細菌感染で胆道に炎症が起きる胆のう炎と胆管炎の症状と治療法

MENU

炎症が発生する場所によって違う胆道感染症

炎症が発生する場所によって違う胆道感染症

 

受診科

内科・外科・消化器内科・消化器外科

 

ほとんどの場合は細菌感染によって胆道に炎症が起きるのですが、
炎症が発生する場所が胆のうか胆管かによって、胆のう炎と胆管炎に分かれます。

 

細菌としては多くが大腸菌で、腸から胆道へ侵入してきます。
胆道に胆石があると、胆汁が滞りやすくなって感染しやすくなります。

 

急性胆のう炎

胆のうに細菌が感染するもので急性を慢性があります。

原因

胆石が胆のう炎や胆のう頸部にかんとんし、胆のうと胆のう管と繋がっていない状態です。
胆のうには、感染した胆汁が溜まり腫大していますが、胆石がなくても感染することもあります。

 

症状

急に悪寒がしたり、吐き気がでて高熱がでます。
みぞおちや右腹部に激痛があり、また黄疸が現れることがあります。
症状が悪化すると、胆のう穿孔、胆汁性腹膜炎をおこす可能性があります。

 

治療

炎症が強い期間は、抗生物質を投与する薬物療法が中心になります。
胆石症を合併していれば、外科的な手術が必要です。

 

慢性胆のう炎

原因

原因は結石によるものが大部分で、急性胆嚢炎から移行した状態です。
慢性胆のう炎も急性と同じように繰り返す場合もあります。

 

症状

急性胆嚢炎より弱いですが、同じように、右腹部の痛みや圧迫感を感じたり、
吐き気や下痢、便秘などが現れます。

 

治療

急性炎症を抑えるために薬物療法をしますが、効果はあまり期待できません。
再発を予防するためには、手術が必要になります。

 

急性胆管炎

原因

胆管内に細菌が感染するものですが、胆石が胆管につまって発症します。

 

症状

発熱や痛みなど、急性胆嚢炎と共通する症状が現れますが、黄疸がよく現れます。
尿が、だんだんと紅茶のように色が濃くなってきます。

 

治療

炎症が強い場合は、薬物療法を行い、胆石症を合併しているときには、
同時に胆管内の結石を除去する処置をします。
普通は内視鏡的な治療を行いますが、結石の状態によっては手術を行います。


スポンサーリンク

関連ページ

合併症を引き起こす胆石症
胆汁の通り道である胆道のどこかに結石ができる病気です。発生する結石の数は、大きいものが一つだけだったり、小さいものが数えきれないほど、 たくさんある場合もあります。
胆道ジスキネジー・胆のう摘出後症候群・総胆管拡張症
胆石症に似た症状が現れる胆道ジスキネジー、複数の原因の可能性がある胆のう摘出後症候群、胆管が球状に膨らんでいる総胆管拡張症の症状と治療法です。
急性・慢性膵炎、膵膿疱の症状
すい臓や周囲の臓器を消化して炎症をおこす急性膵炎、膵臓が線維化して硬くなってしまう慢性膵炎、どちらにしても重症になると手術が必要になります。膵臓にコブのような袋ができる膵膿疱の症状と治療法です。