子供のあせも・とびひ・アトピー性皮膚炎・脂漏性湿疹など皮膚の症状

MENU

子供にみられる皮膚の病気

子供にみられる皮膚の病気

受診科

小児科・皮膚科

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アレルギー疾患の一種で、増え続けています。
はっきりした原因はわかっていませんが、ダニの繁殖などの住環境と栄養価の高い食生活への変化が増加に拍車をかけています。

 

症状

アトピー性皮膚炎は、皮膚が乾燥してフケのようなもので覆われます。
痒みを伴うので、治りにくく、何年も悩まされ続けます。

 

治療

喘息や鼻炎などの合併症を起こすことが多いので、
皮膚の清潔とスキンケアを心がけて、副腎皮質ステロイド剤や保湿クリームを使用します。

 

あせも

あせもは、夏に大量の汗をかくと、汚れなどで汗腺が詰まってできるものです。

 

症状と予防

新生児なら、ごく小さい水泡上のものができ、乳幼児なら赤い発疹ができます。
こまめに、汗を拭き、皮膚を清潔にして、クーラーを使用したり入浴したりすると予防の効果があります。

 

とびひ

とびひは、乳幼児によくみられる皮膚のブドウ球菌感染症です。

 

症状と治療

とびひは、虫刺されやアトピー性皮膚炎で出来た湿疹を掻いているうちに、水ぶくれ(水泡)ができ、すぐ破れて赤肌(びらん)になり、乾くとカサブタができます。

 

身体のほかの部分に飛んでゆくので「飛び火」と呼ばれています。
他の子供にもうつりますので、抗菌薬による治療が必要です。

 

脂漏性湿疹

乳幼児に頭や眉毛に黄色の脂っぽいカサブタがつくことがあり、これが新生児脂漏といいます。

 

症状と予防

脂漏は、皮脂(あぶら)が溜まらないように毎日せっけんで洗い、
カサブタが厚くなったら、油や軟膏で、軟らかくしてから洗い流します。

 

この脂漏は数か月、経つと良くなってきますが、カサブタの下が赤くなると、
炎症がある証拠で、これが脂漏性湿疹です。
脂漏性湿疹がひどいものは、アトピー性皮膚炎の始まりのこともあるので、診察が必要です。


スポンサーリンク

関連ページ

子供の結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症の目の症状
乳児や幼児などの子供の目の症状。結膜炎・角膜炎・眼瞼縁炎・網膜症・逆さまつげ、弱視・斜視、屈折異常、未熟児網膜症などの症状。
子供の中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの耳の症状
乳児や幼児などの子供の耳の症状。中耳炎・外耳道炎・外耳道異物などの症状。
子供の鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎の症状
乳児や幼児などの子供の鼻の症状。鼻炎・鼻腔異物・アレルギー性鼻炎などの症状。
子供の手足口病・虫歯の症状
乳児や幼児などの子供の手足口病・虫歯などの症状。
子供の風邪からくる感染症や扁桃炎の症状
乳児や幼児などの子供の風邪からくる感染症や扁桃腺の感染症などの喉の症状。
ブドウ球菌感染症・溶連菌・腎炎・尿路感染症・発育不全腎の症状
乳児や幼児などの子供のブドウ球菌感染症・溶連菌・腎炎・尿路感染症・発育不全腎などの感染の症状。
子供の三日はしか・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。風疹(三日はしか)・突発性発疹・おたふくかぜ・水疱瘡・リンゴほっぺ病(伝染性紅斑)などの症状。1度発病すると、免疫ができるので一生、発病しません。
子供のウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。ウィルス性胃腸炎・しょう紅熱・リウマチ熱などの症状。
子供のジフテリア・ポリオ・百日咳の症状
乳児や幼児などの三種混合ワクチンを接種すれば発病しない子供の感染の症状。ジフテリア・ポリオ・百日咳などの症状。
破傷風・日本脳炎・寄生虫感染症の症状
乳児や幼児などの子供の感染の症状。破傷風・日本脳炎・寄生虫感染症などの症状。
脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患・胆道疾患・食堂閉鎖症の症状
乳児や幼児などの子供の難病の症状。脳性麻痺・川崎病・血友病・心疾患胆道疾患・食堂閉鎖症・モルキオ病などの症状。
愛情遮断症・チック症・統合失調症・躁うつ病の症状
乳児や幼児などの子供の難病の症状。愛情遮断症・チック症・統合失調症・躁うつ病などの症状。