アルコール依存症・急性アルコール中毒・病的酩酊・薬物依存症の症状

MENU

慢性アルコール中毒と言われるアルコール依存症

慢性アルコール中毒と言われるアルコール依存症

受診科

精神科・内科

 

概要

アルコール依存症は、慢性アルコール中毒といわれるものです。
失業や仕事のストレスなどの社会的要因によることが多いのですが、ストレスがなくても、飲酒を続けていくうちに辞められなくなり、依存するようになり中毒となります。

 

症状

長年、アルコールを飲むことによって、酒量が増えていき、そのうち、酒が切れると禁断症状がおきて、イライラしたり、発汗、手の震えが現れたり不眠になったりします。ひどくなると、部屋の中にネズミが見えたりする幻覚がおきてきます。

 

症状が本人にとっても苦痛のため、またアルコールを飲んで禁断症状から逃れるため、精神的・身体的障害を伴い、肝臓や脳、胃や腸などに深刻な合併症を起こすことが良くあります。

 

深刻な脳の障害をおこすと、重い記憶障害が起きて、作り話をしたり、時間や場所がわからなくなるコルサコフ症候群などに陥ることがあります。

 

治療

入院して禁酒して、禁断症状を乗り越えるようにします。
不安には精神安定剤、幻覚には向精神薬を使用します。
場合によっては、酒を嫌いになる抗酒薬を使用して、落ち着いてくれば精神療法を行います。

 

酩酊状態になる急性アルコール中毒

概要

急性アルコール中毒は、酒の一気飲みなどで、短時間に大量のアルコールを飲むことで、血中のアルコール濃度が上がり、中枢神経の働きが鈍って酩酊状態になるものです。

 

症状

体力や体質などで個人差がありますが、飲酒による気分の良さから、だんだん思考力が低下してきて、ひどくなると、昏睡状態になり、呼吸障害を起こします。

 

治療

昏睡状態になった場合は、すぐ病院で気道確保や点滴の治療をします。

 

少量のアルコールで酩酊し意識が薄くなる人に起きる病的酩酊

概要

通常は泥酔すれば寝てしまいますが、病的酩酊は、少量のアルコールで酩酊し意識が薄くなる人に起きるものです。

 

症状

周りの人に喧嘩をしかけたり、周囲の状況が全く分からなくなります。
朦朧として心神喪失状態になり、また、酩酊中や酔いがさめるころに興奮して、激しく乱暴して暴力犯罪をおこすこともあります。

 

治療

断酒します。

 

薬物を使用し続けなければいけなくなる薬物依存症

概要

薬物依存症は、好奇心や仕事の疲れをとるためや、ストレスなどから逃れるため、薬物を使用しているうちに快感となって、使用し続けなければいけなくなるものです。薬物としては、コカイン、覚せい剤、睡眠薬、トルエンなどの有機溶剤などが代表的なものです。

 

症状

無気力や不活発な状態に陥ります。たいていの薬物では、使用しているうちに、量を増やさないと効果が出なくなるのと、使用を中断すれば、禁断症状が現れて、その不快感から逃れるためにに、また使用を続けます。

 

覚せい剤などの禁断症状では、幻覚や被害妄想によって攻撃的になり、殺人事件まで起こすこともあり、アヘン類のモルヒネなどでは激しい自律神経失調状態が現れてしまいます。

 

治療

入院をして薬物の使用をやめるべきで、禁断症状には向精神薬を使用し、落ち着いたら精神療法を行います。


スポンサーリンク

関連ページ

ノイローゼ・パニック障害・恐怖症・強迫神経症・ヒステリー・抑うつ神経症・心気神経症・神経衰弱
心理的な葛藤が不安をおこす不安神経症、性格や心の底に潜む不安が強迫観念となる恐怖症、完全壁・内省的・自信欠乏などが関与する強迫神経症、人前で欲求不満がいきなり起きるヒステリー、対人関係が苦手なことからおきる離人神経症、現実の環境に適応できない抗うつ神経症、神経質な性格が生活環境に反応しておきる心気神経症、長い間の心身のストレスに影響されて起きる神経衰弱の症状と治療法です。
心身症と心因反応の妄想反応・神納精神病・拘禁反応
精神的あるいは心理的なものが原因となる心身症、人間関係の軋轢や生活環境の変化で起きる心因反応、人間関係や環境の強い衝撃に反応して起きる妄想反応、精神障害者の家族などが感応して同じような症状を示す感応精神病、特定の場所に拘束された状態が続くことでおきる拘禁反応の症状と治療法です。
躁うつ病には単極型・初老期・老年期・更年期・仮面・双極型
遺伝的要因や性格的な要因が関係している躁うつ病ですが、うつ状態だけが繰り返す単極型うつ病、そう状態だけが繰り返す単極型躁病、うつ状態とそう状態が繰り返しおこる双極型躁うつ病、几帳面で責任感の強い人に起こる初老期うつ病、心理的な負担や脳血管が原因で起きる老年期うつ病、ホルモンの変化で身体的な不調でおきる更年期うつ病、身体的な症状が多く出る仮面うつ病があり症状と治療法です。
統合失調症の破瓜型・緊張型・単純型・妄想型
統合失調症の破瓜型・緊張型・単純型・妄想型があり、思春期に発症する破瓜型、強い興奮と昏迷状態を行き来する緊張型、特徴的な症状がないまま徐々に感情が麻痺していく単純型、幻聴と幻想が症状の主体の妄想型があり症状と治療法です。
認知症のアルツハイマー病・脳血管性・クロイツフェルトヤコブ病・ピック病
認知症を伴う精神障害には脳が全体的に萎縮するアルツハイマー型認知症と短時間の一時的な失神や頭痛などをおこす脳血管性認知症があり、感染性たんぱく質が原因のクロイツフェルト・ヤコブ病や脳の一部に萎縮が起き初老期に発症するピック病も認知症の一種でその症状と治療法です。
人格障害・性行動異常・摂食障害
性格がひどく偏っている人格障害、性欲が異常な性行動異常、未婚の若い女性に多い摂食障害の症状と治療法です
不眠症・過眠症・睡眠時無呼吸症候群・ナルコレプシー・周期性傾眠症
原因らしい原因がない不眠症、仕事中に突然、眠ってしまう過眠症、昼間に突然強い眠気を感じて居眠りをするナルコレプシー、うつらうつらしている状態が数日から数週間続く周期性傾眠症、閉塞型と中枢型の睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法です