自律神経失調症・クインケ浮腫・頭部外傷・頭部外傷後遺症の症状

MENU

内臓をコントロールする自律神経に異常がおきる自律神経失調症

内臓をコントロールする自律神経に異常がおきる自律神経失調症

 

受診科

神経内科・内科・心療内科

 

原因

自律神経は、寝ているときでも動いている心臓や内臓をコントロールしています。
自律神経失調症は、その内臓器官をコントロールする自律神経に異常がおきるものです。

 

心理的ストレスなどの心因性が原因となり、自律神経失調症を患う人のほとんどは、この心因性によるものです。また、他の要因では、自律神経そのものがバランスを崩すことですが、これは体質と性格に起因します。

 

自律神経の中枢は大脳皮質の影響も受けていますから、心と身体の接点の問題でもあります。男女ともにおこる可能性があり、発症年齢も乳幼児から高齢者まで幅広くなります。

 

症状

疲労感や冷えやすさや失神などで、その他は自律神経の影響下にある様々な器官に障害がおきます。脳神経系ではめまい・頭痛などで、循環器系では胸痛・動悸など、呼吸器系では息切れ・あくび・咳などで、消化器官系では食欲不振・便秘や下痢・嘔吐などの異常がみられます。

 

また、骨や関節、筋肉などでは筋肉痛や肩こり、腰痛など、皮膚では発汗や冷えなどがおきてきます。これらの症状が複数で現れますが、内臓だけに限って現れることもあります。

 

治療

自律神経調整剤、抗不安剤、抗うつ剤などの薬物療法と、日常生活を規則正しくして不要なストレスを避けるようにします。

 

毛細血管から流出する液が増えてむくみがおきるクインケ浮腫

原因

クインケ浮腫は、血管神経性浮腫ともいい、毛細血管から流出する液が増えて、組織に溜まってむくみがおきます。血管を支配している血管神経が過剰に興奮して、毛細血管の透過性が高まるのが原因です。

 

自律神経の働きが不安定だったり、アレルギー体質の人に多い病気で、体質が遺伝するといわれていますが、非遺伝性のものがあります。

 

症状

突然、まぶたや唇などがむくみますが、数日でおさまり、また、むくみがでます。このむくみは数センチのもので、指で押しても硬いもので、痒みや痛みなどはありませんが、胃の粘膜がむくむことで、嘔吐、腹痛、下痢などがおき、喉の粘膜がむくむと呼吸困難になります。

 

