尿毒症・ループス腎炎・腎硬化症・腎梗塞の症状

MENU

腎不全の最終段階の尿毒症

腎不全の最終段階の尿毒症

 

受診科

腎臓内科・泌尿器科・小児科

 

原因

尿毒症は腎不全の最終段階で、腎機能が極端に低下して、排出されるはずの老廃物が体内に溜まり、様々な全身症状が出現するようになる病気ですが、症状とも言えます。放置すれば生命の危機に瀕します。

 

症状

乏尿や無尿、むくみの他に消化器、神経系、心臓系、視力、皮膚、骨などに、様々な症状が全身にわたって現れてきます。症状は1つだけ現れることもありますが、複数現れることもあります。

 

症状は急速に進行して悪化しますから、様子をみている余裕はありません。

 

治療

早急に入院が必要で、安静にしてタンパク質や食塩を控える食事療法と、
同時に透析療法の開始が必要です。

 

全身性エリテマトーデスが原因で腎臓に炎症をおこすループス腎炎

原因

自己免疫疾患で全身に炎症を起こすのが全身性エリテマトーデスという病気です。
全身性エリテマトーデスで出来る抗原抗体の複合物が腎臓の糸球体に付着して、
炎症をおこすのがループス腎炎です。
全身性エリテマトーデスを発病している人の約90%の人がループス腎炎にかかります。

 

症状

全身性エリテマトーデスの症状と共に、蛋白尿、血尿やむくみが現れます。
症状がひどい場合は、ネフローゼ症候群を示すこともあり、腎機能が低下する場合もあります。

 

治療

副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤を使用する薬物療法をしますが、
腎不全まで進行すると透析療法を行います。

 

腎臓の機能が低下する腎硬化症(高血圧性腎症)

 

腎硬化症は、高血圧が原因となって、腎臓の小さな動脈に動脈硬化がおきて、
腎臓の機能が徐々に低下するものです。

 

高血圧には原因不明の本態性高血圧症と、他の病気が原因の続発性高血圧症がありますが、腎硬化症は、どちらの高血圧症も原因となるものの、本態性高血圧症が原因の8割も占めています。

 

高血圧は動脈硬化の始まりと言われているので、腎硬化症も高血圧になってから、徐々に進行し始めると考えられます。腎硬化症は良性腎硬化症と悪性腎硬化症に分けられますが、多くは良性腎硬化症です。

 

良性腎硬化症

原因

高血圧に伴う動脈硬化が十数年にわたって進行していき、腎臓への血液量が減少することで、
おきるものです。中年以上の人や特に老年になってからおこりやすいのです。

 

症状

自覚症状がないものもありますが、通常は肩こりや頭痛、めまい、動悸などの高血圧と似たような症状がありますし、軽い蛋白尿もでます。ゆっくりと進行した場合は腎臓機能が次第に低下していきます。

 

治療

最初に高血圧症の治療が基本となり、そのための食事療法や薬物療法をしますが、
腎臓機能低下が進行した場合には透析療法が必要です。

 

悪性腎硬化症

原因

腎動脈の著しい硬化や動脈の炎症が原因で高血圧を示し、
腎臓は阻血状態になり、急速に腎臓機能が低下します。

 

症状

最低血圧が120以上になるなど、血圧はかなり高くなります。
尿たんぱくは多く血尿もありますし、眼底出血などを合併して失明することもあります。
腎機能低下がひどく、急性腎不全を起こしていることも、よくあります。
重症だと意識障害や痙攣などを起こします。

 

治療

できる限り薬剤や食事療法で降圧を試みますが、抵抗性を示した場合は腎不全となり透析療法が必要になります。

 

血管が閉塞して血液が流れなくなる腎梗塞

原因

腎梗塞は、片方が両方の腎動脈の内腔に血栓につまって、血管が閉塞して、血液が流れなくなるものです。太い動脈が完全に閉塞すると、腎臓が壊死(梗塞)してから萎縮していき、2か月ほどで機能が停止して回復しないようになります。

 

心臓弁膜症や動脈硬化で発生する血栓が原因になることが多いのですが、
閉塞性動脈炎や強皮症や外傷などで腎動脈が閉塞することもあります。

 

症状

軽い場合は自覚症状がなく、症状が出るときは、激しい腹痛と共に、悪寒、嘔吐、発熱、血圧上昇がおきますし、乏尿や無尿などの急性腎不全の症状が出ることもあります。

 

治療

すぐに入院することが必要になり、軽い血尿が出るくらいの症状なら安静にして、
抗血液凝固剤や血栓溶解剤を使用します。
高血圧が続き、梗塞が片方だけに発生している場合は手術で腎臓を摘出することもあります。


スポンサーリンク

関連ページ

急性・慢性腎炎の症状
大体は鼻炎や咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎といった上気道の感染後、1〜2週間ほどしておきてくるのが急性腎炎です。慢性腎炎は急性腎炎が治らずに移行する場合もありますが、はじめから慢性腎炎で発症してくるのも多く大部分、原因は不明です。
ネフローゼ症候群
糸球体に障害をおこすネフローゼ症候群は、原因のわからない原発性と原因となる病気がわかっている続発性の2つに分けられます。ネフローゼ症候群は大人より子供に多く発症し、特に原発性のものは半数が小学校までの子供におきています。
急性・慢性腎不全
急性腎不全は色々な原因で急速に腎機能が低下するもので、生命の維持に重大な障害がおきていきます。慢性腎炎は、急性腎不全と比べると、数か月から数年〜数十年という長期間で腎機能が低下するもので、回復することはありません。
腎性高血圧・腎静脈血栓症・遊走腎・馬蹄腎・腎膿疱・腎出血・水腎症の症状
他の腎臓の病気が原因となる腎性高血圧には腎血管性高血圧と腎実質性高血圧の2つに分けられます。腎静脈に血栓ができて閉塞する腎静脈血栓症、骨盤腔まで移動してしまう遊走腎、左右の腎臓が下部でつながってしまう馬蹄腎、尿細管で尿の流れが滞り膿疱ができる単純性腎膿疱、腎臓からの出血する特発性腎出血、腎実質が圧迫されて薄くなり腎機能が低下する水腎症の症状と治療法です。
腎盂腎炎・腎周囲炎・膀胱炎・尿道炎・尿道狭窄の症状
腎盂や腎実質に細菌が感染する腎盂腎炎、細菌感染の炎症が腎臓周囲や腎実績に影響を及ぼす腎周囲炎、膀胱に細菌が感染して炎症をおこす膀胱炎、尿道に細菌が感染して炎症をおこす尿道炎、尿道の内腔が狭くなる尿道狭窄の症状と治療法です。
腎結石・尿管結石・膀胱結石・尿道結石の症状
尿路結石は腎盂や腎杯にカルシウムやリン・尿酸などの結石ができるのが腎結石、その石が腎臓から落ちて尿管で留まると尿管結石、その結石が膀胱に降りてくると膀胱結石、さらに尿道に落ちてくると尿道結石といい、それぞれの症状と治療法です。
神経因性膀胱・神経性頻尿・尿失禁・膀胱尿管逆流の症状
神経が障害をおこし排尿機能に障害がおきる神経因性膀胱、通常の生活で頻繁に尿意がおきる神経性頻尿、神経の異常で意思に関係なく尿が漏れる尿失禁、尿が尿管や腎盂に逆流する膀胱尿管逆流の症状と治療法です。