甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症の症状

MENU

血中の甲状腺ホルモン濃度が高くなりすぎる甲状腺機能亢進症

血中の甲状腺ホルモン濃度が高くなりすぎる甲状腺機能亢進症

 

受診科

内分泌代謝科・内科・甲状腺専門外科・外科

 

甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、全身の基礎代謝や新陳代謝を促したり、たんぱく質の合成促進などの作用をします。

 

この甲状腺ホルモンは一定の濃度に調節されていますが、何かの原因で分泌が過剰になると、血中の甲状腺ホルモン濃度が高くなりすぎて、甲状腺機能亢進症になります。

 

甲状腺機能亢進症の原因で最も多いのがバセドウ病ですが、他には亜急性甲状腺炎や無痛性甲状腺炎なども原因となります。

 

バセドウ病

原因

外から侵入した物質に対して反応が起きるのが免疫ですが、体内に最初からある物質を、
侵入物質と誤って認識して抗体を作る場合を自己免疫といい、バセドウ病は自己免疫が原因でおきます。

 

自己免疫がおきると、血液中に抗体といわれる甲状腺刺激物質が増えて、
甲状腺の働きが活発になり過ぎて、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうのです。

 

症状

バセドウ病は20歳代〜30歳代の女性に多い病気ですが、実は男性にも少なくありません。
甲状腺が腫れ、動悸、脈拍数が増え、眼球が前に突出して、二重に物が見えたりします。

 

新陳代謝が活発になり過ぎて、エネルギーを消費するのが特徴で、食欲があり、よく食べるのに体重が減ってきます。また、発熱や発汗、疲労感や脱力感、神経過敏、不眠、月経異常、下痢、喉の渇きなどが現れます。

 

じっとしていても、運動しているような疲れも感じ、不整脈が起こる場合もあります。

 

治療

根本的な治療というのはなく、抗甲状腺剤を使用したり、放射線ヨードの内服、
甲状腺ホルモンの生成と分泌を抑える治療を行います。
また、甲状腺を一部、切除する場合もあります。

 

甲状腺に異常があって機能が低下する甲状腺機能低下症

 

甲状腺の働きが悪くなって、甲状腺ホルモンが不足してきます。
原因は、一部に下垂体の障害で甲状腺刺激ホルモン分泌が減少するためにおこるものもありますが、最も多いのが、甲状腺に異常があって、機能が低下する原発性甲状腺機能低下症で、ほとんどが慢性甲状腺炎です。

 

慢性甲状腺炎

原因

慢性甲状腺炎は甲状腺に自己免疫疾患がおこるもので、血液中に自己抗体が生まれることで、甲状腺組織に障害がおきます。障害がおきると、甲状腺の細胞が破壊され、甲状腺の機能が低下してしまうのです。

 

症状

中年の女性に多い病気で、甲状腺が腫れてしまいます。初期には新陳代謝が低下して、声がかすれたり、首の前に違和感を感じたり、倦怠感を感じたりします。

 

病状が進んで甲状腺の機能が明らかに低下してくると、汗が出にくくなって、無気力や便秘になったり、軽い言語障害さえも出てきます。

 

まぶたや額や唇にむくみが出ると、顔が腫れたように見え、頭髪の艶がなくなり、皮膚は乾燥してきて、女性の場合は貧血や月経過多になったりします。重症の場合には、心不全、体温低下、意識障害や昏睡に陥ることもあります。

 