治療

自律神経の動きを調整する変調療法や、アレルゲンに身体を慣れさせる減感作療法が有効とされています。薬剤としては、抗ヒスタミン剤を使用します。


スポンサーリンク

関連ページ

髄膜炎の症状と治療法
髄膜に炎症が起きる化膿性髄膜炎、化膿性髄膜炎の一種である流行性脳脊髄膜炎、結核菌が髄膜に達して炎症を起こす結核性髄膜炎と髄膜炎といっても多数あります。頭痛はもちろんのこと、背中が硬くなり首を曲げると痛いのです。
脳炎・髄膜炎の症状と治療法
ウィルスが脳に達して炎症が起きれば脳炎となり、脊髄膜であればウィルス性髄膜炎になります。結核菌が髄膜に達して炎症をおこす結核性髄膜炎や、遅発性ウィルス脳炎はかなり日数が経過してから、発病する病気で寝たきりなどになる怖い病気です。
脊髄癆・多発性神経炎・ギランバレー症候群・視束脊髄炎
脊髄の神経に障害がおきる脊髄癆、手足の末梢神経がダメージを受ける多発性神経炎、原因がわからないギランバレー症候群(急性多発性神経炎)、視神経と多発性硬化症の一種である視束脊髄炎の症状と治療法です。
パーキンソン病・症候群、ハンチントン舞踏病
衰弱などの合併をおこすと死亡するパーキンソン病、パーキンソン病の中でも原因となる病気がわかっている場合が症候性です。ハンチントン舞踏病は大脳皮質の神経細胞が障害をおこす病気で症状と治療法です。
ジストニー・シャイドレーガー症候群・脳性麻痺・多発性硬化症
意思に関係なく筋肉が捻じ曲がるジストニー、神経細胞の変性でおきるシャイ・ドレーガー症候群、脳の障害で運動機能に打撃を受ける脳性麻痺、脱髄変化で運動障害や知覚障害がおきる多発性硬化症の症状と治療法です。
脊髄小脳変性症・空洞症・萎縮症・脊髄血管腫・変性症
脊髄・脳幹・小脳に変性がおきる脊髄小脳変性症、脊髄の中心部に空洞がおきる脊髄空洞症、筋肉を収縮させる神経に障害がおきる脊髄性進行性筋萎縮症、脊髄の循環不全や出血による脊髄血管腫、ビタミンB12の欠乏による亜急性連合性脊髄変性症の症状と治療法です。
筋萎縮性側索硬化症・進行性球麻痺・筋萎縮症・精神遅滞
神経に障害がおきる筋萎縮性側索硬化症、筋肉を収縮させる神経に障害がおきる進行性球麻痺、遺伝で末梢運動神経や知覚神経に変性が起きる神経性進行性筋萎縮症、原因がある原因がわからないものに分かれる精神遅滞の症状と治療法です。
顔面神経麻痺・三叉神経痛・舌咽神経痛の症状
突然、顔半分が動かせなくなる顔面神経麻痺、神経の血管が圧迫されて末梢神経に疼痛を感じる三叉神経痛、毛細血管の神経圧迫や腫瘍が原因となる舌咽神経痛の症状と治療法です。
ジストロフィー・多発性筋炎・筋無力症・ミオパチー・四肢麻痺の症状
筋肉に異常があって筋肉細胞が壊れる進行性ジストロフィー、染色体に異常をもつ筋緊張性ジストロフィー、筋肉を構成している筋線維の変性で炎症がおきる多発性筋炎、免疫異常で神経と筋肉の接合部分で阻害される重症筋力症、筋線維が構造上の細かい変化をおこす先天性ミオパチー、血液中のカリウム濃度の関係か原因が不明の周期性四肢麻痺の症状と治療法です。
頭部外傷・頭部外傷後遺症の症状
頭部へ大きな力が加えられることで脳の組織が破壊され障害がおきる頭部外傷、頭部外傷が落ち着いてから、検査をしても異常がないのにも関わらず原因不明でおきる頭部外傷後遺症の症状と治療法です。
脳膿瘍・脳静脈洞血栓症・脳腫瘍の症状
脳の中に細菌が感染して化膿して膿がたまる脳膿瘍、血栓が生じ頭蓋の中の圧力が高くなる脳静脈洞血栓症、頭蓋の中に原因不明の腫瘍が発生する脳腫瘍の症状と治療法です。
脊髄炎と急性散在性脳脊髄炎の症状
脊髄に様々な炎症がおきる脊髄炎には「灰白脊髄炎」「髄膜脊髄炎」「白質脊髄炎」にわかれ、脊髄炎といえば白質脊髄炎がほとんどを占めるほどです。また神経線維を囲む髄鞘が破壊される急性散在性脳脊髄炎の症状と治療法です。
脳卒中(脳内出血・くも膜下出血・脳梗塞)後遺症・失語症の症状
連動機能や言語機能が麻痺する脳卒中の原因によって脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞に分かれます。脳卒中の発作による脳卒中後遺症、大脳の左にある言語中枢が障害を起こす失語症は脳卒中の影響によって症状が現れます。
脳動脈瘤・脳虚血発作・高血圧性脳症・慢性脳循環不全の症状
脳の動脈の一部がコブのように膨らむ脳動脈瘤、脳への血液が一時的にとだえる一過性脳虚血発作、急激に血圧が上昇して脳圧も上がって脳にむくみがおきる高血圧性脳症、脳の血管におきた動脈硬化で脳への血流に障害がおきる慢性脳循環不全の症状と治療法です。
認知症(痴呆)と水頭症の症状
脳の働きが障害されて知能が低下する認知症(痴呆)には症状の違いで、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症にわかれます。脳髄膜液が頭蓋に多量に溜まる水頭症には先天性と後天性のものに分かれ症状と治療法です。
頭痛と片頭痛の症状
脳膜などの痛みを感じる組織が刺激される頭痛は血管性頭痛、緊張性頭痛、血管障害頭痛、頭蓋内疾患によるもの、神経痛の頭痛の種類があります。また血管性の慢性頭痛で原因不明の片頭痛の症状と原因です。
てんかんとモヤモヤ病の症状
大脳皮質の神経細胞が異常活動をおこすてんかんは原因がわかるものは症候性てんかんで原因不明なものは真性てんかんといいます。脳低部の動脈から周囲の小さな血管に血液が漏れるモヤモヤ病の症状と治療法です。