腎硬化症・腎梗塞の症状
腎不全の最終段階におきる尿毒症、全身性エリテマトーデスが原因で腎臓に炎症をおこすループス腎炎、腎臓の機能が低下する腎硬化症(高血圧性腎症)には良性と悪性があります。血管が閉塞して血液が流れなくなる腎梗塞の症状と治療法です。
腎性高血圧・腎静脈血栓症・遊走腎・馬蹄腎・腎膿疱・腎出血・水腎症の症状
他の腎臓の病気が原因となる腎性高血圧には腎血管性高血圧と腎実質性高血圧の2つに分けられます。腎静脈に血栓ができて閉塞する腎静脈血栓症、骨盤腔まで移動してしまう遊走腎、左右の腎臓が下部でつながってしまう馬蹄腎、尿細管で尿の流れが滞り膿疱ができる単純性腎膿疱、腎臓からの出血する特発性腎出血、腎実質が圧迫されて薄くなり腎機能が低下する水腎症の症状と治療法です。
腎盂腎炎・腎周囲炎・膀胱炎・尿道炎・尿道狭窄の症状
腎盂や腎実質に細菌が感染する腎盂腎炎、細菌感染の炎症が腎臓周囲や腎実績に影響を及ぼす腎周囲炎、膀胱に細菌が感染して炎症をおこす膀胱炎、尿道に細菌が感染して炎症をおこす尿道炎、尿道の内腔が狭くなる尿道狭窄の症状と治療法です。
腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石の症状
尿路結石は腎盂や腎杯にカルシウムやリン・尿酸などの結石ができるのが腎結石、その石が腎臓から落ちて尿管で留まると尿管結石、その結石が膀胱に降りてくると膀胱結石、さらに尿道に落ちてくると尿道結石といい、それぞれの症状と治療法です。
神経因性膀胱・神経性頻尿・尿失禁・膀胱尿管逆流の症状
神経が障害をおこし排尿機能に障害がおきる神経因性膀胱、通常の生活で頻繁に尿意がおきる神経性頻尿、神経の異常で意思に関係なく尿が漏れる尿失禁、尿が尿管や腎盂に逆流する膀胱尿管逆流の症状と治療法です。