肛門が痒い・痛い・出血するの症状

MENU

症状で違う病気

肛門が痒い

疑われる病気主な症状
内痔核、裂肛(切れ痔)、痔ろう(穴痔)などで、分泌物が肛門に付くと、湿疹や皮膚炎をおこして痒みがおこることがある
肛門痩痒症肛門痩痒症(こうもんそうようしょう)は、局部に病変が見当たらないのに痒くなる。かゆみは特に夜、布団に入ると、温まってひどくなる

 

肛門が痛い

疑われる病気主な症状
内痔核内痔核(ないじかく)は、直腸や肛門付近の静脈がうっ血して膨れ上がり、排便時にほとばしるように、またはポタポタ落ちるように出血する
裂肛
切れ痔
裂肛(れっこう)は、肛門の粘膜が切れて排便時に焼けるような痛みと出血を伴い排便後も強い痛みが続く
痔ろう
穴痔
痔ろうは、膿が溜まると腫れて座れないほど痛み発熱を伴う
肛門周囲膿瘍肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)は、肛門の周囲に膿が溜まり、腫れて激しい痛みを伴い、炎症を起こすと高熱がでる
直腸狭窄直腸狭窄(ちょくちょうきょうさく)は、直腸がんや他臓器のがん転移などで直腸に狭窄がおきると、排便時痛、血便、渋り腹などの症状が現れる

 

肛門から出血する

疑われる病気主な症状
胃潰瘍胃潰瘍(いかいよう)は、みぞおちの痛み、吐血や下血、胸やけ、げっぷなどが見られ、腹痛は食後におこりやすい
十二指腸潰瘍十二指腸潰瘍は、みぞおちの痛み、胸やけ、出血、吐き気などで、痛みや空腹時や夜間に起こることが多い
大腸憩室大腸憩室(だいちょうけいしつ)は、腹痛、発熱、嘔吐、腹部膨満感、血便などがみられる
潰瘍性大腸炎潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)は、血便、腹痛、渋り腹などで、1日に何度も便意がおき、重症になると、発熱や頻脈、貧血、体重減少などを伴うこともある
虚血性大腸炎虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)は、突然の激しい上腹部痛と共に鮮血便が出て、下痢、吐き気、嘔吐、発熱などを伴う
大腸ポリープ大腸ポリープは、下血、残尿感、肛門の奥の異物感などの症状を示す
直腸がん直腸がんは、黒色便あるいは鮮血が付着した便、下痢と便秘を繰り返す、便通が不規則になり、腹痛、発熱などだが、早期ではまったく症状がない
内痔核内痔核(ないじかく)は、直腸や肛門付近の静脈がうっ血して膨れ上がり、排便時にほとばしるように、またはポタポタ落ちるように出血する
裂肛
切れ痔
裂肛(れっこう)は、肛門の粘膜が切れて排便時に焼けるような痛みと出血を伴い排便後も強い痛みが続く
直腸脱直腸脱は、排便時などに直腸が肛門の外に脱出して、脱出の程度が激しいと、脱出時に出血を伴うこともある

 

症状で見る病気 関連ページ

スポンサーリンク