めまいがする耳鳴りや難聴が伴うか伴わないか

MENU

めまいと耳鳴りと難聴

耳鳴りや難聴を伴う

疑われる病気主な症状
急性中耳炎急性中耳炎は、耳の強い痛みと発熱が特徴で、耳が詰まった感じがし、難聴、耳垂れなどを伴う
乳様突起炎乳様突起炎(にゅうようとっきえん)は、中耳炎の一種で、発熱、頭痛、めまい、海の混じった耳垂れなどの症状がみられる。
頭部外傷後遺症頭部外傷後遺症は、一過性の意識消失、健忘、頭痛、吐き気、めまいなどの症状が現れる
突破性難聴突破性難聴(とっぱせいなんちょう)は、片側の耳に突然難聴がおこり、めまいを伴い、耳鳴りがしたり、耳が詰まるような感じがすることもある
薬剤性難聴薬剤性難聴(やくざいせいなんちょう)は、薬剤(結核治療剤・利尿剤・リウマチ治療剤・抗がん剤)を服用して難聴、めまい、耳鳴りがおこることもある
メニエール病メニエール病は、突然、自分や周囲がグルグル回転するようなめまいがおこり、吐き気、嘔吐、難聴、耳鳴りなどを伴う。
内耳炎内耳炎は、片側の耳の難聴、耳鳴り、耳が詰まった感じ、めまい、吐き気、嘔吐がみられる
帯状疱疹帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、発熱や悪寒と共に耳の周囲に帯状に赤い水疱が発生して痛み、脳神経が侵されると難聴やめまいがおこることがある
聴神経腫瘍聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)は、神経鞘腫で緩やかに進化する良性腫瘍で、初期には軽い難聴や耳鳴り、進行するとめまいや顔にしびれなどが現れる
外耳道異物外耳道異物は、外耳道に虫や砂などの異物が入って難聴や耳痛がおきる

 

グルグル回るようなめまいで耳鳴りや難聴はない

疑われる病気主な症状
小脳出血小脳出血の原因は高血圧が大半で、小脳に出血が起きると急で激しい嘔吐、頭痛、めまい、手足の麻痺、言語障害などの症状がみらる。
くも膜下出血くも膜下出血は、頭を殴られたような激烈な頭痛がおき、続いて吐き気、嘔吐、けいれん、意識喪失などがみられる
良性発作性頭位眩暈症良性発作性頭位眩暈症は、頭の位置や体位を変えたときに強いめまいを感じるもので、内耳迷路の血流障害による低血圧、痙性めまい、メニエール病の発作間欠期にみられる
前庭神経炎前庭神経炎は、内耳道内を通る内耳神経を形成する前庭神経に炎症が及ぶと突発的にめまいがおこり、めまいは長時間続くが反復することはなく、身体を動かしたり歩いたりするとフラフラする。

 

フラフラ揺れるめまいで耳鳴りや難聴はない

疑われる病気主な症状
二日酔いアルコールの引用で頭痛や吐き気、嘔吐、めまいなどを起こすもので非片頭痛型血管性頭痛とも言われる
乗り物酔い乗り物酔いは、乗り物の揺れを不快に感じ、胸がむかむかして、ひどい場合は嘔吐し、顔面蒼白、生唾、冷や汗、頭痛、めまいなどを伴うことがある
視力障害視力障害は眼精疲労でめまいを感じることがある
不安神経症不安神経症は、漠然とした不安から恐怖や苦しみがおこり、激しい動悸や息切れ、冷や汗、手足のしびれ、めまいを感じる
眼筋麻痺眼筋麻痺は、物が二つに見え、両目を開けているとめまいを感じる
むち打ち損傷むち打ち損傷は、首・肩・背中の痛み、頭痛、首や肩が動かしにくく、腕の痛みやしびれ、めまい、難聴などがみられる
低血糖症低血糖症は、異常な空腹感、脱力感、手足の震え、動悸、イライラなどの症状が現れる
更年期障害更年期障害は、閉経前後に動悸、めまい、のぼせ、頭痛、不眠症、発汗、疲れやすい、肩こりなどの症状がみられる。
ガス中毒・酸欠ガス中毒・酸欠は、顔のほてり、頭痛、吐き気、嘔吐、めまい、意識障害がみられる
心因性のめまい心因性のめまいは、精神的なショックを受けたときにめまいを感じることがある
薬剤の服用抗ヒスタミン剤、精神安定剤、催眠剤、自律神経遮断剤、アルコール、シンナーなどでめまいがおこる

