微熱が続き動悸・息切れが伴う症状は軽い病気?重い病気?

MENU

微熱が続き他の症状を伴う病気

動悸・息切れがある

疑われる病気主な症状
感染性心内膜炎感染性心内膜炎(かんせんせいしんないまくえん)は、微熱が続き、だるい、むくむ、動悸がする、息切れなどがみられる。手足、胸部、腹部に点状の出血や紫色の盛り上がったしこりが現れることもある
心筋炎心筋炎(しんきんえん)は、発熱やのどの痛み、頭痛、倦怠感、吐き気、下痢などが風邪の症状で始まり、数日後に動悸、胸痛、脈の乱れ、むくみなどがおこる
バセドウ病バセドウ病は、食欲が増進するにもかかわらず体重が減少し、脈が速くなって動悸を感じ、汗ばむ、疲れやすい、指のふるえや甲状腺の腫れ、眼球の突出などが現れる

 

腹痛がある

疑われる病気主な症状
急性ウィルス肝炎急性ウィル肝炎は、全身倦怠感、脱力感、吐き気、発熱などが典型的な症状で、上腹部に鈍痛があり数日後に黄疸が現れる
肝膿瘍肝膿瘍(かんのうよう)は、発熱、みぞおちの右側あたりの痛み、倦怠感、発汗、食欲不振などがある
胆のう炎胆のう炎(たんのうえん)は、右上腹部の痛み、吐き気、腹部膨満感、下痢、便秘などがあり、疲労や過食によって症状が悪化して発熱することがある

 

下痢がある

疑われる病気主な症状
寄生虫病寄生虫病(きせいちゅうびょう)は、寄生虫に汚染された飲食物を摂取して、消化器症状、皮膚の異常、呼吸器症状、貧血などがみられる
腸チフス腸チフスは、40度の高熱がしばらく続き、下痢、咳、頭痛、発疹などがおき海外で感染することが多い

 

腰痛がある

疑われる病気主な症状
慢性腎盂腎炎慢性腎盂腎炎(まんせいじんうじんえん)は、食欲不振、倦怠感、微熱、腰痛、尿が出ない、残尿感などが特徴的で、高血圧の合併がみられる

 

首の痛みや腫れがある

疑われる病気主な症状
伝染性単核症伝染性単核症(でんせんせいたんかくしょう)は、発熱や全身のリンパ節の腫れ、喉の炎症などがみられ、発熱は微熱が続くこともあれば40度くらいの高熱が出ることもある
亜急性甲状腺炎亜急性甲状腺炎(あきゅうせいこうじょうせんえん)は、風邪の症状で始まり、高熱、甲状腺の腫れや痛み、倦怠感、筋肉腫などを伴い、疲れやすく、汗をかきやすい

 

発熱と関節痛がある

疑われる病気主な症状
慢性関節リウマチ慢性関節リウマチは、朝、起きた時、手や手指の関節がこわばるのが典型的な症状で、微熱、倦怠感、体重の減少で始まり、やがて特定の関節の腫れや痛みが現れて、他の関節にも広がっていく
全身性エリテマトーデス全身性エリテマトーデスは、全身の倦怠感や体重の減少がみられ、微熱が続いたり高熱が出ることもある。顔や手足、胸などに紅斑が出ることもあり、寒いときには手指が青白くなる

 

顔色が悪い

疑われる病気主な症状
貧血貧血は、疲れやすく、めまい、動悸、息切れ、微熱、足のしびれ、顔面蒼白、口の中の荒れ、下まぶたの粘膜が白くなるなどがみられる

 

痩せる、もしくは衰弱してくる

疑われる病気主な症状
各種の癌肺がん、大腸がん、直腸がん、白血病、骨肉腫などでも微熱が続くこともある
敗血症敗血症(はいけつしょう)は、高熱が続き、1日のうちで熱の上がり下がりが激しい
白血病白血病(はっけつびょう)は、出血、貧血、発熱が三大症状ですが、その他にも、倦怠感、リンパ節の腫れ、神経症状などが現れることもある
悪性リンパ腫悪性リンパ腫は、首、腕、足の付け根などに痛みのないグリグリとしたしこりが現れ、進行するとリンパ管の腫れ、発熱、体重の減少、寝汗などがある

 

海外旅行をした後

疑われる病気主な症状
マラリアマラリアは、筋肉痛、頭痛、微熱などが続いた後、突然40度前後の高熱が出て、その後も発熱と解熱を繰り返す
回帰熱回帰熱(かいきねつ)は、高熱が数日続いて急に下がる高熱期と解熱期を交互に繰り返す。発熱のほかに頭痛、筋肉痛、腰痛、ふるえなどが起こることもある
デング熱デング熱は、悪寒、発熱、身体の痛み、発疹、リンパ節の腫れなどがみられ、熱は5〜6日目にひく

 

症状で見る病気 関連ページ

スポンサーリンク