こんな症状の病気は?知っておき隊

MENU

肝臓は物を言わない臓器

肝臓は物を言わない臓器

 

肝臓には重要な働きがいくつかあります。
以下のように、肝臓は栄養素などを生産、加工、貯蔵する働きをしています。

 

栄養素の代謝

栄養素の代謝三大栄養素である糖質、脂質、たんぱく質などの代謝が行われます。
糖質代謝は、ブドウ糖をグリコーゲンに変えて肝臓に貯蔵します。
脂質の代謝は、肝臓にある脂質を中性脂肪に変えたりコレストロールの処理を行います。
タンパク質の代謝は、タンパク質を肝臓に運び各種の酵素を合成します。

 

解毒と排泄

体外から入ってくる、体内で生じた有害物質や薬剤を、肝臓で無害に、
水に溶けやすくして排泄するものです。
この有害物質は肝臓から尿として排泄されたり、腸から便として排泄されます。

 

胆汁の生成と分泌

脂肪の分解に必要な胆汁を肝臓で生成して分泌します。

 

その他の働き

不要になった各種のホルモンを不活性化させるホルモン代謝や、
ビタミン類を活性化させたり、貯蔵する働き、循環血液量の調整をします。

 

肝臓の病気

肝臓は大きな臓器で、細胞の再生力も活発なので、病気の障害があっても
すぐ症状が出るわけではありません。
症状が出たときには、病状がかなり進行していることが多いのです。

 

病気として多いのは、アルコールやウィルスなどの急性あるいは慢性の肝炎です。
ウィルス性のものは、A型、B型、C型、E型などあります。


スポンサーリンク

肝臓の病気の症状と治療 記事一覧

受診科内科・消化器内科A型急性ウィルス肝炎原因経口感染で、A型急性ウィルスが入ってきて感染します。ウィルスは胆汁に混じって、便と共に排泄されますが、手についたウィルスなどが、水や食物に入って人に感染することになります。日本では、環境衛生の不備で、かつては流行しました。今でも、東南アジアなどには多い病気で、旅行などから帰国すると発症することも多く、20〜30歳代の人に多い病気です。症状感染して約一か...

受診科内科・消化器内科・外科肝細胞は再生力が強いので、肝炎などで細胞が壊れて壊死しても新しい細胞ができてきます。しかし、慢性肝炎で病変が長期に及んでしまうと、肝細胞の再生を繰り返すために、徐々に線維化していき硬くなっていきます。この線維化が肝臓全体に及ぶのが肝硬変です。肝臓が硬くなり、凸凹が目立った状態は結節肝と言います。原因肝硬変の原因としては、B型、およびC型のウィルス性肝炎がほとんどです。肝...

受診科内科・消化器内科大量のアルコールを長期間、飲み続けると肝臓に障害がおきるものです。進行の程度によって、初期の脂肪肝からアルコール性肝炎、さらにアルコール性肝硬変とに分けられます。目安として1日に日本酒5合程度を飲み続けると高い確率で肝障害を発症します。肝臓そのものが腫れる脂肪肝原因脂肪肝は、肝細胞の中で中性脂肪が大量に蓄積してしまい腫れが出てきます。その結果、肝臓そのものが腫れて、肝臓の機能...

受診科内科・消化器内科・外科劇症肝炎は、急に肝細胞が広範囲に壊れて、肝臓の機能が低下して、肝臓の大きさが小さくなり、黄疸などを起こしてしまうものです。原因原因の9割はウィルスによるもので、残りが薬剤によるものですが、身体の免疫反応が過剰になることで発病することが多いのです。ウィルスで多いのはB型で、薬剤としては、麻酔薬や抗生物質、降圧薬などへのアレルギーが原因となります。すぐ処置をしなければ命にか...

受診科内科・消化器内科薬物性肝障害は、身体に入った医薬品や化学物質が肝臓へ障害をおこすものです。障害は、薬物が直接、肝臓を破壊する中毒性肝障害と、薬物がアレルギー反応をおこして、免疫免疫が過剰になる薬物アレルギー性肝炎の2つに分かれます。原因薬物性肝障害の原因となる薬物は抗生物質や解熱鎮痛消炎剤、化学療法薬、向精神薬などの比率が高くなっています。中毒性肝障害は、薬物の量が一定以上になれば発症するの...

受診科内科・消化器内科・外科門脈圧亢進症は、腸などから血液を肝臓に送る門脈が狭窄したり閉塞して血液が悪くなって、門脈の圧が上昇するものです。食道静脈瘤を引き起こすこともあります。原因門脈圧亢進症の原因として最も多いのは肝硬変ですが、原因となる病気がない特発性門脈圧亢進症もあります。症状初期には症状がありません。阻害された血流が副血行路という迂回路へ流れますが、この迂回路の一つが食道静脈瘤となります...