治療

甲状腺が腫れても機能に異常がなければ、とくに治療の必要はありません。
定期的に検査を受けて、機能が低下してきた場合には、甲状腺ホルモン剤を服用します。


スポンサーリンク

関連ページ

肥満症と痩せ症の症状
食べ過ぎや運動不足による単純性肥満と、他の病気が原因となって起きる症候性肥満あります。また、病気による症候性で痩せているケースもありますので、栄養吸収障害などがある場合には症状など注視して治療しなければいけません。
糖尿病の症状と治療法
糖尿病が引き起こされる原因としては、異伝、体質、過食、肥満、運動不足、ウィルス感染、自己免疫などです。怖いのは発症してから血管障害、神経障害、感染症などの重大な合併症をおこすことです。機能障害や生命の危機のある病気になることもあります。
低血糖症・糖原病・インスリノーマ・ガストリノーマの症状
血糖値が正常よりも大きく低下する低血糖症、グリコーゲンが過剰に蓄積されてしまう糖原病、インスリンが過剰に作られて分泌されるインスリノーマ、ガストリンを分泌する細胞にできる腫瘍ガストリノーマの症状と治療法です。
高脂血症の症状
高脂血症を長期間、放置すると血管壁にコレストロールが沈着して血管の内径が狭くなります。 脳の血管にそれがおきると脳梗塞がおき、冠状動高脂血症の合併症として、コレストロールが脈に溜まると心筋梗塞がおき、肝臓にたまると脂肪肝や膵炎をおこすなどあります。いわゆる怖いい病気の引き金となるのです。高脂血症の治療法の一つでは血液を取り出してろ過する手術もありえます。
痛風・高尿酸血症の症状
血液中に尿酸が増えすぎた状態が高尿酸血症です。高尿酸血症では尿酸が身体の色々な箇所に沈着しますが、関節の骨膜に沈着すれば痛風の発作がおきます。痛風の発作は辛いもので人が通っただけで響いて苦痛があるほどです。
ビタミン欠乏症とビタミン過剰症の症状
ビタミンは体内では作られませんから、ビタミンを摂らない食事を続けているとビタミン欠乏症になります。ビタミンには脂溶性と、水溶性に分けられるのですが、脂質性のビタミンは必要以上に摂取すると蓄積されて障害をおこすのがビタミン過剰症です。その症状と治療法です。
低カルシウム血症と高カルシウム血症の症状
病気の影響で発症する低カルシウム血症や高カルシウム血症ですが、低カルシウム血症はネフローゼ症候群、慢性腎不全、原発性副甲状腺機能低下症、ビタミンD欠乏症、低マグネシウム血症です。高カルシウム血症は血液中のカルシウムの濃度が高くなる病気の症状と治療法です。
低カリウム血症と高カリウム血症の症状
血液中のカリウム濃度が低下する低カリウム血症ですが腎臓病や利尿剤の使用などで、尿へのカリウム排出が増えて低カリウム血症がおきるのです。尿へのカリウムの排出が減り血液中のカリウムが増加する高カリウム血症の症状と治療法です。
微量金属欠乏症・亜鉛欠乏症・ヘモクロマトーシス・ポルフィリン症・アミロイドーシスの症状
身体にある金属が不足する微量金属欠乏症、身体の中の亜鉛が不足する亜鉛欠乏症、小腸からの鉄の吸収が過剰になり臓器に鉄が溜まるヘモクロマトーシス、ポルフィリンが異常に増えて体内に蓄積されるポルフィリン症、糖たんぱく質が血管の周囲に溜まるアミロイドーシスの症状と治療法です。
下垂体機能低下症・成長ホルモン分泌不全低身長症・尿崩症の症状
脳の下垂体から分泌されるホルモンが低下する下垂体機能低下症、成長ホルモンが低下する成長ホルモン分泌不全低身長症、抗利尿ホルモンの分泌が不足する尿崩症の症状と治療法です。
甲状腺炎・甲状腺良性腫瘍・甲状腺悪性腫瘍の症状
甲状腺炎には急性化膿性甲状腺炎と亜急性甲状腺炎がありますが、甲状腺の風邪のようなものです。また甲状腺にコブのように腫れる甲状腺良性腫瘍と前頸部に出来る甲状腺悪性腫瘍があり、甲状腺の異常は治療の効果がある病気です。
副甲状腺機能亢進症と副甲状腺機能低下症の症状
副甲状腺ホルモンが過剰に分泌される副甲状腺機能亢進症、副甲状腺ホルモンの分泌が減少する副甲状腺機能低下症の症状と治療法です。
副腎皮質機能低下症・アジソン病・副腎クリーゼ・クッシング症候群・アルドステロン症・褐色細胞腫・クッシング症候群
コルチゾールの分泌が低下して機能低下になる副腎皮質機能低下症、副腎皮質ホルモンの生成や分泌が行われないアジソン病、副腎皮質ホルモンの生成と分泌に障害がおきる副腎クリーゼ、コルチゾールの分泌が慢性的に過剰になるクッシング症候群、アルドステロンが過剰に分泌されるアルドステロン症、副腎の過形成がおこる副腎性器症候群、カテコールアミン分泌が過剰になる褐色細胞腫の症状と治療法です。