精神の病気-症状別.知っとき隊

MENU

心と脳の病気

心と脳の病気

 

人間が喜怒哀楽を感じたり、知的活動をするのは心の働きだとされています。
この心が何かを感じるのは脳が活動しておきます。
よく悲しくて胸が痛いとき、確かに胸は痛いのです。
でも、それは脳が感じて、脳が胸の筋肉を動かし、胸が痛くなるのです。

 

ですから、もし心が病めば、それは脳が病んでいることなのです。

 

心の病気の種類

心が病む原因は様々です。
大きく分けると、心因性、内因性、外因性の3つの他に、性格障害、精神発達障害、睡眠障害などが原因となって精神障害が起きてきます。

 

心因性精神障害

神経症と言われるノイローゼや心身症に、心の痛みや葛藤などの心理的な要因によっておきるもので、異伝よりも環境や生き方、性格によるものが多く、内因性の病気より症状は軽いものが多い病気です。

 

内因性精神障害

統合失調症や躁うつ病などの、いわゆる精神障害のことで、遺伝的な要素が大きいとされていますが、原因は解明されていません。

 

外因性精神障害

頭部外傷後遺症や脳炎後遺症のように、脳が物理的や化学的な障害を受けることや、身体に病気によって精神障害を起こすものです。

 

心の病気の治療

心の病気は自覚される場合もありますが、外見や言動の変化で周囲に気づかれることも多いものです。

 

病気というほどでもない場合は、身近な人に相談することでも解決することもありますが、特に本人が心の病気を自覚しないときには、周りの人間ではどうすることも困難になります。

 

本人が診察を受けたがらない場合には家族が変わって、精神科、神経精神科、心療内科などに、相談にいくのが良いでしょう。最終的には、本人が受診して、通院か入院かが決まります。


スポンサーリンク

精神の病気の症状 記事一覧

受診科精神科神経症とは、脳や身体に何も障害がないのに心身に障害が起きるもので、典型的な心因性の精神障害といえます。不安になったり、身体が不調になったり、環境への適応できずに、精神的なバランスが崩れることでおきることが多いのです。神経症は、病状によって不安神経症、強迫神経症、恐怖症、心気症、ヒステリーなどに分かれますが、どれも心の底には不安感があります。神経症はこのような不安な精神症状の症候群である...

受診科内科・外科・心療内科・精神科概要心身症は、ストレスや葛藤や本人の性格など精神的あるいは心理的なものが原因となって、自律神経系の各臓器に病気が現れるものです。職場や家庭でのストレスを溜めたり、無理にでも周期に適応しようとする過剰適応型の性格を持つ人に多く、体質的に弱いところに身体症状が現れてきます。心身症は、神経症ですが心理的なことで起きる身体疾患の総称です。また、特徴としては、神経症の場合は...

受診科精神科概要躁うつ病になる原因は、はっきりした原因はわかっていませんが、遺伝的要因や性格的な要因が関係していると言われています。症状周りの人間から見てもわかるほど、気分がとても高揚するのがそう状態で、逆にひどく落ち込むのがうつ状態です。躁うつ病は、このそう状態とうつ状態が現れる病気ですが、その現れ方によって種類があります。うつ状態だけが現れるものを単極型うつ病と言い、そう状態だけが現れるものを...

受診科精神科概要統合失調症、精神病の中では重篤な症状を示すものですが、内因性のものが原因で、身体的な外傷や病気や心理的な関係は認められず、はっきりした原因はわかっていません。症状特徴的な症状は、自閉的になって外に出なくなる、他の人とのコミュニケーションが取れなくなったり、周囲に無関心になったりして、表情も人間的ではないものを感じますが、知的障害ではありません。統合失調症には症状によって以下のタイプ...

受診科精神科外因性精神障害には、頭部外傷、脳炎、老化によって、脳の神経細胞がおかされ、認知症や痙攣などをおこす器質性精神障害や、脳以外の身体の病気によって、二次的に意識障害や気分の変調などの精神症状をおこす症状性精神障害、さらにアルコールや種々の薬物による中毒性精神障害があります。この中で、問題となるのが認知症と中毒です。概要認知症とは、物忘れがひどくなり、記憶力が悪くなるものです。通常は老化によ...

受診科精神科・内科概要アルコール依存症は、慢性アルコール中毒といわれるものです。失業や仕事のストレスなどの社会的要因によることが多いのですが、ストレスがなくても、飲酒を続けていくうちに辞められなくなり、依存するようになり中毒となります。症状長年、アルコールを飲むことによって、酒量が増えていき、そのうち、酒が切れると禁断症状がおきて、イライラしたり、発汗、手の震えが現れたり不眠になったりします。ひど...

受診科精神科・心療内科概要人格障害は、育った環境の要因によって、性格がひどく偏っているために起きるものです。症状社会的に適応できずに悩み、自殺を図ったり、自信を失ったりします。他人との共同生活では迷惑をかけることもあります。治療精神分析治療などが行われますが、根本的な治療は困難です。性欲が異常な性行動異常概要性行動異常は、性欲が異常である場合と、逆に減退から起きるものと、性対象の倒錯からくるものが...

受診科精神科・神経科・心療内科概要不眠症の原因として、海外へ行った際の時差ボケなどの外部環境の変化、リウマチなどを伴う身体の病気、薬物が関係するもの、うつ病や統合失調症などの精神の病気などです。しかし、不眠症でもっとも多いのは、原因らしい原因がないものです。何かのストレスが原因となって眠れなくなり、それがきっかけで、ずっと眠れなくなり、そのため、病気ではないかと心理的な負担になるのが最も多いのです...