胆石症・胆のう炎・胆管炎の治療を助ける食事療法

MENU

胆石症の食事療法

胆石症は胆汁の通り道の胆道に結石ができる病気です。
結石の数は、小さいものが複数できる、または大きいものが一つできることもあります。
結石を作る成分はコレストロールやビリルビン、カルシウムなどがあります。

 

食事療法のポイント
食事を規則正しくとる

不規則な食事は、結石による痛みが起きる原因となります。
三度の食事は決まった時間にとるようにします。

 

コレストロールを減らして栄養バランスの良い食事をする

結石の原因としては、食生活の変化によるコレストロールの過剰摂取です。
魚介類や肉は栄養価が高いのですが、それでも、コレストロールが多いものを控え、
脂身や甘いものもやめ、野菜も多く摂るようにします。

 

脂肪の多い食事を控える

脂肪は結石の原因かどうかは、わかっていませんが、結石の痛みの原因となるので、
脂肪の多い食品は避けるべきです。

 

胆のう炎・胆管炎

胆のう炎は胆のうに細菌が感染するもので、急性と慢性があり、悪寒や吐き気が現れて高熱がでます。みぞおちや右腹部に激痛があり、黄疸が現れることもあります。

 

胆管炎は、胆管内に細菌が感染するもので、胆石が胆管に詰まって発症することが多いもので、
胆管炎といえば通常は急性を意味しており、症状は胆のう炎に似ています。

 

食事療法のポイント
急性の場合は医師の指示が必要

急性胆嚢炎、急性胆管炎が起きた場合は、とても食べることができません。
医師の指示による治療が、まず必要です。

 

栄養バランスの良い食事を規則正しくとる

暴飲暴食を避け、栄養バランスの良い食事をを規則正しくとります。
三度の食事は決まった時間にとるようにします。

 

高たんぱく質を摂る

体力を維持するために、魚や肉、豆類などの高蛋白質をとり、
魚でも、うなぎ、カニ、卵類はコレストロールが高いので控えます。

たんぱく質

熱やエネルギーになり、身体組織を作る

牛ひれ肉・鶏ささみ・魚介類・卵・牛乳・大豆製品

【牛ひれ肉・鶏ささみ・魚介類・卵・牛乳・大豆製品】

スポンサーリンク

関連ページ

かぜ症候群・気管支喘息・肺炎の食事療法
風邪はウィルスに感染して起きる場合がほとんどで、対処療法しかありません。気管支喘息は気管支内が狭くなって空気が通りにくくなり、呼吸のたびに苦しくなります。肺炎は病原体が肺の組織に感染して炎症がおきるものです。
高血圧と低血圧の食事療法
様々な原因で血管が細くなったり、血液の量や濃度が変化して血管にかかる圧力が高くなるのが高血圧で、低血圧は疲労しやすいとか、頭痛、めまい、耳鳴り、食欲不振などがあります。治療を助ける食事療法です。
虚血性心疾患・うっ血性心不全・動脈硬化症
虚血性心疾患は冠状動脈が硬化して心筋の機能が低下や壊死したりする病気で、うっ血性心不全は、心臓の収縮力が落ちて心臓や肺、身体の静脈にうっ血がおきる病気、動脈硬化症は代表的な成人病の一つで食事療法で予防や治療をしましょう。
胃炎と胃・十二指腸潰瘍の食事療法
胃炎は、胃の粘膜に炎症が発生し、急性と慢性胃炎があります。胃・十二指腸潰瘍は胃や十二指腸の内側粘膜が炎症をおこし、ただれたり剥がれたりします。食事で療法する食事療法です。
過敏性腸症候群・潰瘍性大腸炎・大腸ポリープの食事療法
過敏性腸症候群はストレスなど心因性の原因で下痢と便秘を繰り返したり、潰瘍性大腸炎は大腸粘膜に潰瘍ができ腹痛を伴い粘血便や下痢がおきてきます。大腸ポリープは、腸の粘膜がキノコ状に突出する病気で、治療を手助けする食事療法です。
急性肝炎と慢性肝炎
急性肝炎は肝臓に発生する急性の炎症でアルコール性やウィルス性のものがあります。肝臓に慢性の炎症があるものが慢性肝炎ですが、急性肝炎が半年以上続いている場合も慢性肝炎です。
アルコール性肝障害・脂肪肝・肝硬変
アルコール性肝障害はアルコールを大量に長期間飲み続けることで肝臓に障害が起きるものです。脂肪肝は肝細胞の中に中性脂肪が大量に蓄積して腫れてしまい肝機能に障害が発生もので、線維化が肝臓全体に及ぶのが肝硬変です。
急性膵炎と慢性膵炎・痔
胆石症は胆汁の通り道の胆道に結石ができる病気です。胆のう炎は胆のうに細菌が感染するもので、急性と慢性があり、悪寒や吐き気が現れて高熱がでます。胆管炎は、胆管内に細菌が感染するもので、胆石が胆管に詰まって発症します。
急性腎炎と慢性腎炎・ネフローゼ症候群
急性腎炎は腎の糸球体に抗原抗体反応による炎症がおこるもので、慢性腎炎は腎臓の糸球体に色々な病変が起こってきます。血液中のタンパクが不足したり、むくみが現れたものが、ネフローゼ症候群です。
腎不全と腎・尿管結石
腎不全には急性・慢性があり、急性は急速に腎機能が低下し、乏尿となって、体内の老廃物が排出されなくなります。腎盂や腎杯にカルシウム、リン尿酸などに石の塊である結石ができるものが腎結石で、尿管に結石ができるものが尿管結石です。
貧血と出血性の病気
貧血は、血液中の赤血球が血色素が減少して血液中の酸素濃度も減少するものです。出血性の病気は皮膚に紫斑ができたり、歯茎から出血しやすい、出血がとまりにくいなど、出血がおきやすい病気です。
糖尿病と高脂血症の病気
糖尿病は代表的な成人病で、インスリンの不足、作用不全になると、糖質の代謝が阻害されて、高血糖と尿糖がおこります。高脂血症は、血液中にコレステロールや中性脂肪などが増加した状態です。食事療法と運動療法を行います。
肥満症と痩せ・痛風の病気
肥満症は、全身に必要以上の脂肪が蓄積されているもので、肥満を放置すると、糖尿病や高脂血症、高血圧症、動脈硬化などが起きやすくなります。痩せは身体の脂肪組織が非常に少ない状態です。
慢性関節リウマチと骨粗鬆症
慢性関節リウマチは、複数の関節が痛むようになり、次第に関節が変化してくる病気で、骨粗しょう症は、骨からカルシウムが溶け出し、骨の中がスカスカになり骨折しやすい状態になります。
妊婦の食事と食物アレルギー
妊婦は体内で育つ胎児に必要十分な栄養を与えるため、普通のときの食事よりも、食事に気を使う必要があります。人によっては食物がアレルギーの原因のアレルゲンとなり、腹痛、下痢や嘔吐、じんましんなどの症状を起こします。
癌予防の食事療法
現在は、食生活の欧米化で食物繊維の摂取不足による乳がんや大腸がんが増えています。癌を予防するには、栄養バランスの良い食事をして、脂肪や塩分を控えて、緑黄色野菜をたくさん摂ることです。