吐き気・嘔吐があり頭痛・めまい・腹痛を伴う症状

MENU

吐き気や嘔吐と伴う症状

頭痛がし発熱はない

疑われる病気主な症状
風邪症候群風邪症候群は発熱・悪寒・くしゃみ・鼻水・鼻つまり・声枯れ・咳・痰・頭痛・だるさがある。
インフルエンザインフルエンザは39度前後の急な発熱と悪寒で発病。だるさ・頭痛・腰痛・筋肉痛・関節痛など全身症状が強いのが特徴。
ウィルス性脳炎
髄膜炎
ウィルス性脳炎は、発熱、激しい頭痛、吐き気、嘔吐、痙攣、意識障害がある。髄膜炎では首の後ろが硬く貼り、前に曲げようとすると抵抗があるのが特徴的

 

頭痛があるものの発熱はない

疑われる病気主な症状
緊張性頭痛緊張性頭痛(きんちょうせいずつう)は、後頭部、こめかみ、額などを中心に、締め付けられるような頭痛がおこり、肩や首が凝る。精神的ストレス、肉体的な緊張が続いたときに起こりやすい
片頭痛片頭痛(へんずつう)は、目がチカチカし、視野が狭くなり、肩が凝るなどの前触れ症状の後、ズキンズキンと脈打つような頭痛がおき、吐き気や嘔吐を伴うこともある
眼鏡の不適合眼鏡のレンズと視力が合ってないと、目の疲れ、頭痛、肩こり、吐き気などが起こることもある
頭部外傷後遺症頭部外傷後遺症は、頭部に外傷を受けた後、頭痛、手足の麻痺、知能障害などがある
脳出血
脳溢血
脳出血(のうしゅっけつ)は、突然、左右どちらかの手足の動きが鈍くなり、頭痛、めまい、嘔吐がおきたり、大きないびきをかく、ろれつが回らない、麻痺、意識障害がおきる
脳梗塞脳梗塞(のうこうそく)は、半身の運動麻痺、感覚障害、言語障害、視野障害などがみられる
くも膜下出血くも膜下出血(くもまっかしゅっけつ)は、頭を殴られたような激しい頭痛が突然おこり、続いて吐き気、嘔吐、意識障害などがみられ、重症でなければ数分〜30分の間に意識は回復するが、そのあとも頭痛と嘔吐が続く
慢性硬膜下血腫慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしょう)は、脳と中枢神経を包む三枚の髄膜の内、最も外側にある強い膜と、その内側にあるくも膜の間で出血による頭痛、吐き気、嘔吐、麻痺、物忘れなどが現れ、壮年から老年の男性が多い
緑内障緑内障(りょくないしょう)は、急に視力が悪くなって、目が痛み、頭痛、吐き気、嘔吐がおきる
高血圧性脳症高血圧性脳症は、急激に血圧が上昇し、頭痛、耳鳴り、手足のしびれなどが起こる。頭全体か、頭痛は顔から後頭部にかけて、ズキンズキンと痛む
脳腫瘍脳腫瘍(のうしゅよう)は、頭痛や吐き気、発熱、運動障害、言語障害、けいれんなどがある。

 

めまいを伴う

疑われる病気主な症状
乗り物酔い乗り物酔いは、乗り物の揺れを不快を感じ、胸がむかむかしてひどい場合は嘔吐し、顔面蒼白、生唾、冷や汗、頭痛、めまいなどを伴うこともある
急性中毒急性中毒とは、薬物、食品、大気などにある毒性物質により、人体が急に機能障害をおこすことをいい、アルコール中毒や農薬による中毒などで吐き気や嘔吐が起きることもある
内耳炎内耳炎は、片側の耳の難聴、耳鳴り、耳が詰まった感じ、めまい、吐き気、嘔吐がみられる
メニエール病メニエール病は、突然、自分や周囲がグルグル回転するようなめまいがおこり、吐き気、嘔吐、難聴、耳鳴りなどを伴う。
起立性調節障害
起立性低血圧症
起立性調節障害は、急に立ち上がったときや、長時間立ち続けたときに、めまいや立ちくらみがおこり、倦怠感、頭痛、腹痛をともなう
慢性脳循環不全慢性脳循環不全(まんせいのうじゅんかんふぜん)は、脳卒中のような発作や麻痺は現れないが、耳鳴り、頭痛、めまいなどをみる動脈硬化による脳への血流障害が原因
小脳出血小脳出血の原因は高血圧が大半で、小脳に出血が起きると急で激しい嘔吐、頭痛、めまい、手足の麻痺、言語障害などの症状がみらる。
突破性難聴突破性難聴(とっぱせいなんちょう)は、片側の耳に突然難聴がおこり、めまいを伴い、耳鳴りがしたり、耳が詰まるような感じがすることもある
急性腹膜炎急性腹膜炎(きゅうせいふくまくえん)は、突然、激しい腹痛がおこり、吐き気、嘔吐、喉の渇き、ふるえ、38度以上の発熱、頻脈がある
虫垂炎
(盲腸炎)
虫垂炎(ちゅうすいえん)は、右下の腹部が痛くなり吐き気や嘔吐がおきる。へその周囲痛や下痢、発熱がある
食中毒食中毒は、嘔吐や腹痛、発熱などが急激におこる

