LDH・ALP・γ-GTP・LAP検査で判明する病気

MENU

血清でわかる酵素の検査

LDH検査

LDH検査

LDH(ラクテート・デヒドロゲナーゼで乳酸脱水酵素)は、糖が分離されるときに働く酵素の一つです。

 

肝臓、腎臓、肺などに多く含まれ、肝臓病、心臓病、悪性腫瘍などで、数値が跳ね上がることの多い酵素です。

 

LDHには、5つのアイソザイム(形や性質の異なる酵素群)があり、臓器によって持っているアイソザイムが違ってきます。その臓器に疾患があるかによって、増えるアイソザイムが違ってきます。

 

判明する病気

悪性リンパ腫、ウィルス感染、肝臓癌、心筋梗塞、貧血

 

LDH検査に異常が認められる場合には、GOT検査、GPT検査など、他の血液生化学データを合わせて鑑別診断が必要になります。

 

ALP検査

ALP検査

ALP(アルカリホスファターゼ)は、身体の大部分の臓器や細胞に含まれているリン酸酵素ですが、血液中に認められてるのは、正常では肝臓と骨が本来持つALPです。

 

ALPを調べると、胆汁の流出経路(肝内胆管、総胆管)の異常を測定できます。また、骨の病気でも異常値となります。

 

疾患によっては、胎盤、小腸が本来もつALPが認められ、正常値は検査方法によりかなり異なります。

 

判明する病気

閉塞性黄疸、総胆管結石、胆汁うっ滞型肝炎、肝硬変、骨転移癌、くる病、妊娠

 

ALP、γ-GTP、LAPなどの値が揃って異常値を示す場合は、胆道系の疾患が考えられます。
ALPだけが異常で、γ-GTPが正常だと、それ以外の病気が考えられます。

 

γ-GTP検査

γ-GTP(ガンマ・グルタミール・トランスペプチダーゼ)は、腎臓に多く含まれているほか、
すい臓、肝臓などにも見られ、たんぱく質を分解する酵素です。

 

γ-GTPは、アルコールに敏感に反応し、肝臓や胆道に疾患があると異常値を示します。

 

γ-GTP検査の正常値

成人男性:50 IU/リットル
成人女性:30 IU/リットル

 

判明する病気

アルコール性肝障害、胆道癌、総胆管結石、肝内胆汁うっ滞

 

飲酒が習慣づいている人のγ-GTP値は少し高めの数値を示します。
他の肝機能検査では異常が見当たらないのに、γ-GTP値だけが高い値を示す場合は、アルコールの多飲が原因です。

 

LAP検査

LAP(ロイシン・アミノペプチダーゼ)は、肝臓や膵臓に多く含まれる酵素で、ロイシンなどのタンパク質を分解し、LAP値は肝臓や胆道の病気の診断に役立ちます。

 

LAP検査の正常値

30〜70 IU/リットル

 

判明する病気

肝炎、胆道閉塞、妊娠

 

