腎性高血圧・腎静脈血栓症・遊走腎・馬蹄腎・腎膿疱・腎出血・水腎症

MENU

他の腎臓の病気が原因となる腎性高血圧

他の腎臓の病気が原因となる腎性高血圧

 

受診科

腎臓内科・泌尿器科・小児科・血管外科

 

腎性高血圧は片方か両方の腎臓の病気が原因となっておきる高血圧で、
その原因となる腎臓の病気の性質で、腎血管性高血圧と腎実質性高血圧の2つに分けられます。

 

腎血管性高血圧

原因

腎血管性高血圧は、動脈硬化や動脈炎、または生まれつきに腎動脈が狭いか閉塞している腎動脈の病変でおき、若い人が多く発症します。

 

症状

頭痛、めまい、肩こりなど高血圧のような症状です。

 

治療

降圧剤などの薬物のほか、血流を回復するための外科的な手術をします。

 

腎実質性高血圧

原因

腎実質性高血圧は、腎臓内の糸球体と尿細管のすべて含めた腎実質で、糸球体腎炎、慢性腎盂腎炎、水腎症、腎硬化症などの病気が原因で高血圧になります。

 

症状

頭痛、めまい、肩こりなど高血圧のような症状です。

 

治療

原因となっている病気の治療と共に降圧剤の投与をします。

 

腎静脈に血栓ができて閉塞する腎静脈血栓症

原因

腎静脈血栓症は、片方か両方の腎静脈に血栓ができて閉塞してしまうものです。
小児が発症した場合は先天的なもので、成人になって発症するとネフローゼ症候群や血液疾患などが原因となります。

 

症状

発症時には、腰痛、発熱、血尿、蛋白尿、乏尿、無尿などがあり、重病の場合は腎不全となります。

 

治療

抗擬血薬などの薬物を使いますが、場合によっては手術で血栓を除去することも行います。

 

骨盤腔まで移動してしまう遊走腎

原因

腎動はしっかり支えられていないので、立つと5センチほど下に移動します。
それ以上に大きく下降して骨盤腔まで移動するのが遊走腎です。

 

尿管が曲がったり腎動静脈が伸びてしまって、尿流通過障害や腎盂腎炎などの原因となります。痩せている10歳代〜40歳の女性に発症しやすい病気です。

 

症状

自覚症状がない場合もあり、症状が現れるのは、長時間立ちっぱなしのときに、
腹部痛、腰痛、腰のだるさ、吐き気、胃痛、食欲不振、血尿、蛋白尿などが現れます。

 

治療

腹筋や背筋を強化する運動が必要で、腹帯で腎臓を固定したりもしますが、
症状によっては腎臓を固定する手術をします。

 

左右の腎臓が下部でつながってしまう馬蹄腎(馬蹄鉄腎)

原因

馬蹄腎は、左右の腎臓が下部でつながって1個の馬蹄のような形になってしまうもので、胎児のときに起きやすい病気です。

 

症状

自覚症状がない場合もありますが、症状がある場合は、尿流通過障害や腰痛があり、
その後、水腎症や尿路結石がおきることもあります。

 

治療

自覚症状や合併症がなければ治療の必要はありませんが、何回も尿路結石や細菌感染を繰り返す場合は手術をします。

 

尿細管で尿の流れが滞り膿疱ができる単純性腎膿疱

原因

単純性腎膿疱は、胎児のときに腎臓に障害がおきて、尿細管の尿の流れが滞ることで膿疱ができる病気です。

 

症状

ほとんどの場合は、自覚症状はありませんが、まれに腰痛や、大きくなった腎臓が胃などの臓器を圧迫するため、吐き気や嘔吐などがおきることがあります。

 

治療

腎臓が周囲の臓器を圧迫したり、ガンなどを合併しているなら手術をします。

 

腎臓からの出血する特発性腎出血

原因

特発性腎出血は、腎臓からの出血で原因が不明なものです。

 

症状

急に血尿がでて何日も何か月も続くものですが、他には症状はありません。

 

治療

止血剤、抗アレルギー剤、抗炎症剤、抗プラスミン剤などの薬を使用します。

 

腎実質が圧迫されて薄くなり腎機能が低下する水腎症

原因

尿路が圧迫、閉そくして尿の流れが停滞すると、腎盂や腎杯などの部分に尿が溜まり膨張します。この膨張によって腎実質が圧迫されて薄くなり腎機能が低下するのが水腎症です。

 

障害が起きる原因となる病気は様々あり、子供の頃は腎臓や尿管の先天的な形態異常、
中高年の場合は、尿路結石や膀胱がん、さらに男性では前立腺肥大や前立腺癌、
女性では子宮筋腫や子宮がんなどの病気が原因となります。

 

症状

子供の場合は腹部が膨張し、大人の場合は腎臓の付近が激しく痛みます。
他の臓器を圧迫するようになると嘔吐などがおき、腎機能低下を示すこともあります。

 

治療

病気の種類により治療法は異なり、手術やカテーテルによる治療を行いますが、機能回復が困難の場合には腎臓の摘出します。


スポンサーリンク

関連ページ

急性・慢性腎炎の症状
大体は鼻炎や咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎といった上気道の感染後、1〜2週間ほどしておきてくるのが急性腎炎です。慢性腎炎は急性腎炎が治らずに移行する場合もありますが、はじめから慢性腎炎で発症してくるのも多く大部分、原因は不明です。
ネフローゼ症候群
糸球体に障害をおこすネフローゼ症候群は、原因のわからない原発性と原因となる病気がわかっている続発性の2つに分けられます。ネフローゼ症候群は大人より子供に多く発症し、特に原発性のものは半数が小学校までの子供におきています。
急性・慢性腎不全
急性腎不全は色々な原因で急速に腎機能が低下するもので、生命の維持に重大な障害がおきていきます。慢性腎炎は、急性腎不全と比べると、数か月から数年〜数十年という長期間で腎機能が低下するもので、回復することはありません。
尿毒症・ループス腎炎・腎硬化症・腎梗塞の症状
腎不全の最終段階におきる尿毒症、全身性エリテマトーデスが原因で腎臓に炎症をおこすループス腎炎、腎臓の機能が低下する腎硬化症(高血圧性腎症)には良性と悪性があります。血管が閉塞して血液が流れなくなる腎梗塞の症状と治療法です。
腎盂腎炎・腎周囲炎・膀胱炎・尿道炎・尿道狭窄の症状
腎盂や腎実質に細菌が感染する腎盂腎炎、細菌感染の炎症が腎臓周囲や腎実績に影響を及ぼす腎周囲炎、膀胱に細菌が感染して炎症をおこす膀胱炎、尿道に細菌が感染して炎症をおこす尿道炎、尿道の内腔が狭くなる尿道狭窄の症状と治療法です。
腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石の症状
尿路結石は腎盂や腎杯にカルシウムやリン・尿酸などの結石ができるのが腎結石、その石が腎臓から落ちて尿管で留まると尿管結石、その結石が膀胱に降りてくると膀胱結石、さらに尿道に落ちてくると尿道結石といい、それぞれの症状と治療法です。
神経因性膀胱・神経性頻尿・尿失禁・膀胱尿管逆流の症状
神経が障害をおこし排尿機能に障害がおきる神経因性膀胱、通常の生活で頻繁に尿意がおきる神経性頻尿、神経の異常で意思に関係なく尿が漏れる尿失禁、尿が尿管や腎盂に逆流する膀胱尿管逆流の症状と治療法です。