むち打ち症と突き指の症状と治療法

MENU

首が損傷を受けてしまうむち打ち損傷

首が損傷を受けてしまうむち打ち損傷

 

受診科

整形外科・外科

 

原因

自動車に乗っているときに、急に追突されると、衝撃で首がムチでしなるように、前後に連続的に激しく動きます。
そうすると、首の関節包や椎間板、筋肉、じん帯神経、血管が損傷を受けてしまうことによって、障害がおきるのがむち打ち損傷です。

 

症状

衝撃を受けてから数時間後から翌日になってから、うなじのあたりに痛みや熱が出て、頭が重いと感じるようになります。
また、肩コリやこわばり、腕のしびれ、首や背中が動かしにくいこともあり、
めまいや耳鳴り、吐き気、腰痛などがおきることもあります。

 

損傷の型はいくつかありますが、全体の多くを占めるのが頸椎捻挫型です。
これは、頸椎の関節が捻挫して関節包や筋肉、じん帯、腱を傷つけられて、
首や肩が動かしにくくなるものです。

 

治療

症状も様々なので、治療法も症状にあったものになります。
基本的には頸部に湿布をし首を固定し、痛みには消炎鎮痛剤を使用します。
軽症なら通院で、重症なら入院になります。

 

3か月ほどで治りますが、症状が軽くならない場合は、けん引などを行います。

 

指先を伸ばす腱が傷ついたり切れてしまう突き指

原因

突き指は、指先に何かが当たったとか、指に強い力で衝撃を受けた場合、
指先を伸ばす腱が傷ついたり切れてしまうもので、腱の付着部分が剥離骨折をおこすこともあります。

 

症状

痛みや変形があり、指先は曲がったまま、突いた指は自ら延ばすことができなくなります。

 

治療

応急処置としては、冷たい水や氷で冷やし、指を伸ばした状態で添え木(副木)を当てて固定します。
このとき、突いた指を引っ張って治そうとすると、腱の損傷をひどくする場合があるので注意が必要です。


スポンサーリンク

関連ページ

骨折の症状と治療法
骨折は激しい痛み、出血も伴うこともありますが、原因と種類によって、いくつかに分類できます。原因は外傷性のもの、疾患からくるもの、同じ場所に繰り返して力がかかるスポーツなどの疲労性のものです。
脱臼の症状と治療法
関節は肩やひざなど、その場所によって、どの方向に動くかが決まります。強い力で関節が方向や範囲が正常なもの以上に動かされてしまうと、関節が外れて元に戻らなくなるだけで、関節包やじん帯まで損傷するのが脱臼です。
捻挫・打撲傷・擦り傷・切り傷の症状と治療法
関節包やじん帯・腱が損傷を受ける捻挫、衝撃を受けても皮膚が破れることがない打撲傷(挫傷)、皮膚が破れて傷口が開く挫創(擦り傷・切り傷)の症状と治療法
肉離れ・アキレス腱断裂・末梢神経損傷の症状
筋肉繊維や包む筋肉が切れたり破れたりする筋肉の部分断裂(肉離れ)、30歳代以後での発生が多くなるアキレス腱断裂、末梢神経が損傷を受ける末梢神経損傷の症状と治療法です。