腎臓に重大な障害がおきる急性・慢性腎不全の症状と治療法

MENU

急速に腎機能が低下する急性腎不全

急速に腎機能が低下する急性腎不全

 

受診科

腎臓内科・泌尿器科・小児科・産婦人科

 

原因

急性腎不全は色々な原因で急速に腎機能が低下するものです。
尿の排出量が減ることで、体内の老廃物が排出されなくなり、電解質のバランスが崩れて、
生命の維持に重大な障害がおきていきます。

 

発症率こそ低い病気ですが、乏尿性の症状がある場合は、死亡率が高くなります。
発症すれば数日で、重症になってしまうので、緊急に透析療法をしないと、
生命に危険を及ぼす場合もあります。

 

慢性腎不全と違って、治療によって半数は治ることがあります。
この急性腎不全には原因によって、次の3つに大きく分けられます。

 

腎前性腎不全

熱射病や大出血、激しい下痢あるいは心不全、肝硬変などによって、腎臓への送られる血液が少なくなります。このことで、腎臓の機能が低下するものです。

 

腎性急性腎不全

重症な糸球体腎炎や薬物、造影剤、毒物などにより、
広範囲に尿細管が破壊されてしまった場合に、腎性急性腎不全が見られます。
原因となる薬剤としては抗生物質、非ステロイド系抗炎症剤(痛み止め)などが有名です。
パラコートの農薬でもおきます。

 

腎後性急性腎不全

外傷や結石あるいは前立腺肥大、腫瘍などが原因で、尿管や膀胱などが圧迫されて閉塞し、
腎臓からの尿が通れなくなるためおこります。

 

症状

乏尿、あるいは無尿になって、むくみがおき、最初は全身倦怠感や食欲不振などから始まります。
さらに進行すれば、高血圧、動悸、息切れ、呼吸困難、意識の低下、けいれん、血圧降下などの重い症状がおきてきます。
乏尿が回復してくると、今度は逆に多尿になり、皮膚が乾くなどの脱水症状がおきます。

 

治療

保存的療法としは、たんぱく質や食塩を減らす食事療法や血圧管理を行い、
回復しない場合は、透析療法を行います。

 

長期間で腎機能が低下する慢性腎不全

原因

慢性腎炎や糖尿病性腎症などの病気がもとでおきることが多いものです。
急性腎不全と比べると、数か月から数年あるいは数十年という長期間で
腎機能が低下するもので、回復することはありません。

 

症状

機能が正常の2割以下くらいになると自覚症状が出ます。
老廃物の血中濃度が高くなり、初めは倦怠感や無力感、頭痛、吐き気、嘔吐が起きますが、
病状が進行してくると痙攣や昏睡に陥り、危険な状態になります。

 

症状の進行は、腎機能の低下の程度によって、自覚症状がない段階から、多尿や頻尿、
むくみがおきて乏尿から尿毒症がおくるまで様々です。

 

治療

タンパク質や食塩を制限する食事療法をして、降圧剤や利尿剤などの薬剤を使用します。
しかし、病状が進行すれば、透析療法を行います。


スポンサーリンク

関連ページ

急性・慢性腎炎の症状
大体は鼻炎や咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎といった上気道の感染後、1〜2週間ほどしておきてくるのが急性腎炎です。慢性腎炎は急性腎炎が治らずに移行する場合もありますが、はじめから慢性腎炎で発症してくるのも多く大部分、原因は不明です。
ネフローゼ症候群
糸球体に障害をおこすネフローゼ症候群は、原因のわからない原発性と原因となる病気がわかっている続発性の2つに分けられます。ネフローゼ症候群は大人より子供に多く発症し、特に原発性のものは半数が小学校までの子供におきています。
尿毒症・ループス腎炎・腎硬化症・腎梗塞の症状
腎不全の最終段階におきる尿毒症、全身性エリテマトーデスが原因で腎臓に炎症をおこすループス腎炎、腎臓の機能が低下する腎硬化症(高血圧性腎症)には良性と悪性があります。血管が閉塞して血液が流れなくなる腎梗塞の症状と治療法です。
腎性高血圧・腎静脈血栓症・遊走腎・馬蹄腎・腎膿疱・腎出血・水腎症の症状
他の腎臓の病気が原因となる腎性高血圧には腎血管性高血圧と腎実質性高血圧の2つに分けられます。腎静脈に血栓ができて閉塞する腎静脈血栓症、骨盤腔まで移動してしまう遊走腎、左右の腎臓が下部でつながってしまう馬蹄腎、尿細管で尿の流れが滞り膿疱ができる単純性腎膿疱、腎臓からの出血する特発性腎出血、腎実質が圧迫されて薄くなり腎機能が低下する水腎症の症状と治療法です。
腎盂腎炎・腎周囲炎・膀胱炎・尿道炎・尿道狭窄の症状
腎盂や腎実質に細菌が感染する腎盂腎炎、細菌感染の炎症が腎臓周囲や腎実績に影響を及ぼす腎周囲炎、膀胱に細菌が感染して炎症をおこす膀胱炎、尿道に細菌が感染して炎症をおこす尿道炎、尿道の内腔が狭くなる尿道狭窄の症状と治療法です。
腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石の症状
尿路結石は腎盂や腎杯にカルシウムやリン・尿酸などの結石ができるのが腎結石、その石が腎臓から落ちて尿管で留まると尿管結石、その結石が膀胱に降りてくると膀胱結石、さらに尿道に落ちてくると尿道結石といい、それぞれの症状と治療法です。
神経因性膀胱・神経性頻尿・尿失禁・膀胱尿管逆流の症状
神経が障害をおこし排尿機能に障害がおきる神経因性膀胱、通常の生活で頻繁に尿意がおきる神経性頻尿、神経の異常で意思に関係なく尿が漏れる尿失禁、尿が尿管や腎盂に逆流する膀胱尿管逆流の症状と治療法です。