神経因性膀胱・神経性頻尿・尿失禁・膀胱尿管逆流の症状

MENU

神経が障害をおこし排尿機能に障害がおきる神経因性膀胱

神経が障害をおこし排尿機能に障害がおきる神経因性膀胱

 

受診科

泌尿器科

 

原因

尿意というのは膀胱に尿が溜まったことを、神経が脳に伝えて、脳が排尿の指令を出します。
神経因性膀胱は、神経が障害をおこすことで、一連の排尿機能に障害がおきることです。

 

神経が障害を起こす原因は、脳腫瘍、脳血管障害、パーキンソン症候群、多発性硬化症などの、脳疾患や脊髄損傷、糖尿病などです。

 

症状

神経のどこに障害があるかで症状も違ってきますが、共通するのは排尿が困難になることです。

 

治療

原因となる病気の治療と共に、膀胱に排尿機能障害が起きている場合には、副交感神経刺激剤や副交感神経遮断剤、交感神経遮断剤を投与します。

 

通常の生活で頻繁に尿意がおきる神経性頻尿

原因

人間は競技のスタートなどの緊張場面では尿意を催したりします。
ところが緊張する場面ではない、通常の生活の中で頻繁に尿意がおきるのが神経性頻尿です。
ストレスが多い人や神経質の人がよく発症します。

 

症状

目が覚めている間は頻尿と残尿感があり、膀胱炎のような症状がおきます。

 

治療

精神安定剤を使用しますが、精神的な問題が解決しない場合は完治はしません。

 

神経の異常で意思に関係なく尿が漏れる尿失禁

原因

尿失禁は、膀胱や尿道を支配している神経に異常があり、意思に関係なく尿が漏れるものです。膀胱が萎縮していると少量の尿が漏れる場合もあります。
中高年の女性は尿道括約筋などの機能低下でおきますが、男女問わず老人には脳血管障害でもよく発症します。

 

症状

咳やくしゃみをした瞬間や、下腹部に力が入ったとき、意思と関係なく尿が漏れてしまう緊張性のものや、トイレに行くまでに我慢できずに漏らしてしまったり、尿意を感じないまま漏らす場合もあります。

 

治療

緊張性の場合は、排尿を途中で止める練習をします。
交感神経刺激剤や副交感神経遮断剤などの薬物療法もあります。

 

尿が尿管や腎盂に逆流する膀胱尿管逆流

原因

膀胱の尿は逆流を防止する機能があるので逆流はしませんが、膀胱尿管逆流になると、尿が尿管や腎盂に逆流してしまいます。

 

逆流防止の機構に先天的な欠陥がある場合や、膀胱壁に炎症を起こしている、神経因性膀胱、尿道狭窄などで、下部尿路に尿流障害が起きている場合にもおきます。

 

さらに、膀胱炎を起こしていると、尿で細菌が腎臓まで運ばれて腎盂腎炎をおこし、
膀胱炎を繰り返す子供などは、膀胱尿管逆流になる可能性が高くなります。

 

症状

頻尿、排尿痛、尿の濁りなどがありますが、腎盂腎炎を併発すると発熱や腰痛がおきます。

 

治療

自然に治らない場合には逆流防止手術をします。


スポンサーリンク

関連ページ

急性・慢性腎炎の症状
大体は鼻炎や咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎といった上気道の感染後、1〜2週間ほどしておきてくるのが急性腎炎です。慢性腎炎は急性腎炎が治らずに移行する場合もありますが、はじめから慢性腎炎で発症してくるのも多く大部分、原因は不明です。
ネフローゼ症候群
糸球体に障害をおこすネフローゼ症候群は、原因のわからない原発性と原因となる病気がわかっている続発性の2つに分けられます。ネフローゼ症候群は大人より子供に多く発症し、特に原発性のものは半数が小学校までの子供におきています。
急性・慢性腎不全
急性腎不全は色々な原因で急速に腎機能が低下するもので、生命の維持に重大な障害がおきていきます。慢性腎炎は、急性腎不全と比べると、数か月から数年〜数十年という長期間で腎機能が低下するもので、回復することはありません。
尿毒症・ループス腎炎・腎硬化症・腎梗塞の症状
腎不全の最終段階におきる尿毒症、全身性エリテマトーデスが原因で腎臓に炎症をおこすループス腎炎、腎臓の機能が低下する腎硬化症(高血圧性腎症)には良性と悪性があります。血管が閉塞して血液が流れなくなる腎梗塞の症状と治療法です。
腎性高血圧・腎静脈血栓症・遊走腎・馬蹄腎・腎膿疱・腎出血・水腎症の症状
他の腎臓の病気が原因となる腎性高血圧には腎血管性高血圧と腎実質性高血圧の2つに分けられます。腎静脈に血栓ができて閉塞する腎静脈血栓症、骨盤腔まで移動してしまう遊走腎、左右の腎臓が下部でつながってしまう馬蹄腎、尿細管で尿の流れが滞り膿疱ができる単純性腎膿疱、腎臓からの出血する特発性腎出血、腎実質が圧迫されて薄くなり腎機能が低下する水腎症の症状と治療法です。
腎盂腎炎・腎周囲炎・膀胱炎・尿道炎・尿道狭窄の症状
腎盂や腎実質に細菌が感染する腎盂腎炎、細菌感染の炎症が腎臓周囲や腎実績に影響を及ぼす腎周囲炎、膀胱に細菌が感染して炎症をおこす膀胱炎、尿道に細菌が感染して炎症をおこす尿道炎、尿道の内腔が狭くなる尿道狭窄の症状と治療法です。
腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石の症状
尿路結石は腎盂や腎杯にカルシウムやリン・尿酸などの結石ができるのが腎結石、その石が腎臓から落ちて尿管で留まると尿管結石、その結石が膀胱に降りてくると膀胱結石、さらに尿道に落ちてくると尿道結石といい、それぞれの症状と治療法です。