 

腹痛を伴う

疑われる病気主な症状
食道裂孔ヘルニア食道裂孔ヘルニア(しょくどうれっこうへるにあ)は、胸やけ、胸痛、げっぷ、食物が飲み込みにくいなどの症状が現れ、症状は食後に起こりやすく、起き上がって歩くと症状が軽減する。
食道炎食道炎(しょくどうえん)は、胸やけがして、食物を飲み込むときに痛みがある
急性胃炎急性胃炎では、みぞおちの痛み、吐き気、嘔吐などの症状が現れ、症状の現れ方が急激
胃潰瘍胃潰瘍(いかいよう)は、みぞおちの痛み、吐血や下血、胸やけ、げっぷなどが見られ、腹痛は食後におこりやすい
十二指腸潰瘍十二指腸潰瘍は、みぞおちの痛み、胸やけ、出血、吐き気などで、痛みや空腹時や夜間に起こることが多い
胆石症胆石症(たんせきしょう)は、みぞおちから上腹部にかけて突然激しい痛みが起き、痛みは背中から肩まで広がり、吐き気、寒気、震えを伴うこともあり、脂肪の多い食事をした後に起こりやすい
胆のう炎胆のう炎(たんのうえん)は、寒気、ふるえ、吐き気、発熱、みぞおちや、右上腹部の痛みなどの症状が現れ、急性症状が消えた後でも、同様の症状を繰り返し起きてきて慢性になることもある
急性膵炎
慢性膵炎
膵炎(すいえん)は、上腹部や背中に強い痛みがおこり、痛みのために、身体を折り曲げるような姿勢をとり、アルコールを飲み過ぎたときに起こるのは急性膵炎で、3か月以上鈍痛が続く場合は慢性膵炎
腸閉塞
イレウス
腸閉塞(ちょうへいそく)は、突然あるいはだんだん激しくなる腹痛、嘔吐、排便・排ガスの停止が大きな症状で、脱水症状やショック症状がみられることもある
急性ウィルス肝炎急性ウィル肝炎は、全身倦怠感、脱力感、吐き気、発熱などが典型的な症状で、上腹部に鈍痛があり数日後に黄疸が現れる
月経困難症月経困難症(げっけいこんなんしょう)は、下腹部痛、腰痛、頭痛、吐き気、イライラなど月経に伴う症状が強く日常生活が困難になる
子宮外妊娠子宮外妊娠(しきゅうないにんしん)は、月経が遅れ、急な下腹部痛と少量の出血が典型的な症状がある
妊娠妊娠してから5〜6週目からつわりが始まり、むかむかし、胃がもたれる、吐き気、嘔吐、胸やけ、げっぷなどがおきる

 

代表的な症状は吐き気と嘔吐

疑われる病気主な症状
心筋梗塞心筋梗塞(しんきんこうそく)は、胸の中央からやや左よりに締め付けられるような痛み、もしくは押し付けられるような激しい痛みがおき、高血圧症、高脂血症、糖尿病、肥満者に多い
ケトアシドーシスケトアシドーシスは、飢餓、糖尿病などでの糖利用障害のある場合、血中にケトン体が増殖して血液は酸性(アシドーシス)になり、そのため、多尿、喉の渇き、吐き気、嘔吐、腹痛などがおこり、意識障害が現れることがある
日射病日射病(にっしゃびょう)は、日光の直射を長く受けた後、頭痛、吐き気、発熱と共に発汗が激しくなる
熱射病熱射病(ねっしゃびょう)は、高温・多湿の場所に長くいた後、頭痛、吐き気、発熱と共に脱水症状が激しくなる
急性副腎皮質機能不全急性副腎皮質機能不全は、倦怠感、脱力感、発熱、吐き気、嘔吐、腹痛、脱水、血圧低下、不安感、意欲の低下などを示す
ヒステリーヒステリーは、手足の震え、全身のけいれん、歩けない、立てない、目がみえない、耳が聞こえない、顔が朦朧とするなどの症状が現れる
薬剤の服用薬剤の服用、解熱鎮痛剤、抗生物質、強心剤などの服用によって胃の粘膜が刺激されて、吐き気や嘔吐を伴うことがある

 

症状で見る病気 関連ページ

スポンサーリンク