肝臓、胆道疾患で異常を示しやすく、あまり特異性はありません。

スポンサーリンク

関連ページ

血圧測定と心電図検査
高年齢の人ほど、心臓病、脳出血などの成人病の予防のために行われる血圧測定で、血圧が正常値よりかけ離れていないか測定します。心電図検査は、活動電流の変化を波形に記録し、心臓の働きを調べます。
胸部・腹部単純X線撮影検査
肺、心臓、縦隔などの器官について病気の有無を調べる胸部単純X線撮影検査と腹部の臓器の異常や腹水の有無を調べる腹部単純X線撮影検査です。
上部・下部消化管X線造影検査と腎盂造影検査
上部消化管X線造影検査は食道、胃、十二指腸などの臓器異常を検査します。下部消化管X線造影検査はバリウム液と空気を肛門から注入し、大腸(直腸・結腸)のX線撮影をします。腎盂造影検査は腎盂、尿管、膀胱などの異常を発見するための検査です
腹部エコーと心エコー
腹部超音波検査(腹部エコー)は腹部の臓器に超音波を当てることで、臓器画像をみて、病変部の診断をします。心臓超音波(心エコー)は心臓の機能の異常、弁膜疾患、心筋梗塞の程度などがわかります。
CTスキャンとMRI
CTスキャン(コンピュータ断層撮影検査)はレントゲン撮影では不可能だった人体の断層画像を撮影することで、体内の臓器の状態を立体的に検査し、MRI(磁気共鳴診断装置)は骨の影響を受けないという特徴がある検査方法です。
胃カメラと大腸ファイバー
胃カメラ(上部内視鏡検査)は口からファイバースコープを挿入して、食道、胃、十二指腸を観察する検査で、大腸内視鏡検査は肛門より大腸ファイバースコープを挿入し大腸を肉眼で観察する検査です。
眼底検査と眼圧検査
眼底カメラや眼底鏡で状態を調べることで、目の病気だけでなく、脳卒中などの進行状況を把握できます。眼圧検査は、眼球の圧力の変化を調べる検査で、緑内障の診断には欠かすことのできない検査です。
呼吸機能検査と脳波検査・RI核医学
呼吸機能検査は、息を吸って吐き出したときの呼気量を測定し肺活量などを検査します。脳は微量な電流を出し続けており、これが脳波で、この脳波を波形として記録するのが脳波検査です。RI検査は、RIを注射し、放射線物質が臓器に集まってきた様子を撮影するものです。
頭部血管造影検査と腹部血管造影検査・心カテ
頭部の病気を診断する際に行われ、検査は、脳に血管にヨード系造影剤を入れ、連続的にX線撮影を行います。腹部血管造影検査は、腹部臓器の異常について調べる検査で、特に肝臓癌など血管が豊富な腫瘍の診断に有効です。心臓カテーテル検査は、様々な心臓病の診断のため行われます。
尿たんぱく検査・尿糖検査・尿潜血
尿たんぱく検査は尿中のタンパクを調べるために行われ、尿糖検査は尿に含まれる唐の量を検査することで、糖の代謝異常の病気がないかどうかを調べ、尿潜血は、尿中に赤血球が混じっているかどうかを調べ、腎臓の病を見つけます。
尿沈渣・尿ウロビリノーゲン検査・尿ビリルビン検査
尿沈渣は、尿たんぱく検査、尿潜血検査などで異常があった場合に診断確定のために行われます。尿ウロビリノーゲン検査は主に肝臓の状態を調べ、尿ビリルビン検査は、黄疸の早期発見に効果的な検査で、肝疾患診断のために行います。
便潜血反応検査と虫卵
便潜血反応検査は、便の中に血液が混じっているかどうかを調べ、虫卵は寄生虫に感染しているかどうかを調べます。
赤血球数・ヘモグロビンと白血球の検査
赤血球の数が減ると、酸素を運ぶ能力が衰えて貧血になったり、命の危険が出てきます。貧血の程度は血液中のヘモグロビンの量で判断します。白血球の異常な増加は、身体が細菌感染や炎症をおこしているというサインです。
血液像・血小板数・赤沈検査
便潜血反応検査は、便の中に血液が混じっているかどうかを調べ、虫卵は寄生虫に感染しているかどうかを調べます。
出血時間検査とプロトロンビン時間検査
出血時間検査は出血した血液が止まるまでの時間を測定し、血小板などの異常を調べます。プロトロンビン時間検査は血液凝固の異常や、肝機能障害の重症度を判定します。
血清ビリルビン・GOT・GPT検査
ビリルビン検査は肝臓の機能を調べる検査の一つで、GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)は、アミノ酸を作る酵素の一つで、血清中のGOTを調べ、GPT(グルタミン酸ビルビン酸トランスアミナーゼ)も、アミノ酸を作る酵素の一つです。
血清総タンパク・アルブミン検査
血清総タンパク検査は、血液中に含まれるタンパクを総称し、血清総タンパクといいます。血清中のタンパクは、アルブミンとグロブリンに分けられ、肝機能障害や腎障害で数値が変わってきます。
総コレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪検査
総コレステロール検査は、動脈硬化や心臓病などの診断に必須の検査で、HDLコレステロールは善玉のコレステロールで、一方、LDLコレステロールは、悪玉コレストロールです。検査で動脈硬化になりやすいかと言われています。中性脂肪は血液中の中性脂肪が増えすぎを検査します。
Ch-E・尿素窒素・クレアチニン・尿酸・ck検査検査
Ch-E(コリンエステラーゼ)検査は、コリンエステルという物質をコリンと酢酸に分解する酵素を調べ、尿素窒素は、血中の尿素に含まれる窒素分を調べ腎臓の機能を調べる検査です。血液中のクレアチニンを調べることで、腎機能の状態を知ることができます。尿酸は痛風の原因となる物質を調べます。
血糖・ヘモグロビンA1c検査とICG負荷試験
血液中のブドウ糖を血糖といい、血糖検査をすることは糖尿病診断には不可欠で、ヘモグロビンA1c検査は、糖尿病の検査として、欠かすことのできない重要な検査です。ICG負荷試験は色素を静脈から注射し、排泄状態を調べることで、肝臓の解毒機能を調べることが出来ます。
甲状腺ホルモン・インスリン・コルチゾール・血漿レニン活性検査
甲状腺ホルモン検査は、血中甲状腺ホルモンの値を調べることで、甲状腺の病気を診断します。体中のインスリンの量を測定して糖尿病の正確な判定が可能となります。コルチゾールは副腎に病気が発生した場合に異常値を示すようになります。血漿レニン活性検査は血漿中のレニン量などを測定してます。
血液型検査・梅毒血清反応
血液型検査は輸血者と非輸血者間で血液型が適合するかどうかを判断するための検査です。梅毒はトレポネーマ・パリダムと呼ばれる微生物によっておこる代表的な性病の一つで健康診断に欠かせない必須の検査となっています。
RAテスト・CRP検査と抗核抗体検査
RAテストは、慢性関節リウマチをチェックする重要な検査で、CRP検査は炎症性疾患の活動性や重症度、病気の予後などを知るために大切な検査で、抗核抗体検査は、診断および治療経過を知るうえで重要な検査です
HBs抗原・抗体・HCV抗体・HIV抗体検査
HBs抗原・抗体検査は、肝炎ウィルスに感染しているかどうか調べるための検査で、HCV抗体検査は、C型肝炎ウィルスに感染しているかどうかを検査します。HIV抗体検査はエイズ(後天性免疫不全症候群)に感染しているかどうかを調べる検査です。
CEA・SCC・CA19-9・TPA・AFP・PAP検査
CEA(癌胎児性抗原)は本来胎児で作られるタンパクで、SCCは扁平上皮癌を調べる検査、CA19-9(糖鎖抗原19-9)は膵がんや胆管がんなどの癌で高値になります。TPA(組織ポリペプタイド抗原)は、癌のほか、胃潰瘍、肝炎など、腫瘍以外の様々な病気でも高値を示します。
アレルギー反応検査と骨量検査
アレルギー反応検査は、アレルギー反応が病気の原因になっているか、その抗原は何かということを調べるために行われます。骨粗しょう症は、初期にはほとんど自覚症状がないため、早期の診断には特殊な装置を用いた骨量検査が必要になります。