目やまぶたが痛い・かゆい・涙が出る・視力の低下・目の奥が痛い

MENU

症状で違う病気

まぶたが痛い

疑われる病気主な症状
ものもらいものもらいは、まつ毛のそばのまぶたが赤く腫れて痛み、目がゴロゴロするなどの症状を示す
帯状疱疹帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、身体の片側に虫刺されのような紅斑が帯状に密集して現れ、やがて水ぶくれができ、神経痛を伴うのが特徴的
涙嚢炎涙嚢炎(るいのうえん)は、涙や目ヤニが出て、目頭を押すと膿が流れ出てくる
涙腺炎涙腺炎(るいせんえん)は、涙腺が腫れて痛む

 

目の表面が痛い・ゴロゴロする

疑われる病気主な症状
表層角膜炎表層角膜炎(ひょうそうかくまくえん)は、ゴミやコンタクトレンズなどによって目がゴロゴロしたり痛んだりして涙が出る
霰粒腫霰粒腫(さんりゅうしゅ)は、まぶたにしこりができて、おさえるとコロコロとした塊に触れる
角膜ヘルペス角膜ヘルペスは、目が痛くて涙が止まらず、まぶしく感じたり目が充血したりする
逆さまつげ逆さまつげは、まつ毛が内側に向かって生えている為、眼球を刺激して異物感を感じたりする
細菌性角膜潰瘍細菌性角膜潰瘍(さいきんせいかくまくかいよう)は、目に異物感があり、目が痛み、涙が出て、まぶしい、目が充血するなどの症状がでる
表面角膜炎表面角膜炎(ひょうめんかくまくえん)は、涙が出たり、まぶしい、視力低下することもある
強膜炎強膜炎は、目が充血して、押すとゴロゴロしたり痛んだりして、まぶしい、涙が出るなどの症状がみられる
雪眼炎
電気性眼炎
雪眼炎は、紫外線や強い光によって目が傷つき、目の痛み、目の充血、まぶたのけいれんなどがおきる

 

目の全体が痛い

疑われる病気主な症状
ブドウ膜炎ブドウ膜炎は、目が腫れて充血して、物がかすんで見える、まぶしいなどと訴える
緑内障緑内障(りょくないしょう)は、急に視力が悪くなって、目が痛み、頭痛、吐き気、嘔吐がおきる
全眼球炎全眼球炎(ぜんがんきゅうえん)は、目の充血、まぶたの腫れ、頭痛などがみられる
虹彩毛様体炎虹彩毛様体炎(こうさいもうようたいえん)は、目の充血、目のかすみや痛み、まぶしい、涙が出る、視力が低下するなどの症状が現れる

 

目の奥が痛い

疑われる病気主な症状
眼精疲労眼精疲労(がんせいひろう)は、眼を使う仕事をすると疲れ、目が痛い、目がかすむ、まぶしい、充血する、涙が出る、肩こり、頭痛、吐き気などの症状が現れる
眼鏡の不適合眼鏡のレンズと視力が合ってないと、目の疲れ、頭痛、肩こり、吐き気などが起こることもある
三叉神経痛三叉神経痛(さんさしんけいつう)は、顔面に突然、激痛がおき、発作は数秒から数分続いて治まり、少しおいて再び現れ、会話、食事、あくび、洗面などが引き金となる
眼窩蜂巣炎眼窩蜂巣炎(がんかほうそうえん)は、まぶたが赤く腫れて痛み、眼球が突出する、発熱や悪寒、戦慄などを伴うこともある

 

目が痒い

疑われる病気主な症状
アレルギー性結膜炎アレルギー性結膜炎は、目がかゆい、目が充血する、涙や目ヤニが出るなどの症状がみられ、春に発症が多い

 

目が赤い・目ヤニが出る

疑われる病気主な症状
流行性角結膜炎流行性角結膜炎は、目が充血して、まぶたが腫れて、目にゴミが入っているような異物感を感じる

 

