気管支喘息の発作が始まると苦しい|症状と治療法

MENU

気管支喘息の治療は対症療法と原因療法

気管支喘息の治療は対症療法と原因療法

 

受診科

呼吸器内科・アレルギー科

 

原因

気管支喘息を起こしやすい人の気管支は過敏になっていて、
ちょっとした刺激にも反応します。
気管支粘膜が腫れるのは、刺激された気管支は収縮を起こすためで、
粘膜から粘液が分泌されます。
これを繰り返すと気管支の内径が狭くなってきます。
呼吸困難や喘鳴は、空気が通りにくくなる結果、起こるのです。

 

気管支喘息の発作(誘因)のきっかけは様々で、埃や花粉の異物、
風邪症候群や気管支炎などの)の呼吸器感染症のほか、
過激な気温の変化や種々のストレスも気管支喘息の誘因となります。

 

また、気管支を過敏にする原因についても、アレルギー、ウィルス、
細菌の感染、自律神経失調症、内分泌などが考えられています。

 

症状

気管支喘息の発作は、何の前触れもなく突然おきます。
多くの場合は、夜中から明け方に発症します。

 

最初は、喉や胸が詰まる感じがして目が覚めます。
やがて、喘息が起きて呼吸が苦しくなります。
呼吸困難がひどくなると、寝ていられなくなり、起き上がって
座ってないと、呼吸ができない状態になり咳や痰が出てきます。
発作が収まると咳も軽くなり、痰の粘り気も少なくなって呼吸困難も治まります。

 

治療

気管支喘息の発作を止めるための対症療法と、
根本から治す、発作を起こさなくするための原因療法の2つがあります。

 

喘息の発作を抑える対症療法は薬剤が用いるのが中心となります。
治療法としては、基本的に気管支拡張剤や鎮咳剤(咳止め)、
去痰剤といった薬剤を使用します。
特にひどい場合には副腎皮質ステロイド系の薬剤を使います。
また、原因療法としては、特異的減感作療法(免疫療法)と
非特異的変調療法がおこなわれています。


スポンサーリンク

関連ページ

急性・慢性気管支炎
気管支喘息の発作はたいがい明け方に突然始まります。呼吸困難がひどくなると座り込まないと息ができなくなります。治療には発作を止めるための対症療法と根本から治す原因療法があります。
痰や咳・喀血する気管支拡張症
気管支拡張症の主な症状は、慢性的に続く咳と痰で、痰の検査で感染原因の病原体を調べます。血痰や喀血する場合もあります。現在は薬品の進歩による手術をしなくても良い場合もあります。
肺炎・肺化膿症
肺炎の病気の程度は軽いものから生命にかかわるものまで様々あります。肺化膿症は肺に原因となる病気がない原発性肺化膿症と、肺に病気があっておこる続発性肺化膿症に大別されます。症状と治療方法をみてみましょう。
間質性・膠原病性・薬剤性・過敏性・好酸球性肺炎
間質が結合した組織に炎症がおきる間質性肺炎、肺に合併症をおこす膠原病性間質性肺炎、他の病気を治療する目的で投与された薬剤でかかる薬剤性肺炎、有機性の塵を長期間吸い込むと過敏性肺炎(外因性アレルギー性胞隔炎)、カビや寄生虫アレルギー性の好酸球性肺炎(PIE症候群)
じん肺・肺線維症・肺結核・サルコイドーシス・非定型抗酸菌症
様々な粉塵が肺に蓄積されておこる肺の疾患のじん肺、肺の病気が進行して線維化がおこる肺線維症、結核菌による感染でおこる肺結核、肉毛腫がいたるところの臓器に出来るサルコイドーシス、結核菌を除く抗酸菌に感染する非定型抗酸菌症の症状と治療法です。
肺真菌症・肺寄生虫症
真菌が肺に感染する肺真菌症、寄生虫が肺で繁殖し他の臓器にも広がる肺寄生虫症の症状と治療法です。
肺気腫・肺膿疱・低換気症候群・過換気症候群・無気肺
肺胞が破壊されてガス交換の機能を失う肺気腫、肺の中に袋状の空間である膿疱が生じる肺膿疱、血液中に含まれる炭酸ガスが呼気で排出できない低換気症候群、過換気で炭酸ガスが大量に体外に排出される過換気症候群、肺の空気が極端に減少したり全く空気が入っていない状態の無気肺の症状と治療法です。
呼吸不全・成人型呼吸促拍症候群・睡眠時無呼吸症候群・肺血栓塞栓症
酸素と二酸化炭素のガス交換が障害を受け慢性と急性呼吸不全、原因となる基礎疾患が重い場合に成人型呼吸促拍症候群(ARDS)、10秒以上一晩に30回以上呼吸がない状態が睡眠時無呼吸症候群、肺動脈に塞栓物質が詰まり血行障害がおきる肺血栓塞栓症・肺梗塞症の症状と治療法です。
肺高血圧症・肺水腫・肺うっ血・気胸・胸膜炎・膿胸
肺動脈内の血圧が高くなる肺高血圧症、毛細血管圧が上昇して血管から液体成分が漏れ出すと肺水腫・肺うっ血、胸膜に穴があいて胸腔内に空気が溜まる気胸、肺疾患などの合併症として発病する胸膜炎(肋膜炎)、胸腔に溜まった膿で胸水が濁った状態になる膿胸の症状と治療法です。
縦隔炎・縦隔気腫・縦隔腫瘍・横隔膜の症状
縦隔内に起こる炎症の縦隔炎、縦隔の中に空気が漏れ出す縦隔気腫、縦隔に発生する腫瘍縦隔腫瘍には種類がある、外傷性と非外傷性に分けらる横隔膜ヘルニアの症状と治療法です。