鼻水・鼻づまり・くしゃみ・頭痛が伴う病気-症状別

MENU

鼻の働き

鼻の働き

 

鼻は肺に取り込む外気の入り口です。
鼻毛や鼻腔粘膜によって外気に含まれる埃や塵を除く役割があります。
また、鼻甲介の粘膜には気管支・肺へ送る空気を温めたり冷やしたりする役割もあるのです。

 

鼻は音声と深い関わりがある

鼻全体には声の性質と深い関係があり、発声するとき咽頭・口腔・鼻腔が共鳴して、
人の独特の声を作り出します。
風邪などひいた時に鼻声となるのは、鼻腔粘膜が腫れて共鳴の仕方が変化するためです。

 

匂いを感知する嗅毛

鼻上部にある嗅粘膜にある嗅毛は、匂いを感知して大脳の嗅覚中枢に送られ匂いとして感知します。


スポンサーリンク

鼻水・鼻づまり・くしゃみ・頭痛が伴う 記事一覧

風邪は、そのほとんどがウィルスや細菌などの感染によるものです。誰もがよくかかる病気であり、一人の人が年間に平均して5〜6回はかかると言われています。季節の変わり目などに、よく風邪症候群になります。受診科内科・呼吸器内科原因ほとんどはウィルス感染で、中でもライノウィルスが最も多くなっています。数種類のウィルスが重複している場合もあります。症状最初に、鼻粘膜の炎症の症状が現れます。鼻粘膜の違和感からく...

風邪との違いがわかりづらいインフルエンザは、テレビなどのニュースで報道されたり、病院に行って初めてインフルエンザと言われて気づく人も多いのです。インフルエンザもくしゃみや鼻水・のどの痛み、咳や発熱など普通感冒と共通点が多いので通常の風邪と一緒に風邪症候群と言われています。受診科呼吸器内科・小児科原因インフルエンザは約200種類もある風邪のウィルスの1種であるインフルエンザウィルスの感染で起こります...

受診科耳鼻咽喉科原因細菌やウィルス感染のほかに、化学薬品やほこり、乾燥した空気などに鼻腔粘膜が刺激されることでも起こります。鼻炎を起こしやすい体質というのがあり、このような人がかかりやすい病気です。症状鼻の内部に乾燥した感じや刺激を覚えたのち、くしゃみ・鼻水・鼻詰まりなどの症状があります。また、同時に微熱を伴うことがあります。鼻水が大量に出ることから、鼻かぜとも言われます。風邪の時と同様に、最初は...

受診科耳鼻咽喉科原因鼻腔の周囲にある副鼻腔に炎症がおこるもので、主に風邪などで引き起こします。鼻腔の炎症が副鼻腔に波及するほか、他の感染症や外傷、虫歯による細菌感染からもおきることがあります。症状鼻水・鼻づまりなど急性鼻炎と類似の症状をおこし、炎症部分に痛みを起こします。症状が激しい場合には、頭痛や発熱を伴います。治療副鼻腔炎の治療としては、原因となる感染症を治療するために抗生物質を投与したり、沈...

受診科耳鼻咽喉科原因アレルギー体質の人が、アレルゲンとなる花粉を吸入することで発症します。日本ではブタクサ、カモガヤ、スギなどが代表的なアレルゲンで、近年はスギによる花粉症患者が急増しています。このアレルギーは生まれつきと言うより、環境も大きく、小さいころ、田舎で育ち、花粉症ではなかったのに、成人して都会に出てきたら急に花粉症になった人など多いのです。症状くしゃみ・鼻水・鼻づまり・嗅覚障害などを起...

受診科耳鼻咽喉科原因鼻茸は、鼻の中にキノコ状のポリープが出来る病気で、慢性副鼻腔炎の合併症としておきます。症状ポリープによって鼻づまりをおこしたり、多量の鼻汁が出たりします。ポリープの大きさや個数は様々で、まれに鼻腔いっぱいなるほど大きなものも発生する可能性があります。治療大きなものは手術で切除します。他の病気で大量の鼻出血をする場合もある原因鼻の内部は毛細血管が集まる場所で、指で傷つけたり、鼻を...