腎盂腎炎・腎周囲炎・膀胱炎・尿道炎・尿道狭窄の症状

MENU

腎盂や腎実質に細菌が感染する腎盂腎炎

腎盂や腎実質に細菌が感染する腎盂腎炎

 

受診科

内科・泌尿器科・小児科

 

原因

急性腎盂腎炎は、片方か両方の腎盂や腎実質に細菌が感染する病気です。
細菌の感染する道として、血液やリンパ液が一般的ですが、ほとんどは膀胱から尿管へ逆流していく膀胱炎が原因となることが多いのです。

 

女性の尿道は男性より短いので細菌に感染しやすいので、女性に多く発症します。

 

症状

膀胱炎の三大症状は、頻尿、排尿痛、残尿感で、もちろん、これらの症状もありますが、
加えて、悪寒や高熱があり、腰痛を伴ってきます。
腰を叩くと痛みがあり、尿に膿が混じることもあります。

 

治療

安静にして水分を十分に補給し、排尿をし、抗生物質を投与します。

 

急性の腎盂腎炎に何度もかかると慢性化する慢性腎盂腎炎

原因

慢性腎盂腎炎は、急性の腎盂腎炎に何度もかかると、治りにくくなり慢性化します。
腎臓や尿路系に奇形があったり、糖尿病を合併したりしていると、慢性化の原因になりやすくなります。

 

腎機能障害がおきて、腎盂や腎杯の萎縮や変形を生じ、十数年かかって腎臓は萎縮してしまい、最終的には腎不全になってしまいます。

 

症状

ゆっくり進行している場合には自覚症状はありませんが、あっても疲労感や食欲不振位です。
短期間に進行するものは、悪寒、発熱、腰痛、尿の濁り、高血圧が現れます。

 

治療

長期にわたって抗生物質の薬剤療法をしますが、症状に応じて種類や量などを選択調節します。尿の流通障害があれば手術をしますが、腎不全となった場合には、透析療法を行います。

 

細菌感染の炎症が腎臓周囲や腎実績に影響を及ぼす腎周囲炎

原因

腎周囲炎は、腎盂腎炎などの細菌感染の炎症が、腎臓周囲や腎実績に影響を及ぼすものです。
身体のどこかが化膿していて、その化膿部分から膿が血液で腎臓に運ばれて炎症を起こす場合は、腎臓の膜と周囲組織の間で炎症がおこって膿が溜まりますが、これは腎周囲膿症とう病気です。

 

症状

発熱や腰痛、腎臓付近に強い痛みがおきます。

 

治療

抗生物質を投与し、膿が溜まっている場合は、針を刺して膿をだすか、切開して取り除きます。

 

膀胱に細菌が感染して炎症をおこす膀胱炎

原因

膀胱炎は、膀胱に細菌が感染して炎症がおきる病気で、10歳代〜40歳代の女性に多く発症します。女性は尿道が短い上に、尿道に細菌が入りやすいのです。

 

特に、過労や風邪、妊娠など抵抗力が落ちている場合に、細菌に感染して膀胱炎になります。
また、排尿を我慢しなければならない仕事に従事していると、発症する場合もあります。

 

症状

急に頻尿、排尿痛、残尿感をおこし、尿の濁りや血尿をおこします。

 

治療

十分な水分の補給と排尿を我慢しないことです。
細菌に有効な抗生物質を投与すると、2〜3週間で完治します。

 

尿道に細菌が感染して炎症をおこす尿道炎

原因

尿道炎は、尿道に細菌が感染して炎症をおこすほか、アレルギーや尿道内への異物侵入でも発病します。

 

症状

尿道から黄色い分泌物がでたり、排尿痛や頻尿、残尿感があります。

 

治療

菌の感染が原因であれば、有効な抗生物質を投与し治療しますが、
それ以外の原因に関しては、それにふさわしい治療をします。
飲酒などの原因の場合は完治するまで控えます。

 

尿道の内腔が狭くなる尿道狭窄

原因

尿道狭窄は、先天性のものや尿道炎や尿道外傷などの後遺症で、尿道の内腔が狭くなるものです。放置すると、残尿や水腎症、腎機能の低下に進行する場合があり、尿道が長い男性が女性より発病率が高い病気です。

 

症状

排尿が困難になり、尿に勢いがなくなり、進行すると、尿が出なくなったり濁ったりします。

 

治療

症状が軽い場合には、尿道に管をいれて広げれば回復しますが、重症の場合には、手術で切開します。


スポンサーリンク

関連ページ

急性・慢性腎炎の症状
大体は鼻炎や咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎といった上気道の感染後、1〜2週間ほどしておきてくるのが急性腎炎です。慢性腎炎は急性腎炎が治らずに移行する場合もありますが、はじめから慢性腎炎で発症してくるのも多く大部分、原因は不明です。
ネフローゼ症候群
糸球体に障害をおこすネフローゼ症候群は、原因のわからない原発性と原因となる病気がわかっている続発性の2つに分けられます。ネフローゼ症候群は大人より子供に多く発症し、特に原発性のものは半数が小学校までの子供におきています。
急性・慢性腎不全
急性腎不全は色々な原因で急速に腎機能が低下するもので、生命の維持に重大な障害がおきていきます。慢性腎炎は、急性腎不全と比べると、数か月から数年〜数十年という長期間で腎機能が低下するもので、回復することはありません。
尿毒症・ループス腎炎・腎硬化症・腎梗塞の症状
腎不全の最終段階におきる尿毒症、全身性エリテマトーデスが原因で腎臓に炎症をおこすループス腎炎、腎臓の機能が低下する腎硬化症(高血圧性腎症)には良性と悪性があります。血管が閉塞して血液が流れなくなる腎梗塞の症状と治療法です。
腎性高血圧・腎静脈血栓症・遊走腎・馬蹄腎・腎膿疱・腎出血・水腎症の症状
他の腎臓の病気が原因となる腎性高血圧には腎血管性高血圧と腎実質性高血圧の2つに分けられます。腎静脈に血栓ができて閉塞する腎静脈血栓症、骨盤腔まで移動してしまう遊走腎、左右の腎臓が下部でつながってしまう馬蹄腎、尿細管で尿の流れが滞り膿疱ができる単純性腎膿疱、腎臓からの出血する特発性腎出血、腎実質が圧迫されて薄くなり腎機能が低下する水腎症の症状と治療法です。
腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石の症状
尿路結石は腎盂や腎杯にカルシウムやリン・尿酸などの結石ができるのが腎結石、その石が腎臓から落ちて尿管で留まると尿管結石、その結石が膀胱に降りてくると膀胱結石、さらに尿道に落ちてくると尿道結石といい、それぞれの症状と治療法です。
神経因性膀胱・神経性頻尿・尿失禁・膀胱尿管逆流の症状
神経が障害をおこし排尿機能に障害がおきる神経因性膀胱、通常の生活で頻繁に尿意がおきる神経性頻尿、神経の異常で意思に関係なく尿が漏れる尿失禁、尿が尿管や腎盂に逆流する膀胱尿管逆流の症状と治療法です。