胆道ジスキネジー・胆のう摘出後症候群・総胆管拡張症の症状と治療法

MENU

胆石症に似た症状が現れる胆道ジスキネジー

胆石症に似た症状が現れる胆道ジスキネジー

 

受診科

内科・外科・消化器内科・消化器外科

 

胆道ジスキネジーは胆道や胆のうに結石がなく、腫瘍や炎症などの病変がないのにもかかわらず、胆石症に似た症状が現れる病気です。

 

原因

胆道ジスキネジーのような症状が現れるのは、自律神経の機能やホルモン分泌が異常になって、胆汁の流れが円滑に行われないものと考えられています。

 

症状

右上腹部に痛みが現れます。
痛みは原因の違いで食後に現れるものと、食事とは関係がないものに分かれます。

 

治療

ストレスや疲労を避けて規則正しい生活をします。
胆のうの働きが強すぎる、もしくは低下しているときでは、使う薬剤が異なります。
痛みには鎮痛剤などの薬物を使用します。

 

複数の原因の可能性がある胆のう摘出後症候群

 

胆のう摘出後症候群は、胆石症で胆のうの摘出手術をしてから、様々な障害をおこすことです。

 

原因

原因としては胆石が残っていたり、すぐ結石ができたり、あるいは胆管が狭窄したりと色々あります。病気の原因として複数の可能性があるため症候群と言われます。

 

症状

痛みや発熱、黄疸が現れるほか、嘔吐、腹部膨満、下痢や便秘などの症状がでます。

 

治療

原因が明らかな場合には、それに応じた治療を行いますが、原因が明らかでない場合は、
症状を軽くする薬物療法を行います。

 

胆管が球状に膨らんでいる総胆管拡張症

 

胆のうから十二指腸まで伸びている胆管を総胆管と呼びます。
肝臓から繋がっている胆管も含めて、球状に膨らんでいるのを総胆管拡張症と言います。

 

原因

総胆管拡張症は、先天的なものが大部分で、小児期に発症する事例が多く、
まれに成人してからの発症もあります。

 

症状

小児期に発症する場合は、右の上腹部を手で触るとしこりが感じられ黄疸が現れます。
成人になって発症する場合は、時々上腹痛がおきて黄疸や発熱があります。

 

治療

最近、胆道癌との関連もいわれており、手術が必要になります。


スポンサーリンク

関連ページ

合併症を引き起こす胆石症
胆汁の通り道である胆道のどこかに結石ができる病気です。発生する結石の数は、大きいものが一つだけだったり、小さいものが数えきれないほど、 たくさんある場合もあります。
胆のう炎と胆管炎
ほとんどの場合は細菌感染によって胆道に炎症が起きるのですが、炎症が発生する場所が胆のうか胆管かによって、胆のう炎と胆管炎に分かれます。薬物療法や外科的手術によって治療をします。
急性・慢性膵炎、膵膿疱の症状
すい臓や周囲の臓器を消化して炎症をおこす急性膵炎、膵臓が線維化して硬くなってしまう慢性膵炎、どちらにしても重症になると手術が必要になります。膵臓にコブのような袋ができる膵膿疱の症状と治療法です。