 

グラグラ又はフラフラするめまいで耳鳴りや難聴はない

疑われる病気主な症状
片頭痛片頭痛は、視野が狭くなり、目前に光が見えるなどの前触れ症状に続いて、頭痛、吐き気、嘔吐、めまい、肩こりなどがある
貧血貧血は、動悸、めまい、頭痛、疲れやすい、食欲不振、微熱、顔面蒼白、下まぶたの粘膜が白っぽいなどの症状が現れる
高血圧症高血圧症は、動悸・息切れ、めまい、肩や首のこりなどがあり、降圧剤を服用した後にだるさやめまいを感じることがある
不整脈不整脈は、動悸、息苦しさ、胸が苦しいなどがある
脳内出血脳内出血(のうないしゅっけつ)は、突然、左右どちらかの手足の動きが鈍くなり、頭痛、めまい、嘔吐がおきたり、大きないびきをかく、ろれつが回らない、麻痺、意識障害がおきる
脳梗塞脳梗塞(のうこうそく)は、半身の運動麻痺、感覚障害、言語障害、視野障害などがみられる
脳動脈硬化症脳動脈硬化症(のうどうみゃくこうかしょう)は、めまい、頭痛、頭重感、手足のしびれ、耳鳴り、のぼせ、物忘れがひどいなどの症状が現れる
一過性脳虚血発作一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)は、手足のしびれや運動麻痺、話しにくい、言葉が出てこない、書いてあることが理解できないといった症状が数分から十数分続く
てんかんてんかんは、突然の発作で気を失い、けいれんをおこし、発作以外に精神病に似た症状や知能障害、性格の変化といった慢性症状を伴うことがある
頭部外傷後遺症頭部外傷後遺症は、一過性の意識消失、健忘、頭痛、吐き気、めまいなどの症状が現れる
脊髄腫瘍脊髄腫瘍(せきずいしゅよう)の初期症状は、片側の手足の痛みやしびれ感、首や背中の痛みがおき、次に、運動障害、感覚障害、排尿困難、失禁などがおきる
脊髄小脳変性症脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう)は、徐々に歩行障害がおこり、字が書けなくなり、話せなくなり、目がちらつく、無表情になるなどの症状がある
ウィルス性脳炎
髄膜炎
ウィルス性脳炎・髄膜炎は、発熱、頭痛、吐き気、意識障害、けいれん、麻痺などがみられ、髄膜炎では首の後ろが硬く張り、前に曲げようとすると、抵抗があるのが特徴的。
脳膿瘍脳膿瘍(のうのうよう)は、全身疲労、貧血、眠気がおこり、進行すると、頭痛、めまい、二重に物が見える、けいれん、意識障害がある

 

立ちくらみがあり、めまいで耳鳴りや難聴はない

疑われる病気主な症状
起立性調節障害
起立性低血圧症
起立性調節障害は、急に立ち上がったときや、長時間立ち続けたときに、めまいや立ちくらみがおこり、倦怠感、頭痛、腹痛をともなう
シャイドレーガー症候群シャイドレーガー症候群は、中年以降に発症し、初期にはひどい立ちくらみや失神がおきる
心臓神経症心臓神経症は、心臓に特に異常がないのに、動悸、息切れ、頻脈、胸痛、不安などがある
アダムス・ストーク症候群アダムス・ストーク症候群は、徐脈となって脳への血流が減少するために、時に失神したり、めまいがしたり、けいれんを起こしたりする
薬剤の服用降圧剤の服用などでめまいがおこる

 

症状で見る病気 関連ページ

スポンサーリンク