巨大結腸・大腸ポリープ・腹膜炎・カルチノイド症候群の症状

MENU

先天的と後天性のものに分かれる巨大結腸症

先天的と後天性のものに分かれる巨大結腸症

 

受診科

消化器内科・外科・胃腸科

 

巨大結腸症は原因によって、先天的と後天性のものに分かれます。

 

先天性巨大結腸症

原因

先天性巨大結腸症は、腸管の神経細胞の先天的な欠損により、腸が正常に稼働せずに、
便の移動ができなくなり、腸が拡張して腸閉塞のような状態になる病気で新生児に発症します。

 

症状

嘔吐や腹部膨満感があり、頑固な便秘となります。

 

治療

浣腸などの処置を繰り返しますが、生後6か月過ぎてから根治的手術を行います。

 

後天性巨大結腸症

原因

後天性巨大結腸症は、結腸の一部もしくは全部が極度に拡張して、便が溜まって便秘になるとともに、腹部が腫れあがってきます。

 

原因は平骨筋障害、代謝異常、神経系の病気、中毒性の大腸炎などですが、下痢の乱用や精神的ストレスなどでもおこります。

 

症状

吐き毛、嘔吐、腹部膨満、頑固な便秘などがあります。

 

治療

原因となっている病気の治療を行い、原因の病気がない場合には便秘の治療をしますが、
内科的な治療が効果がない場合には一時的に人工肛門などで対処します。

 

大腸の粘膜が内側に飛び出して隆起する大腸ポリープ

原因

大腸の粘膜が内側に飛び出して隆起したものを大腸ポリープといいます。

 

大腸ポリープは、腺腫、若年性ポリープ、炎症性ポリープに分けられ、このうち、若年性ポリープと炎症性ポリープは腫瘍ではないので、あまり気にするほどでもありません。
しかし、注意しなければいけないのは、大腸ポリープの8割も占める腺腫です。

 

腺腫は2センチ以上のポリープになると癌に変わります。
大腸ポリープは40歳以上の男性に多くみられ、そのほとんどは直腸とS状結腸に発生します。

 

症状

大腸ポリープは食物通過などの刺激によって出血しやすく、特に大きくなったポリープの出血は、はっきりわかる下血となりますし、直腸にポリープがあると残便感があります。

 

ポリープが小さい場合は症状がまったくないこともあり、検診などで発見されます。

 

治療

内視鏡を使ってポリープを摘出しますが、摘出したポリープからがん細胞が発見され、それが粘膜より下に浸出していると、腸のその部分を腸切除します。

 

細菌感染や様々な刺激によって腹腔内の炎症がおきる腹膜炎

 

腹膜に腹腔内の炎症が影響したもので、発症の早さから急性と慢性にわかれ、
原因は細菌感染や様々な刺激によるものです。

 

急性腹膜炎

原因

急性腹膜炎は、腹腔内に侵入した細菌が腹膜に感染しておこり、細菌が侵入するのは、虫垂炎や十二指腸潰瘍の穿孔などで、内容物が腹腔内に漏れてくるためです。

 

女性の場合は、流産などから引き起こされ、それに、死亡率高い病気なので緊急な治療が必要です。

 

症状

激しい腹痛とともに、腹部が硬くなり、押すと痛みを感じ、嘔吐や冷や汗が出て、細菌による敗血症から、ショック状態に陥ります。腹部は麻痺性腸閉塞をおこして膨満してきます。

 

治療

開腹手術をして治療をします。

 

慢性腹膜炎

原因

結核や腹腔内の癌などの病気と伴って発症する腹膜炎で、ガンの場合は腹膜に癌が転移します。

 

症状

結核からきた慢性腹膜炎は進行すると、微熱、腹痛、消化障害、腹水などが現れます。
癌性のものは、腹膜に腫瘤が転移して起こりますが、腹水もたまり、吐き気や嘔吐、便秘、発熱や全身の衰弱がみられます。

 

治療

抗生物質で治療するほか、原因の病気の治療をします。

 

消化管や呼吸器に腫瘍が発生するカルチノイド症候群

原因

カルチノイド症候群は、消化管や呼吸器に腫瘍が発生するもので、良性と悪性があります。

 

症状

顔が赤くなり、低血圧、咳、下痢などが現れます。

 

治療

手術で腫瘍を摘出します。

 