涙が出る

疑われる病気主な症状
鼻涙管閉塞鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)は、絶えず目が潤み、涙がでる

 

視力の低下

疑われる病気主な症状
近視近視は、近くにあるものは良く見えるが、遠いところはぼやけて見える
老眼老眼は、近いものは見えにくく、細かい仕事をすると目が疲れる
白内障白内障は、徐々に視力が悪くなる
緑内障緑内障(りょくないしょう)は、急に視力が悪くなって、目が痛み、頭痛、吐き気、嘔吐がおきる
硝子体出血硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)は、大量に出血すると、突然、視力が低下したり、目の前が真っ暗になったりする
視神経炎視神経炎(ししんけいえん)は、急激に視力が低下し、眼球を動かすと圧迫感や痛みを感じる
網膜中心動脈閉そく症網膜中心動脈閉そく症(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう)は、明暗がわからないほど、突然、視力が著しく低下する
網膜中心静脈閉そく症網膜中心静脈閉そく症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)は、視力が低下し、視野に見えないところがある
網膜黄斑変性症網膜黄斑変性症(もうまくおうはんへんせいしょう)は、視野の中心部が見えにくくなる
網膜剥離網膜剥離(もうまくはくり)は、最初、目の前に小さな虫が飛んでいるように見え、目を閉じてもチラチラした光が見える、放置すると視力が低下して視野が欠けてくる
糖尿病性網膜症糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)は、最初、無症状だが、進行すると視力が低下し、失明することもある

 

夜になると見えにくくなる

疑われる病気主な症状
網膜色素変性症網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう)は、暗いところで見えにくくなり、進行すると徐々に視野が欠けていく

 

二重に見える

疑われる病気主な症状
乱視乱視は、近いところも遠いところもみえにくく、目が疲れ、物が二重に見えるなどの症状が出る
眼筋麻痺眼筋麻痺は、物が二つに見え、両目を開けているとめまいを感じる
糖尿病糖尿病(とうにょうびょう)は、多尿、喉の渇き、体重減少、疲れやすいなどの症状がみられ、放置すると神経障害や視力障害がおこる

 

歪んで見える

疑われる病気主な症状
中心性網脈絡膜症中心性網脈絡膜症(ちゅうしんせいもうみゃくらくまくしょう)は、突然、視野の中心やみたいところがぼやけて見える、歪んで見える、小さく見える、暗いなどの症状で30〜40歳代の男性の発症が多い

 

目がちらちらする

疑われる病気主な症状
片頭痛片頭痛(へんずつう)は、目がチカチカし、視野が狭くなり、肩が凝るなどの前触れ症状の後、ズキンズキンと脈打つような頭痛がおき、吐き気や嘔吐を伴うこともある
光視症光視症(こうししょう)は、網膜剥離のほか、中枢神経の循環障害であり、光が当たっていないのに、チラチラと光る感じがする
硝子体混濁硝子体混濁(しょうしたいこんだく)は、目の前に小さな虫が飛んでいるような感じがする

 

色の区別がつかない

疑われる病気主な症状
色覚異常色覚異常は、赤と緑が識別しにくい赤緑色覚異常などがみられる

 

眼球が動く

疑われる病気主な症状
眼球振とう症眼球振とう症は、生理的眼振と、内耳、目、小脳、大脳の障害にみる病的眼振がある。眼球が無意識のうちに水平または垂直方向に揺れたりする

 

眼球が飛び出る

疑われる病気主な症状
バセドウ病バセドウ病は、食欲が増進するにもかかわらず体重が減少し、脈が速くなって動悸を感じ、汗ばむ、疲れやすい、指のふるえや甲状腺の腫れ、眼球の突出などが現れる
眼窩腫瘍眼窩腫瘍(がんかしゅよう)は、眼球の周囲や後方に腫瘍ができ、それにより視力が低下し、複視や片目が飛び出るなどの症状がでる

 

症状で見る病気 関連ページ

スポンサーリンク