胸が痛い呼吸困難を伴う胸痛

MENU

胸痛

発熱を伴い胸の表面が痛む

疑われる病気主な症状
胸膜炎
膿胸
胸膜炎(きょうまくえん)は、発熱と共に胸や上腹部の筋肉に突然さすような鋭い痛みがおき、痛みは数秒から数分で治まるが再発する
肺炎
肺化膿症
肺炎は発熱や悪寒、咳、痰などがみられ、胸痛は発熱後に刺すような痛みがみられ、深呼吸や咳をすると痛みが治まり、重症になると低酸素血症になる
急性気管支炎急性気管支炎(きゅうせいきかんしえん)は、38度前後の発熱と乾いた咳で発病。咳は次第に湿り気を帯び、痰が出てくる。強い咳のために胸や腹筋が傷むこともある。
インフルエンザインフルエンザは、39度前後の急な発熱と悪寒で発病。だるさ・頭痛・腰痛・筋肉痛・関節痛など全身症状が強いのが特徴。
急性心膜炎急性心膜炎(きゅうせいしんまくえん)は、胸痛・動悸・息苦しさなどがみられ、胸痛は通常、胸骨の裏側から左前胸部にかけておこり、刺すような鋭い痛みや鈍い痛みが続く
心筋炎心筋炎(しんきんえん)は、発熱やのどの痛み、頭痛、倦怠感、吐き気、下痢などが風邪の症状で始まり、数日後に動悸、胸痛、脈の乱れ、むくみなどがおこる
食道炎食道炎(しょくどうえん)は、胸やけがしたり、食物を飲み込むときに胸骨の後が痛む

 

胸が痛む

疑われる病気主な症状
肋間神経痛肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)は、肋骨に電気が走るような激しい痛みを感じ、深呼吸や咳などで痛みが始まる
心臓神経症心臓神経症は、動悸や頻脈、胸痛、呼吸困難などがみられ、胸痛はチクチクと痛み、痛む部位や痛み方が一定ではないのが特徴
胸部挫傷(打撲)胸部挫傷(きょうぶざしょう)は、胸部に痛みはあるものの、肋骨骨折や出血していないかの損傷の有無を確認する必要がある
肋骨骨折肋骨骨折(ろっこつこっせつ)は、外傷性の他に疲労性腫瘍や炎症、骨粗鬆症などでもおき、肋骨が折れると限局的な鋭い胸痛がある
帯状疱疹帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、身体の片側に虫刺されのような紅斑が帯状に密集して現れ、やがて水ぶくれができ、神経痛を伴うのが特徴的

 

胸の奥が締め付けられるように痛む

疑われる病気主な症状
狭心症狭心症(きょうしんしょう)は、階段を上ったとき、激しい運動をしたあと、精神的に興奮したあと、食後など、左胸から中央にかけて締め付けられるような痛みがおこり、安静にすると治まる。また、眠っているときに胸痛で目が覚めたり、洗面所で胸が締め付けられるように痛みがある。特に就寝中から明け方にかけて胸痛が周期的に繰り返しおこる。
心筋梗塞心筋梗塞(しんきんこうそく)は、胸の中央からやや左よりに締め付けられるような痛み、もしくは押し付けられるような激しい痛みがおき、高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満者に多い
解離性大動脈瘤解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)は、胸を中心にみぞおち、背中、腹、腰などに放散する痛みが移動し、発汗、嘔吐、不安感などに伴い、ショック状態になることが多い

 

深呼吸や咳をすると胸痛がある

疑われる病気主な症状
胸膜炎胸膜炎(きょうまくえん)は、胸痛、胸部圧迫感、咳、呼吸困難、発熱など現れ、深呼吸や咳をすると痛みが増し、痛いほうの胸を下にして横になると楽になる

 

呼吸困難を伴う

疑われる病気主な症状
自然気胸自然気胸(しぜんききょう)は、胸部に突然、刺すような鋭い痛みがあり、息切れ、呼吸困難、乾いた咳、動悸などを伴う
肺梗塞症肺梗塞症(はいこうそくしょう)は、呼吸困難、咳、胸痛、血痰などが主な症状を伴うこともある
肺血栓塞栓症肺血栓塞栓症(はいけっせんそくせんしょう)は、急激な呼吸困難、胸痛、咳、血痰、頻脈、不整脈などがみられ、肥満、高齢、長期間病床に伏せている人に多く低酸素血症をきたすこともある
縦隔腫瘍縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)は、腫瘍が大きくなって、心臓などを圧迫しはじめると、呼吸困難、動悸、胸痛が現れ、低酸素血症をきたすこともある

 

症状で見る病気 関連ページ

スポンサーリンク