大腸に無数のポリープが発生する家族性ポリポーシス

原因

家族性ポリポーシスは、大腸に無数のポリープが発生する病気で、癌化率が高く、遺伝性が認められます。

 

症状

発症する年齢が早ければ、思春期頃から出血や下痢、腹痛がおこるようになり、やがて大腸がんを合併します。

 

治療

手術で大腸の切除をします。

 

胆汁性腹膜炎

原因

肝臓から胆のう、十二指腸と流れていく胆汁が腹腔に漏れることで胆汁性腹膜炎がおきます。胆道が破裂したときや、肝臓、胆道系の手術後などに発症します。

 

症状

腹部に激痛がおきてから、腹部が硬くはり、嘔吐や発熱も現れます。

 

治療

すぐに開腹手術をして、胆汁が漏れている部分を塞ぐか、病変部を切除し、胆のうに穿孔がある場合には胆のうを摘出します。抗生物質も使用します。

 


スポンサーリンク

関連ページ

過敏性腸症候群・便秘・下痢・乳糖不耐症
精神的な影響を受けやすい過敏性腸症候群、便秘といっても病気の場合もある慢性便秘、細菌感染の可能性が高い急性下痢、牛乳の乳糖が原因となる乳糖不耐症の症状と治療法です。
急性腸炎・慢性腸炎
急性腸炎は、腐った食品を食べる、または汚染された食品を食べた時や、抗生物質を服用した場合、下痢などが起きます。慢性腸炎は腸内の細菌の増減や精神状態が悪い、腸のポリープや消化器系統の癌でおこるものもあります。
潰瘍性大腸炎・腸結核・クローン病の症状
直腸の粘膜がただれて潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、すべての消化器に潰瘍や線維化を引き起こすクローン病、肺結核に合併して起こす腸結核の症状と治療です。
薬剤性・虚血性大腸炎と腸間膜動脈閉そく症の症状
抗生物質の服用で腸内細菌に異常がおきる薬剤性大腸炎は急性出血性大腸炎と偽膜性大腸炎に分かれます。血行障害や大腸に潰瘍ができる虚血性大腸炎や緊急手術が必要な腸間膜動脈閉そく症の症状と治療法です。
偽膜性腸炎・放射線腸炎・伝染性下痢症・吸収不良症候群
ジフテリアのような偽膜が出来る偽膜性腸炎、放射線治療を受けておきる放射線腸炎、ウィルスによって胃腸に炎症がおきる伝染性下痢症、各種栄養素の吸収が阻害されて栄養失調になる吸収不良症候群の症状と治療法です。
虫垂炎・タンパク漏出性胃腸症・大腸憩室・メッケル憩室炎
虫垂に炎症がおこる虫垂炎、血中のたんぱく質が減少するタンパク漏出性胃腸症、大腸の壁の一部が外へ突き出て袋状になる大腸憩室、先天性の憩室に炎症をおこすメッケル憩室炎の症状と治療法です。
腸管癒着症・腸閉塞・腸重積症・鼠径ヘルニア・腹壁瘢痕ヘルニア
腸管に癒着がおこり通過障害をおこす腸管癒着症、腸管が塞がってねじれ回転する腸閉塞(イレウス)、腸の一部が腸管の中に入り込む腸重積症、腸管が腹膜に包まれて鼠径部に出た鼠径ヘルニア(脱腸)、腸管が皮膚の内側まで脱出する腹壁瘢痕ヘルニアの症状と治療法です。
直腸炎・直腸ポリープ・肛門ポリープ・肛門痩痒症
直腸に炎症がおこり粘膜がただれる直腸炎、直腸の粘膜と外側の筋層が肛門の外へ脱出する直腸脱、腹腔内の液や膿汁が溜まり膿瘍ができるダグラス窩膿瘍、直腸の粘膜から発生する突起物の直腸ポリープ、粘膜を分泌する腺が炎症をおこす肛門ポリープ、肛門の病気で分泌された粘液で肛門周囲の皮膚に炎症がおこる肛門痩痒症の症状と治療法です。
痔ろう・裂肛・内痔核・外痔核・肛門周囲膿瘍の症状
肛門周囲が化膿し膿が溜まる肛門周囲膿瘍、膿の出口にできるトンネル痔ろう(あな痔)、肛門の粘膜が切れる裂肛(切れ痔)、肛門の内側にいぼのような腫瘤ができる内痔核、肛門部がうっ血する外痔核の症状と治療法です。